元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー

<   2004年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 2004年10月30日(土)
 台風23号による水害被災者と新潟中越地震被災者への募金活動をしました。
b0049029_23494257.jpg 
 池田駅前で、日本共産党の池田市委員会として呼びかけたところ、約1時間で4万円ほどの義援金があつまりました。すぐさま現地へ送ります。
 日本共産党は、災害対策本部や現地救援センターを設け、現地調査、救済、復興支援などに全力を尽くしています。さらに救援ボランティアを組織して被災地支援を行っています。
 また、京都府と兵庫県の府会、県会、市町村議員団はただちに上京して、それぞれが激甚災害の指定、復旧支援の具体的実行を政府に求めました。
 こくた衆議院議員は、26日の国土交通委員会で被災者支援に「個人補償」の実施を求め河川堤防の総点検など要求しました。
 吉井衆議院議員は、29日の内閣委員会で円山川、出石川の堤防決壊問題、大量のごみ処理、被災者生活再建支援法の浸水被害への認定を要求。など、国会議員先頭に救援で奮闘しています。

 午後から逸翁美術館へ
 「茶会への誘い(いざない)」というテーマで、生前の逸翁・小林一三氏がよく開いた茶会の中でも、その道の大家13名を招いて行われた「延命会茶会」(昭和29年11月11日)で用いられた道具組みを、克明に書かれた茶会記をもとに展示してありました。
 逸翁・小林一三氏のコレクションは千利休や尾形乾山など歴史上の人物の作品や、中国の明や李朝時代のものなどびっくりするような物ばかりですが、いずれもその収集の傾向は清楚で品格のあるものばかりです。
 寄せ付けの掛け物として扇に松尾芭蕉の筆による「菊の句」が、ありました。 
 「み所の あれや野分けの 後の菊      はせを」
 【野分け(台風)の後に、あれっ、ちょうど見どころの菊の花が咲いているよ】とでもいうような趣で受け止めました。しかし「あれや」はそんな程度の解釈で合っているのかどうなのか、少し気になったので美術館の学芸員さんに聞いてみました。『野分で荒れた』と『あれー』と菊を見つけた状況を掛け言葉としているのではないか、ということでした。なるほど・・・そうですね。
 この扇子も江戸時代17世紀のもの、しかも芭蕉直筆のものですから、それこそ「あれや」と驚いてしまいます。(写真は美術館の中にあるお茶席です)b0049029_0434971.jpg

 [追記] 今日は台風23号被災者と地震の被災者の救援募金を訴えてきたところですが、「被災地ではとてもそんな、瓦礫の傍の花をめでる余裕などないでしょう」と思っていました。ところが夜テレビで、2時間だけ一時帰宅を許された山古志村のおばあさんが、そのわずかな間に傾いた家の玄関に小菊をたくさん花瓶に入れて飾っているところが映し出されていました。
  その後、その方はグチャグチャになった家財道具の中で号泣されていました。私はこの方のことがいつまでも脳裏に焼きついて離れません。もう誰も居ない、誰も訪ねてこない家、その玄関に小菊をいつものように飾る。最大の困難に直面しているのに、ほんとに優しい行為です。その後の号泣はもう、どうしてよいかわからない事態の苦しさ。見ていて、ほんとにつらいものでした。
 
人間の本源的な優しさ、芭蕉はそれを昇華させて五、七、五に詠んだような気がしました。
 また、「あれや」は、当時も台風でとても荒れた(災害がおおきかった)のではないかと改めて想像します。

