元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日から総選挙

 2005年8月30日
 今日から総選挙が始まります。
 朝から茨木駅前で榎並憲治(小選挙区大阪9区候補)の出発式がありましたので、参加しました。
b0049029_10211134.jpg
 「2大政党」の増税、改憲策動にたちむかい、小泉改革と真っ向対決する日本共産党。いま、確かな野党が必要です。との訴えに大きな共感の拍手。

 
 b0049029_1055227.jpg
b0049029_10502796.jpg
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-30 10:18

明日から総選挙

 2005年8月29日
 明日から総選挙、日記は続けますが選挙期間中は選挙関連の記事は非公開とします。選挙が済むと一挙公開します。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-29 14:41

池田ダイエー前で演説

 2005年8月27日
 夕方、池田ダイエー前で榎並憲治さん(大阪九区国政対策委員長)と議員団、後援会の皆さんと宣伝しました。
 b0049029_7581246.jpg

 
写真は、えなみ憲治国政対策委員長。マイクで訴えているのは柿原高弘市議。


 
 最近小泉総理はあちこちの演説会で「改革を止めるな」といって、郵政一本で押し切ろうとしているようです。
 しかし、手数料を引き上げたり、採算の取れない郵便局をつぶしたり、国民の財産(郵貯、簡保)を日米金融資本の食い物にしたり。そういうやり方がどうして改革と言えるでしょうか。
 日本共産党は、国会でその害悪をあきらかにしてきました。
 国民の立場で筋を通してがんばってきたのです。
 先日テレビで、自民党の与謝野政調会長が、「共産党は自民党と立場は違うけれど、共産党は国民のために真剣に質問をされていた」と、語っていました。
 民主党は、最近マニュフェストを出しましたが、「郵貯、簡保の縮小をする」と言い出しました。 どうしてこれで国民の財産を守ることが出来るでしょうか。
 郵政問題一つとっても、自民党と対決するのは日本共産党です。これが今度の選挙です。
 小泉首相は、郵政問題で国民の注目を集めながら、その裏でサラリーマンに対する大増税を計画しています。
 しかし、国民が批判を広げるものですから、最近自民党は「政府税制調査会のサラリーマン増税ありきを自民党は許さない」・・・(ハァ~?)こんなことを言い出しました。
 こんな国民だましがあるでしょうか。
 なぜなら、昨年の12月。自民党・公明党の与党税制改正大綱では、はっきりと「2006年には、控除の見直し」と言うことを述べています。つまり、自分で所得税、住民税の見直しを言っているわけです。
 それを今になって、政府税制調査会が悪いかのような、こんなごまかしは許されません。
 消費税についても
 今、自民党と公明党は着々と準備を進めています。
 民主党はと言うと、いつも「年金目的消費税」そして、消費税を上げなさいという主張です。
 これらの、自民・公明、民主の「大増税勢力」に、きっぱりノーと対決しているのが日本共産党です。
 財源についても、大型公共事業の全国のムダづかいをあらいなおすこと。税金は儲かっている大企業から応分の負担をしてもらう。こういうことでピシッと財源を確保して、所得税や消費税の大増税に反対する。このように筋を通しているのが日本共産党です。
 それができるのも日本共産党が、財界のひも付きで無い政党だからです。政、官、財の癒着にメスをいれる。暮らしを守る。清潔な党。
 「確かな野党」と言うキャッチフレーズはピタッと来るとの感想が寄せられましたが、そのとおり!ですね。


  
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-27 22:50

がんがら火と地蔵盆

 2005年8月24日
 今日は池田の年中行事「がんがら火」と「地蔵盆」の日です。
 がんがら火は京都の大文字にならって五月山にたいまつを積み上げ愛宕神社のご神火で点火します。山のふもとで大たいまつに火を移し、半鐘や八丁鉦(かね)を打ち鳴らし、火の粉を散らしながら練り歩く一大イベントです。
 このとき打ち鳴らす鐘の音が「がんがら、ガンガラ」と聞こえるところから「がんがら火」と呼ばれるようになったそうです。
 ことの起こりは1644年、家内安全、火災厄除けのおまつりとしてはじまったものですが現在に続いています。
 毎年、猪名川の花火大会と同時に行われるのですが、今年はJRの事故で(花火大会を共催する川西市で)犠牲者がでたため花火大会は中止となりました。
 私は、あいにく所要で今年のがんがら火を観ることが出来ませんでした。

