元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー

<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 2005年7月29日
 産総研関西センター(池田市内にある)の一般公開がありましたので行ってきました。
 かつての通産省の研究機関・大阪工業技術試験所が独立行政法人・産業技術総合研究所となってから何年か経ちますが、最先端の研究成果を一般公開することについては、かわらず行われているようです。
 最先端といっても小中学生や高校生向けだとのことで、とことん最先端になると、むしろわかり難い面があるので、工夫をしているとのことでした。
 私が行ったのは2時50分ごろでしたが、受付職員の人がたまたま知り合いだったものですから「たくさんの人で大変やね」と声をかけると、「朝から2000人よ」とのこと。夏休みの自由研究のヒントにしようと、親子連れが大半です。

 広い敷地の中にある研究棟ごとにテーマをもち、実験や体験コーナー、講演など多彩な催しが行われていました。研究者の指導をうけ、作業台を囲んで子どもたちが一生懸命工作をしている場面を随所で見ました。
 私は、「光で環境をきれいにする光触媒」という特別講演会場をのぞきました。酸化チタン光触媒は、光を当てて有害物質を分解することができるという、ものすご~い研究成果です。
 光触媒の原理から応用までプロジェクターを使って解説がありました。
 水処理、脱臭、大気浄化、抗菌防カビなどさまざまな応用が可能とのことです。
 特に注目したのは光触媒でサリンより猛毒のダイオキシンまでも除去できるということです。  すでに全国で10箇所ほど実用化されているそうです。
 
 これって!最終処分場への産業廃棄物や焼却灰の量を減らすことが出来るのではないか?
 もっと拡大して、全国で問題になっている小型焼却施設から出たダイオキシン類の除去にも応用できるのではないか?昨日、能勢か豊能ではダイオキシンを溶融する施設が建設されたという報道があったけれど、分解と溶融の違いは? 等など聞きたいことはありましたが、とても素人の単純な質問はできませんでした。会場からはチタンがどうのとか、化学的な質問が多かったのです。

 今回全体として感じたことは、同研究所はこれまでの国の機関としての産学協同研究の立場から大きく転換してきているなと思いました。独立行政法人として積極的に環境産業にアプローチしていく姿勢が印象的でした。
 優れた研究成果が低コストで実用化されることこそが、社会発展と人類に貢献すると思うのですが、独立行政法人そのものが採算性を追求されるとなると、どういうことになるんでしょうかね。
b0049029_6521710.gif
 
 産総研が開発したというセラピーロボット・「パロ」ちゃん。癒しのロボットです。子どもたちが触ったり、なでたりしていました。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-29 16:56
 2005年7月27日
 お隣川西市から住田市議と地域住民の方が、池田市の「施設循環福祉バス」について視察にこられました。池田市では、健康・保険室長と、高齢介護課長、高齢担当の主幹が対応してくださいましたので、私も同席しました。
b0049029_12134590.gif 
 川西市では、コミュニティーバスの要求が強く、市としても国の補助を受けて実験的にバスを走らせているということですが、それぞれの地域からの要求に応えるにはまだ不十分な面があり、住民の立場から近隣市の実態を調査しているとのことでした。
 福祉バスであれ、コミュニティーバスであれ、自治体によって導入の経過や考え方の違いがあって一律というわけではありません。施策も名称もさまざまです。
 川西市では地域コミュニティー(各地の自治会)がしっかりしているとのことですが、各地域コミュニティーの要求を捉え、それを全般的な政策として行くには、そうとうなエネルギーが必要だなあーと感じました。
b0049029_1219068.gif
 
 10時40分ごろ、丁度庁舎の前に福祉バスが2台停車しましたので、実物を見ていただくことができました。
 (3階から写す)
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-27 12:14

厚生委員会行政視察

 2005年7月26日
 25日~26日にかけて市議会厚生常任委員会(渡邊ちよし委員長)で、行政視察にいってきました。視察目的は「家庭ごみの有料化について」、視察先は東京町田市と武蔵野市です。
 二つの市はともに、ごく最近有料化を実施したところです。
 池田市が家庭ごみの有料化をしようとしている時期に、議会が「有料化に踏み切った市」のみを視察するということは、どうなんだろうと、当初視察先について疑問を持ち、やや抵抗もしました。 市政をチェックする側(議会)に身をおく者としては、「有料化に踏み切らないでごみの減量化をはかっているところ」についても視察したいと考えたからです。
 それで、視察先についても1~2件希望を出したのですが、少数意見であったためか相手にされず今回の視察となったのです。
 しかし、結論から言うと有料化に踏み切ったとはいうものの「ごみ減量化」という観点からは、ある意味示唆に富んだものがあり、大変有意義な視察でした。

 町田市と武蔵野市では若干違いはありますが、住民のコンセンサスを得るという点では優れた面が多々あります。民主主義が貫かれているのでしょうか。
 1番特徴的なことは、市が徹底して住民の意見を聞くという姿勢。市民説明会や各戸訪問などは、半端な数じゃありません。
 また、最終処分場の問題をはじめ、ごみの資源化についても住民とともに考える姿勢が貫かれているため、ごみ問題全般についての住民の意識が高いように感じました。
 
 視察で得たものから、池田市のごみ問題について(有料化についても)今後、このホームページをはじめいろんな形で発信していきたいと考えています。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-26 23:02

これはなんでしょう?

