元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2005年3月31日
 昨日3月議会が終わりました。
 一般会計の討論全文を、垣田千恵子市政レポートのページに掲載しますので、ご覧ください。
 
 今日は年度末なので、退職される方や部長、次長、課長の人事異動がありました。
 例年のことですが、役所のあちこちで、挨拶を交わす姿は年度末ならではの風物詩といえるでしょう。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-31 21:19
 2005年3月29日
 呉服座論争(?)を終了、と書きましたが、昨日中田幸馬議員(故人)のご子息から「参考にしてください」と、呉服座に関する資料を届けていただきました。
 じつは、その前に市役所のエレベーターの前で偶然見かけたものですから、私のほうから声をかけました。ほんとに少しの時間というか、ほんの一言ぐらいしかお話しすることが出来なかったものですから「中田さん。呉服座のことで・・・あの・・・私のHP見てください」ぐらいしか言えませんでした。
 ところが夕方に議会事務局の方に手渡されたのが、呉服座に関する資料です。 思いがけないことでしたので、すっかりうれしくなってしまいました。
 資料は池田市教育委員会が発行したもので、平成12年8月2日から10月8日まで池田歴史民族資料館で行われた企画展「近代池田アミューズメント」の解説パンフレットと、ステーションNカルチャーコーナーで行われた「明治の心 呉服座」というパンフレット。
 「近代池田アミューズメント」の解説パンフレットには、呉服座誕生に関する記述や、呉服座隆盛期に舞台に立った芸人さんたちが列挙されています。
 教育委員会が出したものですから、信頼できます。少し前の記述ですが、その一部を「垣田千恵子市政レポート」に転載させていただきました。興味をお持ちの方はそちらのページも覗いて見てください。

 いよいよ明日で3月定例市議会が終わります。
 明日は、各常任委員会の審議状況報告の後、採決。17年度の予算と関係条例が決まります。また、市議会の意見書案について各派で議論して全会一致できるものを採択します。
 助役を2人体制にするという議案が出ていますが正式に氏名が明らかにされます。
 追加議案として補正予算が出されます。大阪府が学校警備に人を配置するための予算をつけますので、池田市としても小学校だけでなく幼稚園や保育所にも警備員を配置するというものです。是非とも傍聴にお越しください。
 
 3月議会は約1ヶ月に及ぶ長丁場でしたが、個人的には母の介護と孫の保育所送迎を(よりによってこんなときに2週間も)頼まれるなど、今までにない超多忙な1ヶ月でした。思えば、議員になりたてのころは2人の子どもは5歳と2歳でしたから、あのころの忙しさに比べれば「なんのこれしきのこと」と、わが身に言い聞かせて徹夜勉強も3回ほどしましたが、突然花粉症になるなどは、やはり体力の衰えでしょうかね。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-29 02:18
 2005年3月28日
 息子が一晩中かかってつくった反響パネル(音を拡散するパネル)。
 b0049029_2124290.jpg
自室をオーディオルームにし、徹底して音響効果を追及するわが息子ですが、なんでも、四角い部屋で音楽を聞いていると、スピーカーから出た音が対面する壁にいつまでも反射し続けて残るそうです。それを定在波というそうですが次に出てくる音と混ざってよろしくないらしい。
 マニアはオーディオ機器だけでなく、定在波を防ぐために、要するに音を拡散するために壁や天井にまでお金をかけてそれなりの材質のものを特注したり、反響パネルを設置するようです。
 音響マニアの中には、そこまでお金をかけないで、DIY(Do it yourself)と結合して自分の納得する音響効果を追求する人たちも多くいます。
 それがHPで自作品を公開している人もいるようです。
b0049029_214310.jpg 
今回そんなHPからヒントを得て、さらに自分のアイデアを加味して作ったのがこれです。
 材料は(スタイロフォーム)5cm厚の防音パネル。本来なら壁の中に閉じ込められて陽の目を見ることはないものです。それを底辺5cm×5cmで棒状に切り出して、凹凸をつけてコルクボードに接着剤で貼り付けたもの。「1枚3万3千円するものが、5枚で約2千円で出来た」とご満悦です。
 果たして音響効果はいかに?
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-28 22:12
 2005年3月26日
 くれは座か、ごふく座か?(論争)は、それほど熱い論争でもないのですが、このホームページにお越しいただいた方から数件の感想とご意見を頂きました。
 「あれは、ごふく座やで」などと頑として譲らぬご意見もあったり、昨日もある市民の方からすれちがいざまに「五福、面白いな」と言われたりしています。
 ロゴマークが出てきたのに「なぜくれは座もごふく座も正解なの?」と私が書いたものですから昨日、最初にご意見をいただいた方からまたもやメールを頂きました。
 