 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-30 17:55
2004年10月27日
b0049029_22241383.jpg
 今日、猪名川運動場公園へ行って台風23号の被害状況を見てきました。
 どのグランドも冠水し、「使用できません」の立て札が立っています。
 特に、中国縦貫道の南側はサッカーグランドだったそうですが、見る影もありません。まるで田んぼです。
 各団体から早急に復旧してほしいとの要望が出ているそうです。
 スポーツの秋にグランドが使えないのですから、なんとももどかしい思いでしょう。b0049029_0245547.jpg
右のようなグランドが何面もつづく
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-27 22:23
 2004年10月26日
 昨日の文教病院常任委員会に続き、総務常任委員会の決算委員会が終わりました。
 これで2003年度の決算審査はすべて終わりました。最終的には12月議会で認定に付されます。
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-26 23:17
2004年10月25日 
 テレビで豊岡市の水害状況や新潟県中越地方の地震の被害状況や被災者の様子を見るたびに、10年前の阪神淡路大震災の時のことがオーバーラップして胸がドキドキして息苦しくなります。
 先日21日に台風23号(20日~21日)の池田市内の被害状況についてFAXがとどいていましたので、遅ればせながらご報告します。
 被害状況
  ・猪名川運動公園内、サッカー場より下流部分(約12ヘクタール)が冠水。
  ・木が電柱に倒れ掛かり、豊島北1丁目の約160世帯が停電。
  ・神田2丁目で、家の庭の木が倒れ家屋の一部が倒壊。
  ・猪名川沿いで河岸が崩壊し、資材倉庫にあったダンプ車など7台が
猪名川に転落した。
 避難勧告
  ・18:45 避難勧告発令 木部町中ノ島地区 対象世帯13世帯26人
  避難者3人
  ・21:00 避難勧告解除
 自主避難者   6名              以上
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-25 19:41
2004年10月24日
 
b0049029_221515.jpg


 赤旗まつりは2日間ともに秋晴れに恵まれ、久しぶりに仕事を離れゆっくりと過ごしました。
 中央舞台のプログラムも工夫されていて、なかなか見ごたえのあるものでした。
 そんななか、日本共産党大阪府委員会の山口委員長は舞台から昨日は「水害被災地へのカンパと復旧救援のためのボランティア」を募っていましたが、さらに今日は「新潟中越地方の地震の被災者へのカンパと復旧ボランティアを」と呼びかけていました。
 水害にしても地震にしても池田市でも経験したことですから、他人事とは思えません。
 また、恒例の大阪選出の国会議員や大阪の地方議員と候補者の勢ぞろいでも、被災地へ救援と調査活動のため国会議員が参加できないという状況がありました。
 
 会場は、各団体が出す屋台も多くていろいろな食べ物の匂いがミックスし、しかもその間にところどころのテントではバザーなどがあり、ものすごい人でごったがえしていました。全国各地からの物産展もありました。
 少し離れたところにひときわ大きなテントで書籍販売コーナーがありましたので、孫のためにエリック・カールの絵本を3冊買いました。この絵本にどんな反応を示すか楽しみです。
 b0049029_22151010.jpg
 写真上は、府下の地方議員が登壇。池田市会議員団が紹介をされたところ。
 写真右は市田書記局長の記念講演。
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-24 00:00

赤旗まつり一日目です

 b0049029_2010995.jpg
 今日と明日、第22回大阪赤旗まつりが大阪此花区の舞洲で行われます。舞洲は、2008年オリンピック誘致のために大阪市が造成した埋立地です。オリンピック誘致は北京に決まりましたが、広大な土地は舞洲スポーツアイランドとして整備されています。ユニバーサルスタジオ・ジャパンがある地域も含めて、舞洲、咲洲、夢洲などを橋でつなぎそのあたり全般を大阪ベイエリアと呼ぶようです。今回はその舞洲の一部を借りてまつりを開催します。
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-23 00:00

