元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

例月出納検査と工事監査

  2008年1月29日
 知事選挙が終わった翌日28日に12月分の例月出納検査。そして今日29日は工事監査とつづきました。
 今回は下水処理場の工事監査です。監査で知りえた情報はむやみに漏らしてはいけないことは当然ですが、市民誰でもが見学できる範囲に限定してデジカメ撮影してきましたので公開します。
 下水処理場は、市民生活を快適に過ごす上でなくてはならない施設です。ところが意外と知られていないのです。
 池田市下水処理場で処理をしている範囲は五月山山麓の南側から箕面川以北までの地域です。計画処理人口79,800人、計画処理能力58,100㎥/1日ですが、現在は50,000㎥/1日だそうです。

 ちなみにそれ以外の地域(箕面川以南の石橋地区、旭丘、新町の一部と細河地区)は猪名川のずっと南・豊中市の原田処理場で処理されています。

 工事は2系最終沈殿池3槽目と4槽目の汚泥を緩やかにかき出す装置のチェーンの交換等です。3槽目の沈殿池は2層式になっていますが空っぽにしてありました。
b0049029_0455643.jpg
工事箇所です。
 見えている底の部分は2層式の上の部分です。
 大阪技術振興協会からこられた技術士の方が処理場の技術者とともに下まで降りていって専門的な実査をされました。その後、会議室で技術士と代表監査委員による講評が行なわれました。


 
 各家庭から排出された下水が処理場に来るとまず、最初沈殿池で汚泥を下に沈めます。次の反応タンクで微生物を加え空気とともに攪拌、最終沈殿池で微生物入りの汚泥を下に沈めます。この段階でうわずみ水はかなりきれいになっていますが、さらに滅菌池で大腸菌などを滅菌して猪名川へ放流します。放流については処理場のすぐ川下に伊丹市や川西市の水道取水口があるので、2km下流で放流しているのです。


 ところで、最初沈殿池と最終沈殿池で沈めた汚泥はどうなっているか・・・ですが、今回の監査では関係ありませんが、どうしても見ておきたいと思いまして見学させてもらいました。
 沈んだ汚泥は濃縮し、水分を取り固形物にします。これを脱水ケーキと呼びます。
 以前からケーキという名前に興味を持っていたのです。
 現場では、なんと!「なまケーキ」と呼んでいるようでした。
 残念ながらタイミングが悪くて「生ケーキ」は見ることが出来ませんでした。

b0049029_045350.jpg
 流動焼却炉です。
 脱水ケーキは焼却炉で800度以上で焼き焼却灰にします。
 そしてこの灰は、大阪湾のフェニックス処分場へ運ばれるのです。


b0049029_0464194.jpg 
 
 ちょうど焼却灰を運搬してこられたところを見ることが出来ました。
 焼却炉で石灰を混ぜ、加水処理をするので焼却灰からは大量の蒸気が出ていました。
 
 
 ヘルメットに作業用防寒具、軍手にブーツといういでたちで臨みましたが、工事現場では現地の説明にただただ感心するばかりでした。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-01-29 23:33
 2008年1月28日
 1月27日投票の大阪府知事選挙で、「明るい会」と日本共産党が推薦した梅田章二候補は、前回得票を13396票上回る518563票(得票率15・28%)を獲得しましたが、残念ながら当選には至りませんでした。

  今回の大阪府知事選挙は太田知事が「政治とカネ」の問題で再出馬を断念するもとでたたかわれました。大阪府政の二つの転換、「大企業いいなりの府政か、暮らし・中小企業応援の府政か」「開発・借金づけの府政か、ムダ・不正ゼロの府政か」が、重大な争点となりました。

 梅田章二候補の緊急プランとマニュフェストは、多くの有権者と響き合い、共感と支持を広げる大きな力となりました。「梅田さんだけが具体的な政策を示している」「ぜひ梅田さんに知事になってもらいたい」との声が寄せられました。

 橋下氏、熊谷氏は「太田府政の与党」側に身をおく候補です。この二人からは、府民生活に心を寄せる思いや、府政の打開策について府民が納得できる政策は示されませんでした。
 いずれもこれまでの「オール与党」府政の継承を語りながら、あたかも府政の大転換をはかるかのようなパフォーマンスをしました。橋下氏に投票した有権者の多くは、現府政に不満をもち、その変革をもとめる府民です。ですから橋下氏が「オール与党」政治を継承していくならば、府民との間に深刻な矛盾を引き起こすことになるでしょう。

 解散・総選挙ぶくみの情勢のもとで、各政党が前面に出ての知事選挙でした。自民・公明の両党は、参議院選挙での「自公政治ノー」の審判を受けて、党本部の推薦を見送り、政党としてのまともなたたかいを避けました。