 2005年7月23日
 団地の法面に作られた円筒形の石積み。これはいったい何でしょう?
b0049029_683718.jpg
 誰が、何時、何の目的で?・・・世界不思議発見のミステリーハンターのセリフではありませんが、旧五月丘団地(昭和35年ごろ建設)のころからあったものです。当時は 「あぶないから登ってはいけません」と、立て札があったように記憶しています。
 いまは、法面で遊ぶ子どもも見かけませんし、立て札もありません。
 当初、フラワーポットとして作られたものかなと考えましたが、それにしてはこの場所だけに集中しているのです。大きさも高さ1メートルを越えるものから30センチくらいのまでいろいろで、直径もまちまちです。5~6個はあるでしょうか。いかにも手造りといった感があります。
 思い切って法面に登って円筒形の石積みの上からのぞいてみると、鉄蓋がありました。
 下水の蓋?・・・なんでこんなところに?
b0049029_6103687.jpg
 
団地の中、どこにでもあるわけではない。この辺りにだけ集中して在る。建物もプレイロットも、横岡公園までもがリニューアルし近代化した団地のなかで、独特の存在感を主張している石積み群。


 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-23 06:10
 2005年7月22日
肺がんなどアスベスト(石綿)による健康被害は、公害の様相をみせはじめています。アスベストとの関係が濃厚な中皮腫による死者が95年から2003年までの9年間で、6000人を越えているそうです。既にクボタ旧神崎工場等の労働者だけでなく地域住民にまで被害が広がっています。潜伏期間が長いだけに、研究者によっては2000年からの40年間で、10万人もの死亡者が予測されると公表しています。
 
 7月14日開催の環境問題調査特別委員会(難波進委員長)でも池田市内の公共建築物の対策について議論がなされたことから、このほど当局から公共建築物の吹付けアスベストの調査の結果について報告がありました。
 調査は、平成元年度に50施設、66箇所の調査を行ったときのもので、昭和62年から平成3年にかけて撤去作業を行ったもの34箇所、その後建物そのものを解体撤去したのもの2施設となっていますが、なお未解決が30箇所あります。ほとんどが施設内の機械室ですが、早急に撤去作業をはかってほしいものです。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-22 12:49

一庫ダム アオコ発生

 2005年7月20日
 今年初めて、一庫ダムでアオコ発生(7月12日確認)との報告が水道部よりありました。
 発生規模は、貯水池上流網場(一庫大路次川及び田尻川)の上下流、分画フェンス(田尻川)付近において発生。若干拡大傾向にあるようです。

 一庫ダムは池田市民が日々使う水道水の源。命の水への影響が心配されるところですが、池田市水道部の報告では、「浄水場のでの通常の塩素処理で分解されるため、水道水への影響はありません」とのことです。一安心です。
 
 ついでですが、アオコというのは藍藻類ミクロキスティス属で、細胞内に多数のガス胞を持ち浮上し、大量に増殖すると、水面に青い粉をまいたような状態になるそうです。原因は、冨栄養化(上流地域の下水道処理が進んでいないため栄養がありすぎる)だそうです。水温が18℃~20℃ぐらいから水温上昇とともに発生、拡大するそうです。浮上力が強いため水面から1メートルぐらいにある。したがって取水は表層から下部7メートル付近の水質条件がよい水を選択して放流しているとのことです。ダムの放流でも水質には気をつけているんですね。

  
b0049029_2146052.jpg

[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-20 11:39
 2005年7月16日
 新日本婦人の会池田支部主催の「あなたは知っていますか?世界の宝物憲法九条」集会が開かれました。場所は池田駅前ピース広場。
 b0049029_18132643.jpg
 当初予定していた7月2日が雨のため延期となったため、今日の開催となりました。
 今日はかんかん照りの真夏日です。しかも2時から開会。
 


b0049029_18141053.jpg
 最高の暑さの中、主催者は汗まみれ状態でしたが、平和の歌、詩の朗読、憲法クイズ、紙芝居など、みんなで声を上げ道行く人に楽しくアピールする内容でした。


