元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

地デジのはなし

 2009年1月30日
 昨日、市民の方から「地デジ」についての問い合わせがありました。現在市民病院の建設による電波障害のため共聴アンテナによりテレビ受診をしているが、「地デジ」化の対策を急いでもらいたいという内容でした。
 
 「地デジ」についてはよく耳にするものの、私の知識は部分的でほとんど皆無に等しいものでした。私の知っている情報は「映像や音声の信号を、放送局から家庭に届けるのに、アナログ信号でなくデジタル信号に変えて電波に乗せる方式であること。
 料理番組を見ながらレシピを表示したり、野球中継を見ながら選手の成績を表示したりする番組関連データ放送や、いつでも最新のニュース・気象情報や交通情報が見られる独立データ放送があったり、クイズ番組やショッピング番組にも双方向で参加できるなど見るテレビから使うテレビに変わる」といった程度のことでした。

 まず、電波に関する池田市の窓口はどこかということすら分かっていませんでした。
 市民生活部長にたずねると、総合政策部のIT課長が説明に来てくれました。国の管轄は総務省であることもわかりました。 「地デジ」への移行は2011年7月24日。
 まず、受信出来ない地域も発生する(アナログより電波はよいそうですが)可能性がある。原因となる建築物を特定するのが難しい。原因者の責任で解決するようにというのが総務省の見解だが・・・など等移行に伴って市民生活に影響があることもわかりました。
 この機会に全般的に知っておく必要があると思いました。

 総務省のホームページを開くと、
 いったい「地デジ」とは何のことかと原点から説明があります。
 地上デジタルテレビ放送は、従来のアナログ方式と比べて、より高品質な(ゴーストや雑音のない)映像と音声を受信することができる新たな放送です。
現代の生活のなかで最も身近な「テレビ」もデジタル化によって、今までにない豊かで便利な新しい世界を実現します。

 とあります。
 それではなぜデジタル化なのかについては
 電波の有効利用電波は、もう、目いっぱい使われています。
 通信や放送などに使える電波は無限ではなく、ある一定の周波数に限られています。現在の日本では、使用できる周波数に余裕がなく過密に使用されています。
デジタル化すればチャンネルに余裕ができます。

デジタルテレビ放送では大幅にチャンネルを減らすことができます。空いた周波数を他の用途への有効利用が可能になります。


 そして世界の情勢についても
 世界の潮流地上デジタルテレビ放送は1998年にイギリスで最初に開始されました。現在は欧米ではアメリカ、ドイツ、イタリアなど、アジアでは韓国、中国、ベトナムなど、世界の20以上の国と地域で放送されており、デジタル放送は世界の潮流となっています。
情報の基盤地上デジタルテレビ放送対応テレビをネットに接続し、より多くの情報を得ることができます。テレビをデジタル化することで、誰もが情報通信技術の恩恵を受けられるような社会にすることは国の重要な未来戦略であり遅らせることのできない施策です 。


 とあります。
 
 一般的にはUHF用のアンテナをデジタルタワーの方向に向けて設置することで今のままでも受信が可能です。従来のテレビであっても 地上デジタル放送用のチューナーを取り付ければ、今のテレビでも見ることができるそうです。
 
 今回の市民の方の質問は、、「2011年7月までに対策をしてくれるのか」というお尋ねでした。しかし、デジタルタワーがどこに設置されるのかはまだ発表されていません。

 現在高層建築物等によって電波障害があるところは、原因者が共聴アンテナやケーブルテレビを敷設していますが池田市の施設・建築物が原因の場合はすでにケーブルテレビで対応しているのでデジタル化しても大丈夫だとのことでした。

 ただし、市民病院が原因者の場合はいまだに共聴アンテナであるため今後、調査も含めて対応していくとのことでした。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-30 08:02
 2009年1月28日
 上方大落語祭開催にむけて第2回実行委員会が開催されました。今回から議会の各会派からも参加をと呼びかけられて、日本共産党議員団からは私が実行委員会のメンバーに加わることになりました。

