元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ごみゼロ(530)の日

 2005年5月30日
 今日は5月30日にちなんで、ごみゼロ(530)の日。
 歩きながら道路沿いの清掃活動をするというクリーンウォーキングが行われました。
 10時ごろ五月丘で一隊と、上池田でも一隊と二つのグループを見かけました。
 町の美化とともに啓発活動にもつながるものですが、昼ごろお会いしたある老人会の役員さんは「済んでから腰が痛くてなって、家に帰ってからしばらく横になってた」とおっしゃっていました。頭の下がる思いで聞かせていただきました。
 ごみゼロ(530)の日の運動は、平成2年度から実施されていますが、ちなみに昨年のクリーンウォーキングの収集量は燃えるごみが1440kg、燃えないごみが80kgもあったそうです。

 しばらくHPの更新が出来ませんでした。
 パソコンのセキュリティーを少々アップしましたところ、起動にやたらと時間がかかるやら表示されないコンテンツがあるやらでギブアップ状態でした。昨日、議員控室からマイホームページを点検してみると、普通に表示されていることが分かりました。ということは、マイパソコンに問題があるのか・・・な? とにかく私のパソコンで確認できなくてもHP上にはアップされているようですので引き続き更新をして行きたいと思います。この間、お越しいただいた方には申し訳ありませんでした。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-30 22:14

5月臨時議会のご報告

 2005年5月19日
 2日間の会期が予定されていた5月臨時議会ですが、議会役員選挙が比較的スムーズに推移しましたので、今日1日で終了しました。
 いわゆる3役については、議長は辻隆児議員(朋友会)、副議長は松本真議員(自民同友会)、監査委員は柿原高弘議員(日本共産党)に決まりました。
 日本共産党議員の監査委員は実に池田市議会の歴史の中で、初めてのことです。
 
 私の所属は厚生常任委員会と、まちづくり対策特別委員会そして、都市計画審議会委員と、昨年と変わりません。
 介護保険法や国民健康保険法、生活保護法改変が予定される中、制度そのものが市民にとって悪くなることが予想されるだけに、地方議会でも真剣に取り組まなければなりません。
 池田市の行財政改革がいよいよ大詰めを向かえ、ごみの減量化を口実に収集について有料化の動きがあります。厚生常任委員会は市民生活に直接影響する課題が山積しています。今まで以上にしっかり勉強していきたいと思います。どうかよろしくご鞭撻ください。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-19 23:45
 2005年5月16日
 5月臨時議会が19日に開催されます。
 議案は、専決処分の報告案件が4件と議会内役員選挙です。
 専決処分とは、本来議会で議決決定すべき事項であっても、(特定の場合に)市長が議会に諮らずに処理することをいいます。長が専決処分をした事項は、次の議会に報告し承認を求めなければならないと自治法で定められています。
 今回は、①自動車事故の損害賠償の専決。②16年度水道事業会計補正予算。③16年度一般会計補正予算。④国民健康保険条例の一部改正。の4件です。
 4件の報告案件の審議の後、議会内役員選挙です。
 議長、副議長、議会運営委員、常任委員会委員と正副常任委員長、都市競艇組合議会議員、農業委員会委員などを選挙あるいは選任します。
 本日、各会派の代表者による議会運営委員会が開催されます。

 追記(16日午後2時)
 議会運営委員会のあと、議会役員選挙と議会改革について各会派に申し入れを行いました。(申し入れの内容については、垣田千恵子市政レポートに掲載します)
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-16 07:55
 2005年5月14日
 先日、この日記に憲法音頭のことを書きましたら、さっそくアルビス五月丘にお住まいのHさんからメールをいただきました。
 「いつもホームページが楽しみで一番にあけています。今回<憲法音頭>が見つかったという事ですね。どんな曲でどんな歌詞なのでしょうか?そんな音頭があったなんて少しも知りませんでした。楽しみですね」
 そのほかにも、土筆やシメジの採集場所について知りたいとの質問メールもありました。

 憲法音頭は、新日本婦人の会池田支部のさざんか班の中に「踊り小組」がありますが、そこで再現してもらおうと思っています。なるべく早く出来上がればいいんですが・・・その上で披露する場があれば、いいのですがね。