 垣田様
 こんばんは、私が問いかけた「くれは座かごふく座か」の論争(?)も倉田市長を巻き込んで予想以上の展開になっていますね。
 倉田市長も多忙な中でなかなかマメな方ですね。
 垣田さんが昨日の日記に記されていた「明治村」には私も20年ほど前になりますが訪れ、呉服座も見学しました。
 そのときの資料は持ち合わせていませんが、今はインターネットという便利なものがあります。
 http://www.meijimura.com/博物館明治村公式HPの「村内地図」4丁目49番の「呉服座《重要文化財》」をご覧ください。
 少なくとも明治村に移設された呉服座は「くれは座」と呼ばれているようです。
 もちろん垣田さんがご幼少のころに体験された芝居小屋は「ごふく座」だったでしょうし、それを証明するためにわざわざ市長が「五福」のロゴマークをつけた手紙を渡されたわけですから  いずれも正解と言えます。

 最初に問題提起をしたかたが、市長と同じく「いずれも正解」と言っておられますので、呉服座論争(?)はこれにて終了・・・チョン(拍子木の音)
 少し芝居がかっていますが、ここで幕引きといたしましょう。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-26 10:01
 2005年3月25日
 寺尾山配水池築造工事(第6次拡張事業)が完成しました。竣工記念式典がありましたので参加しました。
 b0049029_952221.jpg
池田の水道事業は自己水源(猪名川、余野川)をもち、市の浄水場で水道水(飲料水)を製造するというすばらしいものです。これは、大阪府下の各自治体が大阪府が製造する府営水道(主に琵琶湖の水)に頼っていることを思えば特筆に価することです。
 この池田の水道事業の目標は《より安全で安定した水の供給》をすることです。
 そのために①水源の複数化、②未給水区域の解消、③災害時等に備え配水貯水量を確保、④施設の機能更新などが取り組まれています。
 今回、五月山の南面・寺尾山にトンネル方式の配水池(有効水量10,100㎥)が完成したことで、配水貯水容量を12時間分にまで増強、安定給水とともに地震・災害時の給水拠点として機能することになります。
 b0049029_971976.jpg
工事は、隋道方式をとり五月山の景観を守るために配慮したものとなっています。総事業費は約16億4千万円。
 
 写真
 上は供用開始のスイッチオンの儀式
 右は トンネル式貯水池の入り口
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-25 14:26
 2005年3月23日
 先日、池田にあった大衆演劇場「呉服座」の呼称に関して「くれは座」か、「ごふく座」かと書きました。現在、ほとんどの方がくれは座と読んでおられることから私の「ごふく座」説を引っこめました。
 ところが昨日、この件で倉田市長からお手紙を頂きました。
「垣田千恵子様 『ごふく座』は正解です。同封のマークは『ごふく座』が使用していたものです。
5人の福のごふく、したがって『くれは座』も『呉服(ごふく)座』も正解ということでしょう。倉田」
とあります。そして、五福のロゴマーク。
 なんともインパクトの強いマークです。
 b0049029_9402826.jpg
 でも、それならなんで「くれは座」も「ごふく座」も正解???なのかな。
 
