元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 2004年12月31日
 あと数時間で2005年が始まります。
 今年を漢字で表わすと「災」だそうですが、国内では新潟中越大地震、台風や豪雨による死者は233人、昨年の5倍を越えたそうです。年末に起こったスマトラ島沖大地震とインド洋津波による死者数は12万人を越えました。また、イラク・ファルージャでは、アメリカ軍の無差別攻撃で何千人もの住民の命が奪われています。そしてまた今年は、こどもたちが被害にあう事件も相次ぎました。
 多くの人が命の大切さを考えさせられた一年だったと思います。

 20世紀に人類が獲得したものは科学の進歩とともに「平等」、「人権」等の理念があります。各国が国際条約を批准し、それぞれの国で法整備がおこなわれています。こどもの人権条約や男女共同参画などがそれです。21世紀になってさらに花開くものと思っていたのにアフガニスタンやイラク戦争が起こり、いままた、インド洋大津波では、これだけ科学が発達しているにもかかわらず予知体制も警報体制もないまま、大自然の脅威を前に多くの命が奪われました。
 国際社会が富と科学の進歩を平等に、すべての人々の命を守るための協力体制をつくるように出来ればいいのにと思います。
 
 今年も「垣田千恵子市政レポート」ホームページにお越しいただきましてありがとうございます。この一年は、合併問題もあり市政に対する市民のみなさんの関心が強くなったように感じます。
 ネットを通じてより多くの方々と交流を深めることが出来ました。
 
 来年も引き続きご愛読いただきますようによろしくお願いいたします。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-31 22:12

もちつき

2004年12月28日
b0049029_206577.jpg  恒例のもちつき。これは女性後援会長の山田さん宅の餅つき風景です。
 みんな集まって、お互いに今年も元気で過ごせたことに感謝し、来年もよろしくとの思いを込めて毎年行われます。中間でひとうす分、大根おろしのおもちが振舞われます。これがまたおいしい!
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-28 19:49
b0049029_20102890.jpg
 2004年12月24日
 今は誰も住んでいない実家が解体されることになりましたので、23日と24日は中の物を整理しました。
 空き家を倉庫として使っていましたので、私たちが団地住まいということもあってなんでもかんでも放り込んでいました。そのなかでも、なんといっても一番の大物は、選挙のときの看板類と、宣伝カーの上にのせる枠(通称鉢巻)です。軽トラックで2回にわたって別のところへ運んでもらいました。
 そのあとが、大変。押入れや箪笥、本箱、衣装缶の中のものを点検し思い切って廃棄しました。母がすべてを二重三重に包装していたのでほとんどのものが包み紙やビニール袋を開けるときれいな状態でした。ひとつひとつが、思い出のものばかりです。なかなか手放し難く、写真に撮ったりした後に清掃工場へ数回にわたって運びました。(一部手作り品をかんたんリフォームのページに掲載しました)
 しかし、どうしても廃棄したくないものもありました。息子が小学校低学年のころ粘土で作ったゾウ。動物園へ行ったときの感動をそのままに。これがうまくできているのです。何年も経つのに崩れないのも不思議です。本人も「なんで、こんなに迫力があって、見事な造形なんだ」と感嘆するほどのものです。
それから娘が小学校3年生の夏休みに書いた「南九州の旅」という長編の作文。これも傑作です。当時、我が家の家族新聞に連載したものです。作文の最後2ページほどは、旅行中の切符やパンフ、入場券も丁寧に貼り付けてあります。
我が子の場合、こどもの頃の集中力や、感性、ストレートな表現力は成人するまでに失われていますが、こどものパワーは素晴らしいものがあります。いや、ありました。
 そして、夫がどうしてもというので、納屋にあった古い火鉢も。持ち帰りました。拭くとなんともいえないいい色をしています。
b0049029_20192142.jpg 
 2日目の夕方には、すっかりきれいに片付きました。
 でも、年の暮れに2日間も時間を割いた為、年末課題がこなせない状況になるのではないかと心配です。
(写真左・火鉢も、梅干や漬物の鉢もすべて鉢カバーとなりました)
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-24 12:12
 2004年12月22日
 12月議会最終日の22日、日本共産党が提案していた「生活保護国庫負担金削減に反対し制度改定の中止を求める意見書」を全会一致で可決しました。
 意見書は、「政府における『三位一体改革』に関する生活保護制度改革は50余年にわたる制度の根幹にまで踏み込む大規模な改革である」と指摘。長引く不況、失業、倒産、ホームレスの増大などで「最後の安全網」としての「生活保護制度の役割はますます重要になっている」と強調。「国庫負担率の削減、生活扶助基準の引き下げ、老齢・母子加算の廃止などの生活保護制度の改悪をやめるよう」求めています。
(意見書の全文は垣田千恵子市政レポートのページに掲載)