  憲法音頭  (1番と2番のみ掲載します)
                   憲法普及会制定
                   サトウハチロー作詞
                   中山晋平   作曲
1、おどりおどろか チョンホイナ あの子にこの子
  月もまん丸 笑い顔
  いきな姿や 自慢の手振り
  誰に遠慮がいるものか ソレ
  チョンホイナ ハ チョンホイナ
  うれしじゃないかないか チョンホイナ

2、古いすげ笠 チョンホイナ さらりと捨てて
  平和日本の 花の笠
  とんできたきた うぐいす ひばり
  鳴けば 希望の虹が出る ソレ
  チョンホイナ ハ チョンホイナ
  うれしじゃないかないか チョンホイナ

 なんてことはない歌詞ですが、「誰に遠慮がいるものか」のフレーズなどは、それまでの暗い時代から解き放たれた喜びが表わされていると思います。
 また、曲は、古典芸能の部類に入るかともいえるもので、一度聞いたら耳に残ってしまって・・・なんとも楽しい曲です。
 さて、踊りは一体どのようなものになるでしょうか?とにかくおたのしみに。
 メールありがとうございました。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-14 09:13
 2005年5月10日
  古いすげ笠さらりとすてて 平和日本の 花の笠♪――。幻の「憲法音頭」が再現されたという記事を赤旗で見てから、何とかその曲を聴きたいと思い続けていました。
 b0049029_7494533.jpg「憲法音頭」は憲法公布直後の1946年12月、芦田均元首相を会長として結成された憲法普及会が、新憲法をさまざまな形で国民に普及する一環としてつくったものだそうです。
 歌いながら、踊りながらあるいはそれを鑑賞しながら、新憲法の精神に国民大衆を触れさせようという狙いで製作され「盆踊りは憲法音頭で」という意気込みで普及運動に取り組まれたようです。
 作詞 サトウハチロー、作曲 中山晋平、独唱 市丸、振り付け 藤間勘十郎など、当時の一流の人が担当しています。憲法普及会の活動が終わり、何十年とたつうちにレコードも失われ幻になっていました。それが十年ほど前に、長野県中野市の中山晋平記念館で遺族から寄贈された資料のなかからレコードが見つかり、中野市九条の会が振り付けの図解を踊りの師匠に見てもらい復活させた。というわけです。
  b0049029_805298.jpg 
 先日来、いろいろと「つて」を頼り、中野市九条の会にお願いしてやっと今日手に入れることが出来ました。出来れば踊りもマスターしたいものです。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-10 23:50

市内の公園でハルシメジ

 2005年5月9日
 「○○公園でキノコが生えていますよ」と、山歩きの会のKさんからの電話。
 かねてから「食べられるキノコを採取したい。けれど、山歩きをする自信が無い」などと身勝手なことを言っていた私ですが、なんと私の要求にぴったり。身近な公園でハルシメジの群生を発見したとの電話を頂きました。「20分でそちらに行きますから」と、大急ぎで自転車を飛ばして現地に到着。
 あった、あった!
 b0049029_18151325.jpg
 散歩する道の真横にありました。教えていただかないと分かりません。しばらくすると目が慣れてきて次々と見つけることが出来ます。
 今夜はキノコオムレツです。(Kさんのおすすめは「てんぷら」ですが・・・)
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-09 18:07
 2005年5月6日
 b0049029_1123876.jpg
 チキンラーメンの発祥の地・池田市で、チキンラーメンのパッケージのデザインをペイントした阪急バスが走っています。
 池田市民としては見慣れた光景なのであまり気にしていませんでしたが、先日息子の友人が遊びに来たときに、このバスを見て「アーッ、又カメラを忘れた!」と叫んだというのを聞いて、改めて池田ならではの風景なんだと認識しました。そういうことなら私も写真に撮ろうと思っていましたが、いざ撮ろうと思うとなかなか出会えなくて、出会ったときにはカメラが無かったりでうまくいきませんでした。
 今朝は雨だったので駅頭宣伝の後、バスで帰宅するためバスターミナルへ行くと、チキンラーメン模様のバスが停車しているではありませんか。
 チャンス!
 でも発車までにあと1分しかありません。とにかくあわててデジカメにおさめました。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-06 11:03
 2005年5月5日
 憲法と教育基本法が施行された翌年(1948年7月)、「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかる」ため【こどもの日】が制定されました。
 その2年後、児童憲章が制定されました。「児童は人として尊ばれる。児童は、社会の一員として重んぜられる。児童は、よい環境の中で育てられる」と。児童憲章は半世紀にわたって、大人の役割としての子どもの人権尊重を位置づけてきました。
 そして、国連「こどもの権利条約」に日本政府が批准署名をしたことで、さらにそれが充実したものになりました。条約は「子どもの最善の利益」「子どもの意見表明権」が規定されました。
 子どもにかかわるすべてのことは、子どもにとって何が最善かを考えてきめる。親はもちろん国や社会は、それを守らなくてはなりません。
 「こどもの日」にあたり、憲法、児童憲章、子どもの権利条約の精神を活かし子どもの声が尊重される社会を築いていかなくてはならないと思いを新たにしました。

