元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 2006年4月30日
 いまや「格差拡大」と「貧困化」が大きな社会問題になっていますが、厚生労働省が毎年7月に公表する「労働経済白書」06年版の骨子でも20代の若者層で所得格差が拡大し、固定化していることが少子化の一因であるとの指摘がされています。
 パートやアルバイト、派遣社員などの非正規社員の割合が20歳代で高くなっていることが主な原因ですが、一方で正規社員の間でも、成果主義賃金の導入などで格差が広がっているとしています。
 非正規社員は05年で労働人口の32%を占め世界でも高い比率です。特に15歳~24歳の非正規社員の比率は男性でも4割を超えています。非正規社員の場合、年齢が上がっても賃金はあがらず、正規社員の6割だということで、配偶者がいる割合が正社員より低く、これが少子化が進む一因になっていると分析しています。
 また、正社員の中でも成果主義や会社業績の拡大で30歳代~40歳代の賃金格差も広がり雇用形態や業種、年代によっても格差が広がっているという内容です。

 政府は全省庁あげての少子化対策といいながら、出生率はいっこうに上がらず、むしろ下がるばかりです。その背景に労働者の働かせられ方があるのです。企業は正規雇用社員を減らしてパートや派遣労働に切り替えたほうが利潤を上げることが出来る。
 ここを政治の責任で改善しなくてはだめです。分かっていながら出来ないのは自民党政治が企業のいうがままの政治だから。
 希望する誰もが経済的な心配なく結婚し、安心して子供を産み育てられるようにするためには大企業言いなりの政治を変えなければなりません。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-30 09:56
 2006年4月26日
 上池田で出会った人から「茶臼山公園で土を掘って自宅での菜園に利用している人がいる」との通報を受けました。
 私と同行していた人が「あっそういえば、2年ほど前に夫が早朝、犬の散歩中に池田中学の中から一輪車で土を運び出している人を見かけたといっていたわ」と言い出しました。
 「エーッ土ぐらい買えばいいのに」と非難ごうごう。
 話の続きに茶臼山公園の現場に行ってみようということになりました。
 確信を持って特定はできませんでしたが、多分ココではないかと思いますね。
b0049029_13354246.gif

 茶臼山公園は「古墳」です。古墳の形状を変えたらあかん。
 




b0049029_13465642.gif 
 
ついでの話ですが、この公園では多くの木が伐採されていました。近隣の家屋に落ち葉被害が多いのでしょうか。それにしてもここまで伐採すると今度は土砂崩れの危険がないのか心配です。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-26 21:30
 2006年4月25日
 赤旗新聞の集金担当者から、「読者の方からごみ出しの件で質問を受けたが、自分もよく分からない」とのことで、FAXが届きました。『4月からごみ出しは、区分して出すようになったけれど、その分清掃にかかわる市の職員は減るのか?』と聞かれたそうです。
 おそらくこれまで市職員が分別していた作業を市民がすることになったと理解されての質問ではないかと推測します。
 これまでは、トレイ類は分別しないで燃えるごみと一緒にして燃やしていました。ですから、このことでは分別の労力を市職員から市民に転嫁させた、ということはありません。
 
 ごみの指定袋制による有料化については日本共産党は反対です。池田市は「ごみの2割減量が目的」だと言っていますが、「それならばもっとすることがあるのではないか」と主張しました。本当に環境問題を真剣に考えるならば、ごみ減量のためにもっと分別回収を徹底すべきだと考えます。その場合、市と市民の協力が欠かせません。
 ごみ減量に成功している市では市民との徹底した話し合いと、市民による積極的な協力が行なわれています。
 
 なぜ、分別するのか→→→CO2の削減。現在燃やしているごみの中にリサイクルして活用できる資源が多く含まれている。 焼却炉の延命のため。最終処分地の確保が難しい。などなどの理由があります。
 みんなが地球環境とごみ問題を真剣に考えるときではないでしょうか。
 