 21日には、条例案の討論と、陳情、請願の討論を行いましたので主なものを垣田千恵子市政レポートのページに掲載しますのでご覧ください。
 また、22日には一般質問を行いました。これもレポートのページに掲載します。
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-22 16:33

一般質問の要旨について

 2004年12月18日
 一般質問の発言通告をしたのは13人ですが、日本共産党の議員が提出した質問の要旨と発言の順番を少しご紹介します。
 難波進議員(4番目)
  ①子供を守る取り組み、
  ②警報発令時のなかよし会の対応、
  ③混合診療問題、
  ④「引きこもり」への対応、
  ⑤農薬による健康被害、
  ⑥旧石澄住宅跡地の市道整備について
 白石啓子議員(5番目)
  ①介護保険問題、
  ②災害対策、
  ③業者婦人の実態調査について
 私(垣田千恵子)(9番目)
  ①生活保護行政、
  ②五月丘小学校の体育館建て替え、
  ③消費者行政、
  ④パブリックコメント制度の条例化、
  ⑤次世代育成支援事業について
 柿原高弘議員(10番目)
  ①小規模修繕工事、
  ②入札制度、
  ③猪名川の浚渫工事を、
  ④余野川ダムの建設中止、
  ⑤駅周辺、ホームのバリアフリー、
  ⑥上方落語や大衆演劇などに親しめる施設づくり

 など等です。以上は質問の表題だけですが、毎回通告書にはさらに詳しく質問の内容や提案などを書いています。例えば私の質問で「生活保護行政」とありますが、その中では9項目にわたる具体的な質問事項があるわけです。(全体としてどれくらいの分量かと言いますと、議会事務局が用意している通告用紙はA3版手書き用なんですが、私は今回この用紙2枚にわたって書き、提出しました。)
 詳しく質問通告することで、市当局に垣田(質問者)はどのような角度でこの問題を捉えているのか、正しく理解してもらい、すべてに答弁を用意してもらうことが出来ます。(見当はずれの答弁がなくなります) その上で第2質問、第3質問と論戦を発展させていくことが出来るからです。(第2、第3質問は通告なしです)
 
 大阪府議会が一般質問で一問一答形式を採り入れたと報道されていましたが、さて、どのような形式が傍聴者にとって解り易いのでしょうか。
 まずは21日と22日の市議会を傍聴し、ご意見をお寄せください。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-18 14:03
 2004年12月17日
 正午、各議員の「一般質問発言通告」と各会派からの「意見書案提出」が締め切られました。
 一般質問発言通告をしたのは、24人の議員中13人。21日と22日の本会議で行われます。また、池田市議会として国政・府政に対して提出する意見書は、各会派から「案」を出しあって検討しますが、日本共産党からは6本の案を出しました。
 1、イラクへの自衛隊派兵延長を中止し、即時撤退を求める意見書(案)
 2、生活保護費国庫負担金削減に反対し、制度改悪の中止を求める意見書(案)
 3、教育基本法の改悪に反対する意見書(案)
 4、混合診療の解禁に反対し、国民皆保険制度の堅持を求める意見書(案)
 5、余野川ダム建設計画の中止を求める意見書(案)
 6、郵政民営化に反対する意見書(案)
 以上ですが、
池田市議会の総意として採択するものです(池田市議会の場合全会一致をタテマエとしています)から、今後の各派の協議により決定されます。
 
 また、市長提案の条例案と予算案、3件の陳情・請願がそれぞれの委員会で審査されましたが、最終的に21日の本会議でそれぞれの委員長報告の後、討論をして24人(正確には議長を除いて23人)で可否を決します。
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-17 23:56
 2004年12月13日
 議会に出された陳情・請願の審査状況を報告します。
 10日の土木常任委員会で審査した(仮称)「ライオンズマンション池田城南建設計画の見直しに関する陳情」については、賛成少数で否決されました。
 否決の理由は「住民への説明会を何回も開いているから十分だ」「(建設計画は)法律上クリアー出来ているから」「確認申請に早期に許可を出す義務があるから陳情には反対」などでした。
 日本共産党白石議員の討論は
「第1に、本陳情を提出されている場所は市民病院が存在し、周辺の状況は低層住宅地の静かな町並みであります。陳情項目にあるように高さについても周辺と同等のものをもとめているのは当然であります。
第2に、市としても病院の南側に大型の駐車場の設置計画があり、高さについても同等のものを要求すべきであります。
第3に、工事期間中の安全対策は勿論であり、近隣住民に理解と納得が得られるまで説明すべきであります」との理由により、ライオンズマンション池田城南建設計画の見直しに関する陳情について賛成しました。

