元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

堀辺邦夫元市議への追悼

 2008年10月31日
 大先輩の堀辺邦夫元市議が亡くなられました。10月31日の通夜でお別れの言葉を述べさせていただきましたので、このブログ上に掲載しご冥福をお祈りいたします。

 堀辺さん
 堀辺さんの9期36年間の議員時代の後半、7期目、8期目、9期目の12年間にいろいろと教えていただきながらご一緒に活動させていただいた垣田千恵子です。
 10月の中旬に「堀辺邦夫さんが危篤です」と、いのこの里からお知らせを頂きました。暗にお別れを言ってあげてくださいということでした。
 すぐさま病院に駆けつけたいという気持ちがありましたが、公務が15、16、17日と続き、20日には議会の決算委員会があったため「なんとかがんばってほしい」と祈りつつ議会準備をし決算委員会を終えてからのお見舞いとなりました。
 その時にはもう私を認識できない状態でした。
 危篤と聞いてから4~5日経ってから駆けつけるなんて・・・その4~5日はかなりつらい思いをしましたが、堀辺さんが現職のときに私達に何度も教えてくださった言葉が幾度となく脳裏をよぎり、堀辺さんなら許してくださるだろうと思いました。
 その言葉とは「僕たちは市民から選任されたんだから、どんなことがあっても議会準備を怠りなく議会に臨むこと。議会の開会中は、たとえ親であっても死に目にも会えないことがある」という言葉です。
 この言葉は折に触れて思い返すとともに今では、私自身が堀辺語録の一つとして後輩に語っています。いわば、堀辺流議員スピリットです。
 堀辺さんは、市民の声を届け、市政をチェックする役割である議会を大切にし、そのためにあらゆる文献を読み、調査にも時間を費やす。そして自らの健康状態にも留意し、万全を期して臨む。こういう姿に私達は学ばせていただきました。
 もうひとつ、堀辺さんの言葉で思い出すことがあります。
 私達は議会の中ではいつも少数派です。このことについてこういっておられました。
 「僕たちは議会のなかでは時として少数派であり、少数意見に見えるけれど、僕に一票を投じてくれた人は『議会で暮らしを守って頑張ってきてほしい』という思いでもって名前を書いてくれたんだから、議場では少数であっても胸を張ってがんばる。僕のうしろには何人もの人がついている。ひとりじゃないんだ。そしていつかは多数派になるんだ」と、
 9期36年もの長い間、市民奉仕、市政革新のために頑張り続けてきた不屈の人、正義の人、初心を忘れぬ人堀辺さんならではの言葉です。
 また、議場で口角泡を飛ばす大激論をしても、議場の外では他党他会派の議員にも公平に声を掛け、それぞれの良さを認めるという点ではみんなから慕われました。議会の生き字引の様な人でしたので尊敬を集めておられました。
 晩年の生活の場である「いのこの里」では現役引退後のおだやかな生活であったと推察しますが、現役時代は池田市議会議員として各小学校区に公立保育所、幼稚園の建設、全国トップの下水道普及、五月山の緑と猪名川の清流を守り、ファブリダムの建設、府下随一のがけ崩れ防止工事、新市民病院の建設など住民運動とともに実現し、不公正な同和行政の徹底追及、市政の民主化と開かれた議会をと数え上げればキリがありません。
 市民のくらし、植木産業、中小商工業者の営業を守り、日本共産党議員団の草分けとして活動し議員団の人数も2人から3人へ、3人から4人へ、4人から5人へ、5人から6人へと輝かしい発展をつくってきました。
 堀辺さん。
 経済が右肩上がりで、いい時代でしたね。
 今、構造改革路線と規制緩和で堀辺さんたちがつくった実績がことごとく崩されてきていますが、私達は堀辺さんの教えを守り議員として全力を尽くすことをお誓いします。
 堀辺さん、どうか安らかにお眠りください。ご冥福をお祈りして私のお別れの言葉といたします。