厚生常任委員会

 厚生常任委員会の決算委員会は、
  ・国民健康保険特別会計
  ・老人健康保険特別会計
  ・介護保険特別会計
  ・一般会計の厚生常任委員会関係部分の認定審査がおこなわれました。
 厚生常任委員会に関係する部分とは、共同利用施設やコミュニティーセンター、戸籍、住民票と、高齢、児童、障害福祉、保健衛生、ごみ行政、商工、農政、労働など非常に多岐にわたるもので、文字通り「ゆりかごから墓場まで」市民生活にかかわる福祉部門の審査をします。体力勝負です。
 日が暮れてくると、自民党の議員から審査について「各委員の発言はもっと簡潔にすべき。決算委員会が遅くなると、約100名の職員が待機しているんだから、それだけ時間外手当も必要になる。行革を進めているときにそんなことはよくない」と議事進行に対して苦言が出ました。
 一年間かかって支出したものを、たった一日で審査しようというのですから、どうしても時間がかかります。もう一日ぐらい委員会の日を確保してもよいのではないかと思います。
 結局、午後9時に終了しましたが、なんだか不十分さを残した委員会でした。
  
   
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-22 00:00

合併協議会の疑問その2

 「合併は、あくまで住民が決めるべきもの」というのは当然のことです。
 その住民の意思はどのような形で表明されるのか。
 選挙なのか?それとも住民投票なのか?
 
豊能町長選挙後初の第6回協議会では、町長の合併反対の選挙公約に「なぜ合併協議会を終結といわないのか」という質問が出ました。客観的に見て豊能町民の合併に対する判断は示されたと。おそらく、協議会委員や傍聴者の多数が日下町長の「合併協議会終結宣言」があるだろうと思っていた。しかしそうはならなかった。
 これは第7回協議会の冒頭の動議にも理由のひとつとしてありました。
 豊能町側の協議委員は「選挙での公約は、ダイオキシンや合併だけではない。町民は公約全般を判断したのだから、改めて合併については住民投票すべき」と主張しました。
 
 こと合併問題については3人の候補者が「メリットのない合併には反対」(現、日下町長)「性急な合併には反対」(塩山氏)「ビジョンのない合併に反対」(広瀬氏)と公約しました。投票率56・85%です。みんな合併に反対です。
 一昨日も書きましたが、日下町長がいみじくも「選挙で合併のことに触れないのは賛成なのかといわれたので、メリットのない合併には反対といった」云々と発言しておられます。これは、候補者が(あるいは選挙の陣営が)住民の気持ちを察知して、そういわざるを得なかったのではないかと思うのです。
 また、当選した町長が「さまざまな公約の中の一つだ」といっても、日下町長4628票、塩山氏4485票、広瀬氏2406票で、町長以外のはっきりとした合併反対票のほうが上回っていました。やはり、どうみても、豊能町民の意思は明確ではないかと思います。
 自らの公約を実現するための町長の考え、姿勢については最後まで聴くことは出来ませんでした。

 今回は、合併の方式を巡り対立したため協議会続行は困難ということになりましたが、住民投票前に首長選挙があった場合、住民の意思は確認したと見るべきなのか、それとも住民投票にまで持ち込むべきなのか、ひとえに新町長の采配ににかかっているのか、これこそ、自治法による判断などというある程度の指針がないのでスッキリしないまま終わってしまいました。選挙をした町民の皆さんはどのように判断されるでしょうか。

 日記の形式を変えました。6月からヤフーの日記ツールに変えたばかりですが、過去日記の保存方法でより適切なものが見つかりましたので変えることにしました。引き続きご愛読くださいね。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-21 09:43

合併協議会の続きです

 今朝の朝日新聞では「合併、破談の可能性」「池田市と豊能、方式巡りまとまらず」との見出しで、昨日の合併協議会の結果を報道しています。
 協議会終息に向けての状況を、引き続きこのHPでお知らせしていきたいと思います。