 13日の厚生常任委員会で審査した「乳幼児医療費助成制度の拡充をめざす請願」と「ひとり親家庭医療費助成制度の拡充をめざす請願」については、賛成少数で否決されました。
 この2件は、大阪府が今年の3月府議会で、老人医療や障害者の医療費助成制度が改悪強行と同時に改悪されたものです。乳幼児医療費は大阪府内では16市町村で、府の制度の上乗せ施策を実施をしています。池田市では現在、府制度と同じ2歳児までの助成がされていますがこれを1歳引き上げるとなると、市の持ち出しは3400万円です。また、ひとり親家庭の医療費窓口負担は池田市がこれを助成するとなると、約1700万円必要です。
 日本共産党としては、2件の請願について賛成の討論をしました。政府を挙げて子育て支援をするというときに、市としても助成に踏み切るべきです。
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-13 15:42
 2004年12月9日
 北朝鮮から拉致被害者の横田めぐみさんの遺骨として提出された骨が別人のものだった。 しかも2人分あったなんて・・・。なんということか。
 昨日は一日中議会でしたので、このニュースを知りませんでした。
 夜7時に帰ってからテレビで横田めぐみさんのご両親の「怒りの記者会見」を見ました。
 ねつ造に抗議すると同時に「生存ののぞみが強くなりほっとした」 と、ほんとにそのとうりだと思いました。
 それにしても国と国の交渉でこんな対応をするというのは、きわめて不誠実、無責任、ありえないことです。
 拉致という暴力に人生を狂わされためぐみさんとご両親。言葉では言い尽くせない思いで過ごして来られたでしょう。それをさらに遺骨でも翻弄するとは。許せない。まったく。

 12月議会初日は、はじめに15年度の決算の認定について採決が行われました。閉会中(9月議会から12月議会まで)に審査した15年度の各決算の審査報告を四常任委員長が行い、その後、採決です。
 日本共産党池田市会議員団は、国民健康保険特別会計と介護保険事業特別会計と一般会計について反対しました。(反対討論の全文を垣田千恵子市政レポートに掲載しました)
 病院会計、水道会計、下水道会計、老人保健会計、財産区特別会計は、賛成しました。

 その後、12月議会に提出された各議案の提案説明があり、1議案ごとに若干の質問をしたのちにそれぞれの委員会に審査付託されます。即決は、専決の猪名川運動場公園の改修工事の報告案件と、合併協議会の廃止案、住民投票条例の廃止案の3件のみでした。いずれも全員異議無く可決しました。

 10日からは各常任委員会の審議の模様をご報告します。

 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-09 05:34
 2004年12月7日
 今日の午後5時までに、議会に出された陳情・請願は3件でした。
 1、(仮称)「ライオンズマンション池田城南」建設計画の見直しに関する陳情
 2、乳幼児医療費助成制度の拡充をめざす請願書
 3、ひとり親家庭医療費助成制度の拡充をめざす請願書
 
 1、については10日の土木常任委員会で、2、3、については13日の厚生常任委員会で審議します。3件とも21日の本会議で議会の意思決定がされます。(採択か不採択かということです)関心ある方は是非傍聴してください。
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-07 20:13
 2004年12月7日
 いよいよ明日から12月定例議会が始まります。
 今日は請願・陳情の提出期限。午後5時まで提出分は12月議会開会中の委員会で審議します。それ以降に提出分は、閉会中の委員会審査となります。(12月議会が終わってから3月議会までにということです)
 会期は8日から22日まで。既にレポートのページで市長からの提出議案を列挙していますが、主な議案の内容についてご報告します。
 
●台風23号による猪名川運動公園の災害復旧を7、840万円で実施する。
 運動施設12面のグランドのうち11面のグランドの表土が流失し、使用不能になったため、復旧する予算。

●里道の管理を国から池田市に移管するための条例提案。

●放置自動車の発生防止と保管場所についての条例案。
 来年1月から自動車リサイクル法が施行されるため池田市でも、その対策と放置自動車の保管並びにその費用を請求することが出来る内容。実施は4月1日から。

●池田市葬祭場及びやすらぎ会館の使用料の値上げと使用時間帯の見直し。
 現在、やすらぎ会館の改修が行われていますが、来年4月1日から使用料を2~3倍に大幅値上げする内容です。

●池田市・豊能町合併協議会の廃止と市民の意志を問う住民投票条例の廃止提案。
 今年の3月議会で協議会が設置されて以来7回に及ぶ合併協議が行われてきましたが、合併方式が決まらず、池田市も豊能町も12月議会で廃止の提案がされます。同時に、9月議会で成立した住民投票条例も廃止の提案が出されます。

●住吉保育所を民営化する条例。
 天神、中央、秦野保育所に続いて住吉保育所も民営化を実施する内容。その結果、公立保育所は6保育所になります。五月丘、石橋南保育所の定員を60人から90人に増やす条例改正も含まれます。

●青年の家(生涯教育センター)管理運営を第3セクターに移管する条例。

b0049029_750512.jpg

       市立池田病院一階中庭に飾られたクリスマスツリー
[PR]
by chieko_kakita | 2004-12-07 07:44