 私は議員として私人として選択を迫られる場面がたびたびありますが、その時には堀辺さんの言動を思い起こして判断基準にしてきました。それを考えると堀辺さんは私達に実に多くのモノを遺していかれたのだと思います。
 堀辺さんからの沢山の贈り物に改めてありがうとお礼を申し上げます。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-10-31 22:41
 2008年10月11日
 日本共産党の全国遊説第2波として大阪難波高島屋前で街頭演説がありました。
 4時からの予定でしたので「少し早い目にいって近くの喫茶店でお茶でも」と思って出かけましたが、地下鉄を上がるともう街頭宣伝車が止まっていましたし、その正面の歩道にはかなりの人だかりができていました。急遽方針変更、ペットボトルのお茶を買って人だかりの中へもぐりこみ弁士が良く見える位置をゲットしました。

b0049029_8441773.jpg 待つこと十数分、街頭演説は大阪大正区選出の小谷みすず府議会議員の司会で始まりました。
 はじめに大阪の19小選挙区の候補者が紹介され、宮本たけし前参議院議員と吉井英勝衆議院議員が派遣労働の実態告発と食料農業問題と政治の責任について述べ、アメリカべったり、大企業優遇政治に対決し国民の命、暮らしを守る日本共産党への支持を訴えました。

b0049029_8445341.jpg 志位委員長は、アメリカ発の金融危機のもとで日本の景気がいっそう悪化してきた。このときに政治はどのような責任を果たすべきかという角度から話が始まりました。
 景気悪化の犠牲を国民に転嫁するなと主張。
 トヨタ九州で800人の派遣労働者の雇い止めなどの雇用破壊の問題や中小企業への下請け単価の買い叩き、銀行の貸し渋り貸しはがしなどを許さないなどをしっかりやるのが政治の責任だと訴えました。
 これまでの大企業応援から国民の暮らしを最優先する政治への切り替えをはかるため、安定した雇用を保障し、中小企業や農業を応援する、社会保障の拡充、庶民減税をすすめるなど家計を応援することで内需を活発にしていくような政治に転換することで日本経済を土台からしっかり支えていく。消費税増税はやめ生活必需品の非課税をさせようと訴えました。

 日本共産党は経済政策の軸足を大企業から家計に移すということを主張しているということを強調し訴えました。

 また、アメリカ言いなり政治からの転換をはかる問題にふれて、自民・公明政権がアフガン戦争支援の為の派兵延長をやろうとしている事を批判しました。
 同時に国会では民主党が海外派兵延長法案の早期採決を迫り、事実上憲法違反法案の成立に協力している事を鋭く告発しました。
 さらに民主党が、自民・公明政権の補正予算案に賛成をしたことは、後期高齢者医療制度の存続を認めたことになるなど国民の為ではなく党利党略を上におくものであると批判しました。

 民主党も共同で提出した後期高齢者医療制度廃案にする為の法案は、賛成多数で参議院では成立しています。これを衆議院でも廃止にする為の国民世論が盛り上がっている時に自公政権と歩調を合わせる民主党の姿勢については結局、大企業中心、アメリカ言いなりで論戦で政府を追い詰めることが出来ない。政権の交代だけでは国民の暮らしはよくならない。政治の中身を替えることが必要だと訴えました。

 聴衆の中からは「そのとおり!」「そうだ!」「がんばれ!」などの声が飛び、訴える側も聞く側も気合の入った街頭演説でした。
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2008-10-11 21:26
 2008年10月10日
 今日は超多忙な一日です。
 午前中は、池田市議会議員研修会、午後からは北大阪都市監査委員会の研修会がありました。夜は北大阪総合法律事務所でお世話になった藤木弁護士が豊中で開業されますので、豊中総合法律事務所開設パーティーに参加しました。

 池田市議会の研修会の講師は、かつて総務省から池田市に政策推進部長として平成9年から11年6月まで赴任しておられた三橋一彦氏(現在、鹿児島県総務部次長兼財政課長)です。
 勤務地の鹿児島県から有給休暇を取って来てくださいました。

 演題は「地方公共団体財政健全化法と今後の地方財政について」です。
(健全化法の内容については、07年10月25日号マイブログ全国監査委員会研修会のところで書いていますのでご参照ください)

 三橋氏は平成14年8月に総務省に戻られて、法の制定に携わってこられただけあって小泉構造改革路線のもとで竹中総務大臣が推進したことなど、制定に到る経過やら、基本的な考え方について、冒頭に述べられました。