 ですから、市民の側からもも「もっと分別を」と市に働きかけて行くぐらいの(もちろん自分ちのごみは分別の労を惜しまず)ことでないと・・・と思うのですがね。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-25 13:19
 2006年4月21日
 友人と産業技術総合研究所(旧大工試)前を塀沿いに東方向に歩いている途中で、溝に動物の死骸を発見。すぐさま携帯で池田市役所の市民生活部へ「猫の屍を撤去してもらいたい」と連絡しました。
 そして歩き出しましたが、「でも、猫のようにみえたけれど、尻尾が大きいからそうではないかもしれない」ともう一度溝のほうに確かめにいこうとすると、友人は「見たくない」と言って寄ってきません。仕方なく一人で確かめることにしましたが。
 発見した場所はこの辺り。と思われるところにまでいくと、「あれっ」死骸がありません。
 一瞬、「しまった!早とちりで電話してしまった!」と思いました。
 さっきは死骸にみえたけれど、そうではなくてどこかへ動いて行ってしまったんだ。
 
 でも、もう一度確かめてみようと、歩いて来た道を10メートルほど引き返して、東へ歩いてみると、やはりあります。
 (これで、訂正の電話はしなくていい)とおもったら、当初「猫にしては大きいな。」と思って引き帰してまで確かめようとしていたことなど、すっかり忘れてその場を立ち去りました。(少し動転していたのか、それとも老化現象か。ひとつしたら、ひとつ忘れる。という)

 あとできくとアライグマだったそうです。ナントナント。
 「エーッ、ニャジラではなくてラスカルだったの」と思わず言ってしまいました。
 漫画の見過ぎ・・・です。
 それにしても、日本ではアライグマは生息していません。誰かが飼育していたのでしょうか。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-21 22:35
 2006年4月17日
 「日本の高齢者は怒りがないなあ。ここまで痛めつけられているのに」
訪問したお宅でいきなり出た言葉です。
 なるほど、おっしゃることはよく分かります。
この間、税制改革だけでも相当やられていますから。(下に税制改正のあらましを記載)
 それだけではありません。3月議会では国民健康保険料の値上げ、介護保険料の値上げ、紙おむつ支給対象者の縮小、給食サービスの値上げ、移動入浴料金値上げなど、これでもか これでもかといった具合です。 さらに、国会では医療改革と称して、またしても高齢者の医療費抑制策が審議されています。一方で駐留アメリカ軍の基地移転問題では日本政府は全面的な財政支援を当然だとしています。大企業と大金持ちには手厚い減税。庶民からは搾り取る。消費税も2桁論議。
 みんな怒っているんだけど・・・・・・。
 
 「なかなか国民的な運動になりませんなあ。高齢者もそうだけれど、若者もね、大学生がこんなときにひっぱらなあかんのに。」
 「民主党は小沢新党首を選んだけど、自民党に対決して運動することはできないね。」
 そうです、そうです。民主党と自民党は政策的に一緒ですから。だから日本共産党を大きくしてもらわんとあかんのです。
 「がんばってください」との言葉の中に日本共産党に対しても、もっと目に見える活動を求めておられているのだと思いました。
 


(税制改正のあらまし)
その1、公的年金控除の引き下げ(65歳以上、公的年金収入からの控除すべき最低額が140万円から120万円に)
その2、65歳以上。前年の合計所得金額が125万円以下の人への個人市民税の非課税措置の廃止。
その3、65歳以上。前年の合計所得金額が1千万円以下の人に対する控除が廃止(所得税50万円、市民税48万円)
その4、個人市民税の減税分として行なわれてきた定率減税(定率税額控除)が2分の1に。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-17 07:39

たこ焼き器試運転

 2006年4月15日
 5月に行なわれる「大阪赤旗まつり」でたこ焼き店を出そうということで、今日はたこ焼きの試し焼きをしました。意外なことに下準備に時間がかかるのです。
 まず、たこ焼き器(鉄板)の油焼き(油慣らし)から。(この間、蛸を切って置く)
 たこ焼き器(鉄板)にラードを入れて弱火で約1時間。ラードが少なくなったら補充しながら慣らしていきます。ラードを捨てて次は、サラダオイルで試し焼きを2回。試し焼きは食べられないので出来上がりを捨てて、その後やっと本格的にたこ焼きの開始です。
 b0049029_17481778.gif