 そして、24日は地蔵盆の日でもあります。
 
 地蔵盆のはじまりは400~500年前、池田城を巡りあたりいったいが戦場になったことから、のちの人々が亡くなった人の霊をまつるために地蔵さんを建てた。そして、町のつじ辻にお地蔵さんが集められて、8月24日を地蔵盆として無縁仏をなぐさめたというのです。
 もともと子どものための行事ですから、町内ごとに集まってご詠歌をあげてから、お供え物を子どもたちに分けるのです。
 私も子どものころにはとても楽しい行事でした。
b0049029_1134897.jpg
 上池田1丁目の地蔵盆。正面の立派なのと、やや向かい合う形でもう一箇所ある(写真右端に提灯が写っている所)この近辺はお地蔵さんが集められたところが沢山ある。残念ながら町内の人たちが集まってご詠歌をあげた後だった。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-24 22:11
 2005年8月15日
 戦後60回目の終戦記念日です。日本軍国主義の引き起こした侵略戦争の犠牲となった内外の方がたに対して心から哀悼の意を表明します。同時に侵略戦争と植民地支配を正当化するあらゆる動きに反対します。
 終戦の日の朝、池田駅前でえなみ憲治大阪九区国政対策委員長と宣伝行動をしました。
b0049029_18131911.jpg
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-15 18:13
 2005年8月14日
 私の「ごみ分別と減量化実験」も月の半ばに差し掛かってきました。はじめは、お買い物をした時に貰う紙袋で適当に分別していましたが、だんだんと我が家のごみの組成が判ってきました。それで、分量にあわせた箱を新調しました。
 我が家で一番大量に出るのは、古紙・・・古新聞と雑誌です。これは、重量も体積も相当な分量です。そして、その次がペットボトル。重量はともかく体積がすごい!
b0049029_19341621.jpg 
 久しぶりに百均活用術・バーベキュー網を4枚をつなぎ合わせて使用済みペットボトルの入れ物に(恐ろしいくらいの量です)
 


 いずれも資源化するための排出ルートが決められていますので、きまりに従って出します。
 しかし、いくら夏だ、暑いとは言え、こんなにペットボトルの水を飲んでいいのかしらと自戎してしまいますね。
 一方、ペットボトルや古紙はどんな工場で、どんな工程を経てどんなものにリサイクルされるのか実際に見てみたいものだと新たな興味がわいてきます。
 
 分別を始めてみて気づいたことは、やはり家族で「ごみと資源化」のことについて共通の認識に立ち、協力してやらなければ、だめだということです。
 私ひとりで思い立ち即行動に移したものの、1日目と2日目は部屋のゴミ箱に手を突っ込んでごみを取り出して分別していました。
 そのうち家族からは「なんかこのごろ、家の中ごみだらけやなー」「特に台所!」等と言われてしまいました。
 台所では、食品を取り出したあとのパック類を洗って乾かすために、洗濯バサミでいくつも吊り下げているからです。これまでは、ポンポンと捨てていたものばかりですから。
 分別の入れ物も見た目にきれいなものでなければ、いかに資源だといってもやはり、ごみの観を拭い去ることが出来るものではありませんから。
 そこで、家の中ですが家族へのアプローチと協力を促すためにも横断幕を設置しました。
 b0049029_1938345.jpg 
 いまではゴミ箱に手を入れてごみを取り出し分別するということはほとんどなくなりました。
 お母さんの「夏休みの自由研究」だという程度の理解ですが・・・。
 
 

 分別をする中で再資源化の流れを知りたいと思うようになりました。今は忙しくて出来ませんが、ごみの行き着く先についてもよく調査してみたいと思っています。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-14 19:29
 2005年8月13日
 息子が造ったスピーカー。昨夕はセッティングして「初音だし」ということで家族そろって試聴しました。
 すこし高音部分で硬い感じがしましたが、低音はしっかりしていて全体としてはよく出来ていると思いました。また、どういうわけかスピーカーが震わないので音が出ている感じがしないのです。1時間ほどすると、最初の音だしよりもさらによくなってきたように思います。
 これから何時間も音だしをしてブレイクインするそうです。
 なんでも北イタリアのオーディオ・メーカー「ソナス・ファベール」の名作スピーカーGuarneri Homage (ガルネリ・オマージュ。定価1550000円!)を欲しい!けど、とても買えないから、真似て作ったそうです。(出来上がりはオリジナルとはやや違いますが・・・自作というのはやはり愛着があるようです)内蔵の機器もかなり工夫をしたようです。
 タイトルは「フェイク・ガルネリ オマージュ」。
b0049029_8551137.jpg

 なんとかあの流線型のスピーカーを実現したいと、木の切り出しからはじめて、サンダーかけから塗装まで空いている時間を費やして約3ヶ月かかったそうです。出来上がりは家具というより楽器みたいにツルッ ツルッです。
 b0049029_9115076.jpg
 