 私は監査委員としてこれまでに何度か財政健全化法の研修会に参加しましたし、三橋氏の「地方公共団体の財政健全化に関する法律の概要について」という解説書(私は三橋論文といっていますが)も読みましたが、なかなか理解できない部分がありましてもやもやしていましたが今回の講義でよくわかりました。
 
 平成18年7月3日、地方分権21世紀ビジョン懇談会(太田弘子座長)の報告を受けたこと、
「骨太方針2006」の閣議決定を受けて、新しい地方財政制度研究会の提言を受け、さらには夕張市の問題が起こったことが法制定を早めた。18年12月に法案を作り19年1月からの通常国会に提出という超スピードで出されたようです。(19年6月に成立。日本共産党は反対した)

 国会の審議についてはよくわかりませんが、私の感想としては、
 無駄や不正を抑止するために住民が自治体の財政全体を把握できる仕組みは必要だと思います。しかし、自治体の財政力には差がありますし、自治体独自の行政サービスもそれぞれの経過があって行われています。それを一律に指標を示すことには問題があるように思います。自治体ごとにそれなりの配慮が要るのではないかと思うのです。
 また、今回19年度の決算に基づく全自治体の指標が示されましたが、早期健全化団体や財政再建団体にならなかった自治体でも、新たな地方行革が一段と進められるのではないか。
 4つの指標が一種の強迫観念となって特別会計や企業会計で赤字が出ている部門を切り離したいというようなことになるのではないか。

 以上のような質問をさせていただきました。これに対し、三橋氏は「各自治体の状況は違うということがあっても一定の指標を示さないとわからない」「健全化法は自治体の状況を把握するものであるから、健全化に向けた方策はそれぞれで考える必要がある。国についてもどのような支援策があるか考える必要もある」と、言うような答弁でした。

 意見の違いや国と地方自治体の立場の違いはあるとしても、政府機関で法律を作った人から説明を受け、直接意見を言わせてもらえる機会はそうそうあるものではありません。
 そういう点ではいい機会であったと思います。


 午後からは、北大阪監査委員会の研修会でした。
 演題は「新地方公会計制度の改革の意義と課題」として、監査法人トーマツの公認会計士小室将雄氏の講演でした。
 こちらも午前中の講義の続きの様なもので平成19年10月、総務省の「新地方公会計制度実務研究会報告書」に基づき、地方自治体では企業会計の考え方を取り入れた財務諸表の作成を平成21年からしなければならないため、財務書類の見方や公会計改革の目的、監査のポイントなどについて講義がありました。これについては日を改めてこのブログ上で報告します。


 夜は、豊中総合法律事務所開設のパーティーがホテルアイボリーで行なわれました。
 北大阪総合法律事務所の藤木弁護士と向井弁護士が合同で開設されます。
 これで、法律相談が身近になります。憲法と平和、人権を守る民主法律事務所が豊中の地にできることは喜ばしいことです。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-10-10 17:34

朝の池田駅頭宣伝

 2008年10月7日
b0049029_1044877.jpg

 村上弘允大阪9区国政対策委員長と、朝の駅頭宣伝。 
 7時~8時、Nビルからの通路で通勤通学の皆さんに訴えました。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-10-07 10:45
 2008年10月6日
 独立行政法人・都市再生機構(UR都市機構、旧公団のこと)が昨年の暮れに「賃貸住宅ストック再生・再編方針」を発表しました。77万戸の賃貸住宅のうち20万戸削減するというものです。
 私はこの問題で昨年12月議会で一般質問しました。(関連する記事はマイブログ2月21日と22日付でご覧下さい)

 それはさておき「削減」とはどのような手法で行なわれるかというと、

1、昭和30年代40年代に建てられた団地を、建て替える。
2、建て替え事業は、現居住者に建て替え後の居住水準と家賃を示し戻り入居(建て替え後の住宅に住む)を希望するかどうかを選択させることで、建て替え戸数を決定する。
3、家賃が3~4倍になるため戻り入居者はうんと減る。
4、URは基本的に賃貸住宅は建てないとなっているから、戻り入居希望者分しか建て替え建設は行なわないので、ここで建て替え時の建設戸数がうんと減る。
 以上の様なやり方で、20万戸を削減するということだと考えます。