 ところで「呉服座」に関してその後思い出したことがあります。
 もう何年も前になりますが、都市計画審議会の視察で名古屋市の方へいったことがあります。
そのとき中田幸馬議員(朋友会、故人)も審議会委員で、ご一緒しました。中田議員は知る人ぞ知る呉服座の興行主の家系に生まれた方です。
 それで、中田議員が「ここまで来たんだから、ぜひ明治村に保存されている『呉服座』を見てほしい」と言われました。
 池田に呉服座を再建と言うか、逆誘致する(明治村から取り戻す)運動が起こり始めたところでしたので、視察の最終日の午後、審議委員全員で案内してもらうことになりました。
 
 小屋の中に入ると、、いきなり子どものときに感じたにおいが・・・おでん(関東煮)やするめ、キャラメルや酢昆布の入り混じった匂いが・・・よみがえってきたのです。展示のために移設された建物ですから、何の人の気配もないはずなのに不思議な感じでしたね。
 それから、私たちが普段入れない舞台やお囃子の部屋、楽屋、舞台下の奈落、舞台へのせり出しの装置など詳しい説明も交えて案内してもらったんです。そのとき中田議員が「奈落の底」の語源についてはなしをされたことも覚えています。
 ところが「くれは座」なのか「ごふく座」なのか、中田議員に質問したように思うのですが、忘れているんですね。
 いま、新たに町おこしの一環としての寄席小屋の提案を私たちはしていますが、ぜひとも実現したいものです。
 
 私、なぜか突然花粉症の症状が出まして、しばらくの間、日記の更新ができませんでした。この間お越しいただいた方には大変申し訳ありませんでした。
 3月議会は、委員会審議に入っています。
 昨日は厚生常任委員会でした。提案されていることや審議の状況について順次ご報告していきますので、以前と変わらずまた、お越しください。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-23 08:07
 2005年3月13日
 11日の本会議で私の代表質問を傍聴した方から感想のメールをいただきました。いろいろとご意見いただきましたが、そのなかで
 「些細なことですが気になったことがありました。『落語のまち池田』の件で『呉服座』のことを垣田議員は『ごふくざ』と質問されましたが、市長は『くれはざ』と答弁されました。私は『くれはざ』が正解だと思いますがどうでしょうか?ご確認ください」とのご指摘がありました。
 実は、私の質問が終わったときに、同じことを柿原議員からも指摘されました。
 インターネットで検索しても、「ごふく座」では出てこないとのこと。
 正確には「くれは座」だということでした。
 でもなぜ、私が「ごふく座」と言ってしまったかについて、少し言い訳をさせてください。
 
 子どものころ、私は「呉服座」があった西本町の隣町である新町1丁目に住んでいました。今のようにテレビのない時代ですから、演劇鑑賞は映画館か呉服座だったんです。
 祖母が映画や大衆演劇フアンだったものですから、連れられて「呉服座」や、映画館へよくいったものです。
 ほんとに小さいときのことでしたから、あまりよくは覚えていませんが、当時、旅回りの大衆演劇の劇団はたくさんあったようで、新しい一座が来ると街中にポスターが張り巡らされました。
 もう行ったとか、まだ行ってないとか、「今度のあの役者はよくやる」とか、「踊りがどうの」とか隣近所の話題になって、おばあちゃんたちが話をしていました。
 そのときにはみんな「ごふく座」だったんです。
 ごふく座と呼んでいたんです!確かに。
 
 いまでも地元の人は「ごふく座」なんですよね。
 
 池田市内には呉服座があった場所とは少し離れたところに、呉服町(くれは町)とか、呉服神社(くれは神社)というのがあります。「漢織(あやはとり)・呉織(くれはとり)」の二人の織姫の伝説ゆかりの話が随所にあり、今に受け継がれている場所や地名が残っています。
 それらはすべて「くれは」です。
 でも、大衆娯楽の演劇場が出来たのはずっと後の時代だったのではないでしょうか。
 呉服座の興行主がどのような呼び名にしたのか、今ではわかりません。
 また、興行主とは別に大衆演劇に親しんで通った人たちが勝手に「ごふく座」と呼んで、それが広まって行ったのか、これもわかりません。
 