 JR福知山線事故から10日目となりました。
 事故の犠牲者は107人にもなり、今なお病院で治療を受けている人が多数おられます。
 池田の市立病院にも入院されている方が2名、通院が2名おられるそうです。
 各新聞、テレビが事故の背景にまで迫る報道をしています。国鉄時代の「安全綱領」が継承されず、民営・分割化で「効率優先」「利益第一主義」へと徹底した意識改革と、リストラ、前近代的な「日勤教育」を行ってきたことと、「安全後まわし」の経営姿勢が浮き彫りになってきました。
 昨日は、事故車両に通勤のために乗車していたJR職員が、事故発生時人命救助を行わず、その場を去って自らの勤務についたことが判明し社会的に批判を受けています。批判は当然ですが、それほどまでに企業の教育が徹底されていて、人間らしい行為や生き方まで失われているのかと暗澹たる思いにさせられました。
 先日(4月30日)、阪急電車を退職された方から話を聞く機会がありました。
 その方は事故を起こした運転士が再教育を受けるのは当然とした上で、事故原因の一番に「規制緩和」をあげておられました。半径300メートルのカーブで事故がおきましたが、従来は半径450メートルだったというのです。また、運転士が急に失神状態になっても電車が停止する装置があるそうです。線路上のATS装置とあわせて運転席のノッチという装置も改善が図られているのに導入されていないという問題があるということでした。
 それとリストラ。乗客のために充分に安全確保をするための人員が無いのが現状だそうです。
 車両についても従来より20トンも軽量化されているためペシャンコになり、人的被害が増大する。等など今回の事故は、企業の飽くなき利益追求が労働者と国民の生活に与える悪影響を端的に示しています。どこへ行っても事故の話題でもちきりですが、企業の中で何がおきているのか深いところにまでえぐっていく必要があると思います。そして、今郵政民営化が推進されようとしていますが、国民生活はどうなるのかみんなで考察することが大事だと思います。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-05 11:14
 2005年5月3日
 憲法記念日の今日、大阪城野外音楽堂でおこなわれた「5・3おおさか憲法のつどい」に行ってきました。主催は「大阪弁護士九条の会」と「大阪宗教者九条の会」「阪大九条の会」です。特別講演に藤本義一氏、リレートークで各分野から発言がありました。
b0049029_4441792.jpg
 写真はリレートークをする宗教者九条の会の代表者。その後ろは各宗教、宗派の呼びかけ人の方々。

 日中はとても暑くて野外音楽堂での講演は、聴くほうも大変でした。私は友人たちと椅子席をわざとはずして後ろの方の木陰で、地べたに座って聞きました。比較的涼しかったので最後までしっかり聞くことが出来ました。でも、あまりに舞台が遠すぎてデジカメでの写真がうまく撮れませんでした。もし、今日参加されていた方で、藤本義一氏の講演中の写真やパレードの写真を撮っておられる方がありましたらメールで垣田まで送っていただけませんでしょうか。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-03 21:27
2005年5月1日
 第76回豊能地区メーデーが行われましたので参加しました。
 午前9:30分から石橋駅前公園で集会後、池田市役所まで行進しました。
 空模様を気にしながらの行進でしたが、かろうじて雨に降られないで終わることが出来ました。午後は本格的に降ってきました。b0049029_1739126.jpg
[PR]
by chieko_kakita | 2005-05-01 17:39