 ついでに言うと、建て替えによって公団敷地内にハンパでない面積の残余土地が生ずる。
 これを売却処分する。
 約50年もの間、公団居住者が家賃として支払ってきた土地は、民間のディベロッパーに売却される。URは売却処分で大儲けする。立地の良い土地を大手企業が購入して事業展開し儲ける。結局、大企業に都合のよい「再生・再編計画」である。
 さらに言うと、売却する土地を多く生み出すために「再編方針」が作られたようなものです。

 話を元に戻しますと、URは再生・再編計画と称して削減計画と建て替え事業をセットで進めようとしているのですが、団地再生方法について「建て替え」ではなく「リフォーム」を主流にすることを提唱している人がいることを発見しました。
 すでに池田市内の3団地(池田団地、五月丘団地、緑丘団地)は建て替えが終わっていますので、いまごろ遅きに失するのですが、私にとっては目からうろこでしたね。

 その方は、神戸松蔭女子学院大短大部・住居学の増永教授です。
 増永教授の主張は
 「そもそも、酸に弱い鉄筋をアルカリ性のコンクリートでカバーする鉄筋コンクリート造りの住宅はきちんと維持管理すれば少なくとも60年~70年持つものであるからもっと大事にするべき。
 建て替えの為、膨大な住宅を解体・廃棄してきた。もったいない話だ。環境面でも問題あり。
 リフォームであれば、コストも抑えられて家賃もさほど上がらず、住み続けたいという居住者の願いにかなう。
 UR都市機構は、これまで様々な技術を駆使してリフォームを実施してきた経験がある。こうした能力を大いに活用すべきではないか」など等です。

 前述のとおり池田市内の賃貸住宅はすでに建て替えが済んでいますが、公団住宅が昭和30年代に建設した分譲住宅・石澄団地では建て替え問題が浮上しています。
 具体的にコンサルタントを入れてシュミレーションをするなど、住民共同で研究が行なわれています。
 ここでリフォームという方策についても住民目線でメリット、デメリットを探ることも必要かなと思いますね。

 私自身一度増永教授の講義をお聞きしたいと思います。 
 
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2008-10-06 23:33
 2008年10月5日
 福田首相の政権投げ出しのあと、麻生政権発足しましたが、解散総選挙が何時あるかという緊張が続くなか、池田では5日、市民文化会館コンベンションホールで日本共産党演説会が開かれ150人が参加しました。
b0049029_9551676.jpg はじめは山元たけし議員の市政報告。主に9月議会の報告です。






b0049029_9572782.jpg農民連の原弘行さんからは、食の安全に関して中国産のギョウザ問題から汚染輸入米事故米について政府の責任と、食料自給率40%にまで落ち込ませ、輸入頼みにした自民公明政治の規制緩和路線を厳しく批判。日本共産党の農業政策に共感がひろがっていることが報告されました。


b0049029_10225078.jpg宮本たけし元参議院議員は、冒頭、議員時代に総務委員会で消防行政について幾多の提案をしたがそれが全くいかされず、大阪南のビデオ店の15名もの犠牲者を出した火災事故の行政責任を告発。
住友電工の派遣労働者から、「3年以上働いているのに直接雇用の申し出がない」というメールによる告発を受け、同社に赴き、直接雇用の約束をさせたが、3年未満の期間社員という条件であった。法的に期間の定めのない雇用を義務付けないと根本的解決にならないことを強調しました。
後期高齢者医療制度の強行実施で、お年寄りに「生きていても仕方がない、早く死にたいと」と言わせ、若者に「こま切れ雇用では未来への希望が持てない」と嘆かせる政治を変える仕事を日本共産党にさせてほしいと熱っぽく訴えました。
 今度は比例代表で御世話になります。

b0049029_1054594.jpg
 日本共産党大阪9区国政対策委員長の村上弘允さん。





b0049029_107918.jpg
 司会は藤原みち子議員でした。
[PR]
by chieko_kakita | 2008-10-05 22:27