元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2008年4月20日
  橋下大阪府知事が11日公表した「財政再建プログラム試案」は、千百億円の歳出削減だけを目標に掲げて、府民のセーフティネットである医療や福祉に大ナタをふるうものとの批判の声が噴出しています。
 35人学級を40人学級に戻し、私学助成の削減、市町村への補助金関連では高齢者、障がい者、乳幼児、ひとり親にたいする医療費助成の引き下げなど、府民生活に直結するものが削減・廃止する内容が含まれているため倉田市長(府市長会会長)も「承服しかねる」とのコメントを発表しました。
 
 「府民の命を削るようなことがあってはならない」「将来を担う子供たちに投資をしないとはどういうことか」「これでは子どもたちが笑う大阪とは言えない」などの意見は正論だと思います。

 橋下知事は「財政改革は今がチャンス」といっています。

 私は、これを聞いてかつて小泉人気で自民党が圧勝した時、その勢いで小泉自民・公明政権が郵政民営化のみならず後期高齢者医療制度をはじめ医療改革法を改悪強行した2年前の国会を思い出します。
 あの時は小泉自公政権がどれだけ国民を苦しめる法律を強行しても、日本共産党が警鐘を鳴らして国会で反対し、ビラや宣伝で訴えても、マスコミはこれを無視し、小泉政権に《期待》を持たせる報道に終始したのです。

 当時小泉政権を持ち上げていた各マスコミはいまやっと、後期高齢者医療制度の問題点を連日取り上げています。

 テレビで橋下知事が涙ながらに訴えるのを見て各市役所に「知事をいじめるな」と抗議の電話が相次いでいるようですが、あの時と同じ現象です。
 本当にいじめられているのは誰なのか、国や地方自治体の本来の使命はなになのかを、よく考える必要があるのではないでしょうか。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-04-20 06:44

孫とデジカメ

 2008年4月3日
 5歳になった孫が最近、デジカメで写真を撮ることを覚えて、ジイジ(私の夫です)との散歩で写真をやたら撮りまくります。
b0049029_14325058.jpg







 子どもの玩具になってしまった私のデジカメですが、彼女が撮った作品(?)を見ると目線が地面に近いだけに私達が気づかない素材が被写体となっています。
  婆バカといわれるかもわかりませんが、「こんなところに興味を持ったのか」と、少々の驚きをもちますし、以外にもピントがずれていなかったり、構図が良かったりするので垣田千恵子のHPのトップページの写真に使うことにしました。
b0049029_14341291.jpg 

 左は自慢の運動靴
 左下は、散り落ちた花びら
 右下は、散歩の途中でであったワンちゃん



b0049029_14355994.jpgb0049029_14363424.jpg
[PR]
by chieko_kakita | 2008-04-03 13:48