 橋下氏の当選によっても、自民・公明政治への批判の流れは変わりません。
 熊谷氏も、民主党の参院選得票から大幅に後退しました。

 「二大政党」政治を仕組む動きは大きく見えたけれど「決して恐れるに足らず」の観を強くしました。
 
b0049029_07437.jpg
 1月24日、小雪が舞い散る千里セルシー前で小池議員の応援を受けて





b0049029_093558.jpg
 1月20日(雨 )池田栄町商店街をパレード






b0049029_0114724.jpg
 1月19日 梅田阪神デパート前で志位委員長の訴え
 
[PR]
by chieko_kakita | 2008-01-28 22:32
 2008年1月14日
 新年恒例の日本共産党と後援会のつどいが開催されました。知事選挙のさなかということもあって、知事選挙と総選挙で勝利しようとの熱気に包まれた決起の場となりました。
b0049029_814894.jpg
衆議院比例代表の候補として大阪中を駆け回っている宮本たけし前参議院議員





b0049029_7562277.jpg
会場いっぱいの激励にこたえる宮本たけし比例候補と、村上弘充大阪9区国政対策委員長
[PR]
by chieko_kakita | 2008-01-14 18:51
 2008年1月13日
 新型インフルエンザに関するNHKスペシャルを二夜連続で視聴しました。
 
 20世紀には新型インフルエンザが4度出現しています。1918年スペインかぜ、1957年アジアかぜ、1968年香港かぜ、1977年ソ連かぜです。十年から数十年に一度パンデミックを起こすことから出現の可能性が高まっています。

 かつての流行期と違って、現在は医療技術が発達していますし、ワクチンや抗インフルエンザウイルス薬も開発されていますのである程度安心していました。ところがドラマではワクチンも抗ウイルス薬もどのような型が出現するかわからないので、あらかじめつくることができない。  それどころか、流行してから最短で1ヶ月はかかることがわかりました。
 その間、流行が拡大するでしょうし、作られたとしてもまず医療従事者や警察、消防などの従事者に摂取されることになるでしょう。
 医療体制や公衆衛生は向上していますが、航空機、新幹線などの交通移動手段が発達していることや人口の都市への集中などパンデミックの危険性は過去の流行の比ではないくらい高いものとなっています。

 最も恐かったのは、。「私が5年間かかって作った対策計画はなんだったのか」とつぶやく場面です。政府の依頼で作った「対策行動計画」がまったく機能しなくなってしまうのです。いかに万全の対策計画であっても危機的状況になると、計画通りに進まないことがあると、ドラマでは描き出していました。人間の心理と行動に迫るものです。
 ア~そうなんだ。そういうことなんだ。と、へんにナットクしてしまいました。
 パンデミック状態になったら、感染したくないとの思いから、たとえ会社を解雇されても出社しないという人もあるでしょう。電気もガスも水道も職員がこなくなって供給されなくなることもありうることです。ドラマでは医師など医療従事者が現場から逃げ出してしまいます。
 
 改めて自らの命は自ら守ること。あらゆることを想定して準備すること。を肝に銘じましたね。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-01-13 23:18
 2008年1月11日
 新型インフルエンザは、いずれ近い将来必ずやって来るといわれています。いま、最も危惧されているのは高病原性鳥インフルエンザ(A型H5N1型)が新型インフルエンザとして出現することです。
 政府は最悪64万人の死者を、予測しています。
 池田市が07年5月策定した「対策行動計画」によると致死率2%と想定し、最悪で死者470人、入院患者1603人、外来20200人と推定しています。
 急激な流行になると、水道、電気、ガスなどの社会機能がマヒします。食料の供給が途絶え店に商品が並ばなくなるなどに加え、医療機関は混乱のため医療が受けられなくなる、火葬場が処理できなくなる、などの事態が予想されます。
 私は昨年12月議会での一般質問で、大流行に備えて市の具体的対策を求めました。
 また、多くの市民が認識していない状況から、説明会や想定訓練、食料等備蓄の奨励、流行時の発熱外来の受け方などあらゆる機会を通じて周知徹底することなどを質しました。

 ヒトからヒトへの新しい型のインフルエンザ感染が大きな集団発生をした場合を「新型インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)状態」といいます。
 明日12日と13日の二日間、「新型インフルエンザ」についてNHKスペシャルで放映されます。一日目は「感染爆発」と言うドラマです。日本の寒村が発生源になりパンデミックとなるという設定です。いったいどんなことが予想されるのか必見です。二日目は東南アジアでのルポルタージュだと聞いています。これもビデオを撮ることをお勧めします。
 池田市教育委員会では、教育委員の小川医師からの勧めで各小、中、幼の校園長を通じてNHKスペシャルを視聴するように通達が出されたようです。出来るだけ多くの方に見ていただきたいですね。
 
 
 新型インフルエンザの流行に備えて市の健康増進課にある印刷物や、池田市医師会のHP等を参考にして下さい。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-01-11 21:31
 2008年1月5日
 明けましておめでとうございます。
 新しい年をお健やかにお迎えのこととお喜び申し上げます。
 昨年はたいへん御世話になり有難うございました。
 5人の議員団になり6月議会は藤原美智子議員の代表質問、9月議会では難波進議員の子どもの医療費助成年令を引き上げる議員提案、12月議会では山元たけし議員の18年度決算に対する議員団を代表しての反対討論、白石啓子議員の長寿祝い金を誕生日に支給する改正の議員提案などに取り組んでまいりました。
 個人の力量のスキルアップと5人の総合力を発揮して、市民要求実現、市政チェック、新たな政策提起、議会の改革、相談活動など積極的で旺盛な議会活動、議員活動をしてまいりました。
 今年は、この勢いに加えて、住民運動のさらなる発展のために活動したいと考えています。
 力いっぱいがんばる決意ですので、皆様のよりいっそうのご鞭撻をお願いいたします。

 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2008-01-05 21:37