 スピーカーの箱部分の原材料。
 (写真は息子のHPから転載)
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-13 20:19
 2005年8月9日
 昨日、臨時の教育委員会が開催され、今後4年間の中学校教科書の選定がありました。
 教科書採択については市民の関心が高く、開会前から30人を越える傍聴者が詰め掛けたため、当初予定していた委員会会場では収容しきれないので広い会場に急遽変更して行われたようです。(私は傍聴できませんでした)
  問題の歴史、公民教科書については各委員から意見が出されたそうですが、歴史をゆがめる「つくる会」の教科書(扶桑社編)の採択を主張する委員さんは一人も無かったそうです。
 結局、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書は不採択となりました。
 傍聴した市民からは「当然のことながら、池田市の教育委員会は良識ある判断をされたと思います」との感想が寄せられました。
 6月議会では私も教科書問題を取り上げましたが、池田市議会では全く歴史観が違う質問もでました。過去の侵略戦争については、「謝ってばかりいると子どもたちが外国へ行って胸を張って自分の国のことを語れない」「その時代の人がどのように考えて生きていたかを知ることが大事」だなどと、「扶桑社の教科書を採択せよ」といわんばかりの質問でした。
 これまでにはなかったことです。憲法を変えようという流れと機を一にした発言で、ほんとに背筋が寒くなるような思いがしました。
 この件では多くの市民の方が心配の声を上げておられましたが、結果的には不採択となり、良かったと思います。
 (採択された教科書の一覧は、垣田千恵子市政レポートのページに掲載しています)
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-09 19:10
 2005年8月8日
 日本共産党として池田市長に「アスベストによる健康被害と防止策の徹底に」について申し入れを行いました。
 申し入れをしたのは池田市会議員団の柿原、白石、私(垣田)と榎並憲治衆議院大阪9区国政対策委員長です。市当局からは倉田市長と、川端助役が応対してくださいました。
 申し入れの主な内容は、市の公共施設のアスベスト使用状況の調査と対策、民間施設の解体工事等での飛散防止と健康被害防止対策、国・府に製造禁止、周辺住民への健康診断、新たな救済制度の確立などです。(垣田千恵子市政レポートに全文掲載)
 市長からは、すでに何人かの市民の問い合わせもあり、250万円の調査費用の検討や市民からの相談窓口を各部局に設置して対策をすすめるとの説明がありました。
b0049029_1627516.jpg
写真は左から倉田市長、えなみ憲治九区国政対策委員長、私(垣田)





追記
 郵政民営化法案は参議院で17票差で否決。その後閣議で衆議院の解散が決定されました。
 マッタク道理の無い解散です。内閣総辞職をすればいいのに・・・。
 はやくも自民か民主かとの2大政党制が議論の中心になってきていますが、どちらになっても憲法改悪、庶民大増税など悪政を競い合う状況です。そういう点では、かつてのオール与党政治になっています。日本共産党は確かな野党として国民の立場でがんばります。
 解散となれば、やはり受けて立たねばというところです。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-08 16:27
 2005年8月3日
 8月1日から22日まで池田市は「家庭ごみの指定袋制」実施計画案についてパブリックコメントを募集しています。
 指定袋制導入の理由は「家庭ごみの減量と資源化」(家庭から排出するごみの20パーセントを削減する)だとしています。
 各家庭から出すごみを入れる指定袋については、①燃えるごみの場合一定枚数以上は有料に。②燃えないごみはすべて有料に。③粗大ごみを排出するときに貼るシールを購入する・・・という内容です。
 資源化については、これまでの概ね六分別に加えて新たにトレイを分別収集するとしています。トレイはリサイクルできるからです。
 
 資源化については、「プラ」表示されたその他プラスチックや雑紙などもっと分別することで燃やすごみを減らせるのではないかとの思いから、我が家のごみ減量化実験をすることにしました。
ごみ減量実験の合言葉は「分別は資源を生かす第一歩」です。
 今回実験は8月一ヶ月のみ。ごみ減量化実験のブログをつくりました。そちらの方もご覧ください。分別の種類は以下の通りです。
1、燃えるゴミ
2、燃えないゴミ
3、ペットボトル
4、その他プラスチック
5、びん
6、缶
7、古紙類 ●新聞紙、チラシ、
        ●雑誌、古本、ノート
        ●ダンボール
        ●雑紙
8、古着
9、有害ゴミ
10、牛乳パック類
11、発泡スチロールトレイ
b0049029_1733158.gif
分別を徹底することによってごみはどれくらい減らせるか?徹底して分別すれば何が見えてくるか?見極めて行きたいと思います。
[PR]
by chieko_kakita | 2005-08-03 22:50