b0049029_18145375.jpg

 暑い!広場の中心は暑すぎるので、参加者は木陰で遠巻きに見ています。




b0049029_18243842.jpg
又、今日は同時刻に「九条の会・池田」の活動交流集会が行われていましたので、そちらにも後半参加しました。
 3月5日に九条の会・池田が出来て以来、各職場や地域で会が出来たり、賛同署名が広がったり、学習会や市民にアピールするイベントや音楽会に取り組んだりさまざまな活動がこの小さな池田の中でも起こっていることがわかり、元気をもらいました。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-16 18:15
 2005年7月15日
 日本共産党は今日、創立83周年を迎えます。
 朝から石橋駅前で、駅頭宣伝をしました。
 私にとって石橋駅は日常の活動地域とはやや離れるのですが、約1時間の間に高校時代の同窓生やかつて上池田に住んでおられお世話になった人、夫の元職場の人と次々と懐かしい再会をしました。いずれも出勤途中なのであまり時間は取れませんでしたが、それでもしばらく立ち話で近況を伝え合いました。なんとなく嬉しい余韻が残る宣伝行動でした。

 社会福祉協議会の自治体キャラバンが始まりました。昨日14日は池田市との懇談です。
 池田の社会保障協議会の会員や年金者組合、民主商工会等から16人が参加。市の担当者が応対しました。
 (写真は、同席した日本共産党議員団。左から垣田、白石、難波)
b0049029_6325777.jpg
 介護保険、国保、生活保護などの改善・充実を求めて市の担当者に具体的要望が行われました。介護保険制度が改悪されたため10月から施設入居者にホテルコストが導入されます。
 利用料の減免制度については、早急につくるよう要望がありました。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-15 06:33

セミの羽化観察

 2005年7月14日
 昨夕、孫の保育園のお迎えを頼まれました。久しぶりに孫と一緒に帰る途中、コンクリートの道でセミの幼虫が仰向けになってもがいているのを発見。
 近くにあった木の枝につかまらせて、持ち帰りました。
b0049029_10283595.jpg 

カーテンにつかまらせると、すこしずつ登っていって8時ごろにはカーテンの丈の中間で静止。



b0049029_10293269.jpg

しばらくすると背中が割れて羽化が始まりました。
8時25分から10時ごろまでワイワイ言いながら観察。


b0049029_1031944.jpg
小刻みに震えながら、脱皮。
がんばれ!がんばれ!





b0049029_10311160.jpg
脱皮完了。次は羽を広げます。
自然の造形は美しい。





b0049029_10315828.jpg
10時過ぎには羽も乾いてきたので、外に出してやりました。
 

 わが子が小さいころには団地の庭で幼虫を見つけては、家のカーテンにつかまらせて羽化を観察したものです。
 成虫となったとき、羽をいっぱいに広げます。その透きとおった羽を見るたびに、あの茶色の幼虫の殻のなかにこんなに繊細で美しいものをコンパクトに畳んでいたのかと不思議に思います。また、幼虫は細い細い足でカーテンにしっかりと捉まります。成虫はそれより細い足をそこから抜きます。そして完全に脱皮が済むとその足も機能するのです。幼虫時代の抜け殻を乗り越えてしっかりカーテンをつかみながら、さらに上の方へと進むのです。
 ほんと、感動しますよ。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-14 10:32
 2005年7月13日
 空港・交通問題調査特別委員会(小林委員長)を傍聴しました。
 空港問題では、平成9年ごろから大阪国際空港敷地内に「航空保安大学」建設の協議がすすんでいたのに、昨年10月に突然、関空りんくうタウンに建設するとの国土交通省の意向が発表されたことについて、「航空保安大学校移転検討委員会」の中間報告を中心に意見や質問が続出しました。
 関空の2期工事を正当化するためにも、関西財界が挙げて関空とりんくうタウンの活性化をはかろうと躍起になっているさまが浮き彫りになった委員会でした。

 もう一つの課題は、地域のコミュニティーバスです。私は以前鉢塚地域で阪急バスが運行停止となったことからコミュニティーバスの提案をしました。2年前にはこの特別委員会の一員として宝塚市のワンコインバスを視察したことがあります。
 池田市では無料の福祉バスが市内一円をほとんど網羅して走っていますが、なお時間帯やコースの問題があります。また、高齢者対象になっているということもあり、今後さまざまな検討をしていくことが重要です。
 そしてなによりも阪急バスとの協議も必要ですし、そこで、バス運行の専門家の意見もノウハウも聞かなければなりません。
 いずれにしても池田市議会で地域のコミュニティーバスが課題に上ったことは積極面だと思います。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-07-13 21:37