 まあ、こんな抵抗をしたとて、今は「くれは座」で通用しているということですので、ここは素直に「間違い」を認めることにしましょう。・・・メールを頂いたNさん。呉服座の件、ご指摘の通りです。今後ともご意見お寄せください。ありがとうございました。
  
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-13 15:34
 2005年3月12日
 「ニッポン放送の新株予約権発行を巡って、ライブドアが申し立てた差し止めの仮処分について東京地裁が、申し立てをほぼ全面的に認める決定を下した」・・・今日の新聞のトップ記事です。この間テレビのニュース番組にこの件がよく出ていたので、司法の判断がどうなるのか関心を持っていました。
 結果(司法の決定)には、「やはり」という感想を持ちました。
 でも、この件はこれで終わりではなく、6月の株主総会まで、まだまだ攻防戦が続くようです。
 「株式」のことはよくわかりませんが、当事者であるライブドアの堀江社長と、フジテレビの日枝会長、(何回もニュース番組に出ていました)それぞれのコメントを聴く限りフジテレビの日枝会長の発言は(なんだか古いなあ)という印象でした。一方のライブドアの堀江社長の方は、(発言が敵をつくるのではないか)という感じを持ちましたね。
 結構、あちこちで話題になっていましたが、私が何人かの人に聞いた限りでは、おおむね若い世代の人は「堀江社長に共感」、ある年齢以上の人は「アンチ堀江」という構図でしたね。
 なかには「あんなんに公共の電波を握られたら、どうなるかわからんで」「マネーゲームやないか。カネでなんでもできるとなると世の中めちゃめちゃになる」と、強烈なご意見も!!
 
 ほんと・・・テレビとインターネットとの融合っていったいどんなことになるんでしょうかね。
 今回はホリエモンに軍杯が上がりましたが、経営権の取得合戦よりもなによりも、そのことのほうに関心がありますね。今でも「視聴者受け」だけを狙ったテレビ番組が多いのに(インターネットの世界でやってきた手法が取り入れられるとなると)・・・もう子どもにはテレビを見せられないってことになるのかな。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-12 18:30
 2005年3月8日
 市長の「平成17年度施政ならびに予讃編成方針」演説と「教育長の「平成17年度教育方針と主要施策」にたいして各会派の代表質問が11日に行われます。日本共産党議員団を代表して私(垣田)が質問に立ちます。
 代表質問の順番はくじ引きです。今回は1番ですので10時からということになります。
 代表質問の順番は以下の通り
 1、日本共産党議員団(垣田千恵子)
 2、公明党議員団(馬坂哲平議員)
 3、朋友会議員団(内藤  勝議員)
 4、自民同友会議員団(秦  孝雄議員)
 質問の要旨は垣田千恵子市政レポートのページに掲載しましたのでご覧ください。
 11日には、傍聴にお越しください。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-08 22:09
 2005年3月5日
 午前中、特別養護老人ホーム・ポプラの竣工式に行ってきました。100床の完全個室。まるでホテルのようなホームでした。
 理事長さんの挨拶のなかで「建設に当たって全国の特徴あるホームを15件ほど見学し、方針を立てた。普段どおりの生活の延長の場であること。趣味やコミュニティの場を提供したい。スタッフの心のこもったお世話。食事がまずくてはいけないので、ホテルのシェフをしていた人に来てもらった。こうして実現したが、いま、福祉を巡る動きは厳しいものがある。介護保険制度の今後の動向は、ホームを経営する側からも厳しい状況の中でやっていかなくてはならない」などと、身を引き締めて経営にあたるというなみなみならぬ決意が述べられました。
 b0049029_22262278.jpg
 一見、所得水準の高い高齢者相手の特養ホームのようですが、やはり、介護保険制度の今後の動向次第では、経営する側からも厳しいものがあるのだなあと思いました。
b0049029_2227257.jpg

 午後には「九条の会池田」の結成集会に参加しました。
 左は「いまなぜ9条か」特別記念講演をする中西基弁護士。下は、バイオリン、フルート、ピアノの演奏。
 b0049029_22283991.jpg
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-03-05 21:34