 協議会立ち上げから6ヵ月半、さまざまな議論が展開されました。
 そのなかで、市民の皆さんから質問を受け、私たちも研究課題だと思う事が何点かありました。協議をすすめる中で解決したこともあります。
 そのひとつは、議会で言うところの「一事不再議の原則」を協議会でも適用できるのかということです。
 「一事不再議」とは、一つの事件が議決されると、同一事件については、その会期中に再び審議の対象とすることが出来ないとする原則です。
 この件に関しては、私も第5回協議会で合併の方式の採決で新設、編入ともに3分の2の賛成を得られず決まらなかったときに、成立するまで何度も採決するのはおかしいとこの日記にも書きました。(しかし、議員団で協議会規則を詳細に調べたり、専門家に聞いたりもしましたが協議会においては問題はないという結論に達しました。ですからこの件では私たちはその後問題にしていませんが、きちんとした見解を持っていたわけではありません)
 この件で池田市議会9月議会でも質問がありました。また、先日大阪府議会総務常任委員会でも池田市・豊能町合併協議会のあり方について質問があったそうです。昨日も協議会で「再度合併の方式を採決」するにあたり、もし、また3分の2のを得られなければどうするのか、得られるまで何度も採決するのか、との質問が出されました。
 会長からは大阪府議会総務委員会での例を出して、答弁をした大阪府の見解が示されました。すなはち「会期の定めのある議会では、一事不再議の原則が適用されるが、①会期の定めがない、②議会ではなく協議会ということでこの原則は適用されない」とのことでした。

 二つ目は、合併に関して選挙での公約と住民の意思確認という問題です。
(明日に続く)
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-20 00:00
 第7回池田市・豊能町合併協議会が、豊能町西公民館で行われました。
 前回の確認事項から言うと、建設計画と財政推計を議論してその後に「合併の方式」について採決するということでした。ところが、豊能町側の委員さんから緊急動議が出され「基本となる合併の方式を先に採決してほしい」ということに加えて「新設か、編入かどちらにしても3分の2(20人)の賛成が得られなければ、協議会存続について議論したい」という趣旨でした。
 賛否両論でましたが、結局採決の結果23人の賛成により動議は成立。
 その後、合併の方式について若干議論しました。その中で会長(池田市長)副会長(豊能町長)の意見はどうなのかとの意見が出ました。会長、副会長は賛否に加わらないことを決めていますので、これまで協議会の中でははっきりとした発言が無かったのです。
 しかし、合併に対してこれまで全く意思表明する機会が無かったわけではありません。それは、住民の直接請求を受けた時。それぞれの3月議会に意見を添付して、協議会設置の提案しています。池田市長も豊能町長も「これを機会に合併について協議することはいいことだ」という意見を添付していました。まあ、強いて言えば合併推進だったでしょうか。正しく言えば協議会設置に賛成でした。(この3月議会では日本共産党は協議会設置に反対しました)
 それで、池田市、豊能町ともに議会では賛成多数で「協議会」が設置されたのです。
 4月30日の第一回協議会以来、約6ヶ月の協議を経たことになります。
 池田市長は「編入合併」を豊能町長は「新設合併」を主張。さらに豊能町長は選挙公約について「町長選挙のときは、合併について何も言わないのは賛成なのかと言われたので、『メリットのない合併には反対』といった。そのメリットがあるかないかというのは今後の建設計画の議論であきらかになる」と発言されました。
 町長というのは財政状況も、その他の計画についても一番情報を持っているところです。メリットがあるかないかということは、議論を待たなくてもその人が熟知しているはずです。なんか変だなと思いました。
 
 結局、採決の結果、新設合併8人、編入合併16人で、今回もどちらも3分の2の賛成を得られませんでした。
 最後に会長から、この結果を持ち帰ってしかるべき機関と協議した上で豊能町長とも話し合って今後の方向を決定するとの「まとめ」がありました。
 協議会は約1時間。予定されていた建設計画や財政推計にまで協議が及ばず散会となりました。合併協議会の存続不可能。誰もがこの事態に緊張しました。私もこれまでになく疲れました。
[PR]
by chieko_kakita | 2004-10-19 00:00