 池田市の市政施行70周年の記念事業として「上方大落語祭」が8月15日と16日の両日行なわれるのですが、初日15日は≪社会人落語初代日本一決定戦≫を、2日目・16日には上方落語会の名人によるプレミア講演≪上方大落語会≫を行ないます。

 実行委員長に倉田市長、大会総括に桂三枝上方落語協会会長が総指揮をされ15日の≪社会人落語初代日本一決定戦≫は全国に発信して応募者を募るそうです。審査委員に藤本儀一氏、田辺聖子氏、難波利三氏、他上方落語協会所属の五人の落語家があたります。
 
 また16日の≪上方大落語会≫では桂春団冶師匠、桂三枝師匠、桂文珍師匠、桂米団冶師匠、桂文三さん、桂染左さんなどびっくりするような顔ぶれが揃います。
 
 いまから大落語祭にむけた一大イベントの企画・HPのたちあげ、予選会の案内などの準備が始まります。すごくたのしみです。
 そんな大掛かりな大落語祭の実行委員会に名を連ねることになってしまいました。
 なんとも嬉しい限りです
b0049029_18323224.jpg
 写真は挨拶する倉田市長。その横は大会総括をする桂三枝上方落語協会会長。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-28 18:34
 2009年1月28日
 昨日、赤旗読者から「議会と自治体誌2月号」を見せてほしいとの電話がありました。
 先週と今週の水曜日に赤旗日刊紙7面に「議会と自治体」誌の広告宣伝がありましたが、その見出しに私・垣田千恵子の名前と寄稿したレポートの表題が掲載されていましたので、それを読みたいとのことでした。

 「議会と自治体」誌というのは、日本共産党が発行している月刊誌で、地方議員の活動の交流、制度や法律の紹介や国会でのわが党の論戦・見解などが掲載されている理論誌でもあります。 主に地方議員や自治体関係者が購読しています。

 2月号では「総選挙勝利へ がんばっています!」という特集が組まれていますが、「市委員会の体制強化で、全有権者対象の宣伝活動」と題して池田市党と池田市会議員団の活動を約4500字にまとめて報告したのです。

 本誌への寄稿は1997年に取り組んだ「水害シンポジウム」の報告(発表は1998年2月、当時は3500字)以来11年ぶりということになります。

b0049029_15463764.jpg

 議会と自治体誌の表紙です。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-28 15:46
 2009年1月24日
 池田市の井口堂1丁目に農民組合北摂支部事務所が開設され本日、お披露目のイベントと祝賀会がありました。
 汚染米、産地偽造、残留農薬をはじめ「食」に関しては、もうなにを信じてよいかわからないほどつぎつぎと事件が起こり、安全な食材を求めることが困難になってきています。
 「食料を外国頼みにすることがいかに危険か」ということを誰もが考えるようになってきています。
 日本農業を再生させることが、消費者から見ても安全な食料確保につながり、環境問題から見ても温室効果ガス削減につながるし、経済面から見ても内需主導の経済の一つの柱になるし、持続可能な経済・社会を構築する上で重要な課題であると思います。
 この池田市に農民組合の事務所が開設されたことをキッカケに「日本の食糧は日本の大地から」という農民運動の真髄を、私達消費者も大いに学び行動する必要があります。
 「熱烈歓迎」というところですね。
b0049029_2237390.gif
朝9時半からは事務所前で新鮮野菜の朝市と餅つきが行なわれました。





b0049029_22383878.gif







b0049029_22403952.gif 11時半からは市民文化会館イベントホールで祝賀会がありました。
 北摂地区(吹田、豊中、箕面、池田、能勢、豊能)内の協力共同の運動団体や日本共産党の府会議員、市会議員が招かれて参加しました。