 たっぷりサラダ油を引いて

 

b0049029_17491914.gif

 
 粉次でたこ焼きの種を入れていきます。

 
b0049029_17504819.gif

 たこ、紅しょうが、てんかす、ねぎなどをいれて

 
b0049029_17521594.gif

 頃合いを見てひっくりかえしていきます。
 うまくボール型にするにはもう少し鉄板を馴染ませる必要があります。
 出来上がりは以外においしかった。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-15 17:55
 2006年4月14日
  久しぶりに訪問したお宅で、またしても『老老介護』の実態を見ました。
 玄関から声をかけると、「今、手が離せない」との返事がかえってきました。奥さんがご主人に声をかけ続けながら何かをさせようとしているようです。暫らくの間、近所の人と立ち話をして再度訪問。やっと会えました。
 
 奥さんの話ではご主人は『介護度4』。 足が上がらないので、部屋の中でのちょっとした移動も介助が必要。「さっきは尿意があってトイレへ連れて行ったけど出なかった」と。最近は紙おむつの支給を受けているとのこと。(紙おむつは今年4月から介護度4と5の人に限定して支給することになりました。福祉の後退だと日本共産党は反対したのです。この方は支給対象です。)
 
 外出は車椅子だが、玄関へ出るまでが大変。外へ出たら、車椅子を押す奥さんは坂がしんどい。特に下り坂は怖い。「毎日口げんかしてる」など、老人だけの世帯の深刻さが伝わってきます。
 デイサービスは週2回利用しているが、当日の朝になって断ることもよくあるとのことで、ショートステイにはご本人が行きたがらないそうです。
 口げんかをしても、自宅で奥さんと一緒に暮らしたい。という思いがあるのでしょう。が、奥さんの健康も心配です。
 本来介護保険制度は、在宅で介護を受けられるように行政が支援をするということから発足していますが、高齢者世帯の場合、介護をする側のケアも視野に入れておく必要があることを痛感しました。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-14 20:33
 2006年4月12日
 昨日の赤旗で来年のいっせい地方選挙の市会候補が発表されました。 現職は、私・垣田千恵子・難波進・白石啓子の3人,新人は榎並憲冶福祉対策部長、藤原美知子暮らしの相談室長の5名です。現在4議席から5議席に挑戦します。
 早速今日は池田駅前でお披露目の宣伝です。元気に国政市政の現状、3月議会の報告、党議員団の実績などを訴えました。

 
b0049029_15412482.gif


 写真は党府委員会の大型宣伝カーで訴える左から榎並、白石、垣田、難波、藤原です。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-12 15:41
 2006年4月12日
 4月にはいってから3回目、トップページの写真を替えました。
 永らく放置して「どうなっているんですか」とメールをいただいたりしているかと思えば、 1ヶ月のうちに3回も連続して桜を撮ったりなんかして、このホームページのトップの写真の差し替えはルールがありません。まったく気まぐれなんです。それにしても私は桜が大好きなんですが、どうもうまく撮れませんね。

 ところで、「わが街池田の写真集」も40枚を超えました。私の傾向としては木や花といった自然よりも、建造物というか人工的な造形美のほうが、撮りたくなるというか、そんな気がしてきましたね。当面50枚を目標に、その後は100枚を目指してみたいと考えています。今後ともへたくそなマイ・エッセイともどもよろしくお願いいたします。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-12 13:01
 2006年4月10日
 3月議会報告ニュースの原稿が出来上がりました。やっと印刷所へ出稿です。
 議会報告はこれまで朝日、毎日、サンケイ、読売と、赤旗新聞に折込をしていましたが、今回は手配りで配布したいと考えています。同時に、市民要求アンケートも実施します。これには、返信用の封筒を添付して回収しようと思います。
 14日ごろには印刷が出来上がるので、ビラ折りや、ビラ配布のお手伝いしてくださる方(ボランティアで)を募ります。
[PR]
by chieko_kakita | 2006-04-11 06:54