b0049029_2246384.gif
 事務所を提供した山田さんに農民組合から感謝状贈呈





b0049029_22413898.gif
開設祝賀会のアトラクションは、なんきんたますだれ、けん玉、やすき節(どじょうすくい)、プロの演歌歌手による演歌など盛り沢山でした。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-24 22:55
 2009年1月22日
 大阪労連・豊能地区協議会(議長・斉藤須美雄さん)の幹部の皆さんが突然、日本共産党議員団の控え室に来られました。
 池田市長に対して「ダイハツ工業(株)の派遣・期間社員の雇用確保及び地域経済を守る要望書」を提出し、大量解雇の調査と解雇回避の努力を求め、この問題で懇談の場を設けてもらいたいと申し入れをしたそうです。
 これからハローワークへも申し入れに行く途中で、控え室についでに寄ったということでした。
 また、2月中旬に解雇に関する相談会を開設したいので議員団としても生活相談の分野で協力をお願いしたいということでした。

 私のほうからは、丁度2日前に私達議員団も同趣旨の(もっと具体的な)要望書を提出したことを伝えました。
 派遣切りの相談会については、私達もその必要性を感じていたので大いに共同して取り組みましょうと応えておきました。


 年末に年越し派遣村が開設されましたが、東京だけの問題ではありません。
 次の山場は年度末ではないかと思います。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-22 21:01
 2009年1月22日
 今朝、宮本たけしメールマガジンをみてびっくりしました。

 元アメリカ海兵 隊員で平和の語り部、アレン・ネルソンさんが「多発性骨髄腫」というガン で「余命2~6ヶ月」と診断されたというニュースです。

 アレン・ネルソンさんは、自らの戦争体験に基づいて、「日本国憲法九条」と平和の大切さについての思いを語り続けてきた文字通り[平和のかたりべ]です。

 この池田でも昨年2月9日市民文化会館で「アレン・ネルソン平和講演会」(九条・さつきの風主催、九条の会・池田の後援)を開催しました。大雪で交通機関がストップするというなかで会場いっぱいの150人余がアレンさんの話に聞き入りました。(このブログの08年2月10日付をご覧下さい。もしくは垣田千恵子HPのトップページに9条さつきの風のバナーがありますのでクリックして下さい。機関紙3~4号をPDFで開くことができます)


 宮本マガジンではアレンネルソン関西ネットワーク世話人平塚先生からの伝言として以下のように記されています。
 「アメリカには日本のような国民皆保険の健康保険制度は 無く、医療費は莫大にかかります。アレンさんの労苦に報いアネッタ夫人の 苦境を支えるために、これまでのご縁をいただいた皆さんにカンパのご協力 をお願いしたいとのことです。
 全国的な専用口座の開設も準備中とのことですが、当面は下記のいずれかにお振込みいただきたいとのことです。
(1)三井住友銀行逆瀬川(サカセガワ)支店  4077520 アレンネルソン関西ネットワーク世話人 平塚淳次郎
(2)郵便振込口座    00930-3-264961
 竹内能忠(タケウチヨシタダ           =ネットワーク事務局)

※訴えに添付されていた「アネッタ夫人からの通信(1月10日付)の一 部」も紹介しておきます。
 アレンのガンは彼がベトナムにいたときに起因しており、それは枯葉剤と関係している、ということです。体内に取り込まれた枯葉剤の毒は、何十年 もかかって発病するのです。
 私は、ニューヨークとニュージャージーにいる私とアレンの友人たちと支援グループを立ち上げ、アメリカ政府にアレンの状況を訴えようと思います。
  ベトナム戦争だけでなく、第二次世界大戦、そしておそらくは朝鮮戦争でも、戦争に行った男たちの中にはこの多発性骨髄腫で苦しんでいる人がたくさんいます。フロリダにはサポートグループがあり、そこにはアレンのよ うな経験をした人たちが多くいます。
 アレンの担当医から、アレンが入院している病院の同じ階には、彼と同じ ガン患者があと5人いると聞きました。平和と政府補償、そして彼の治療を求める闘いはまだ続きます。どうか、私たちの信念と希望が生き続けますよ うに」 


 

 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-22 07:28
 2009年1月21日
 日本時間の21日午前1時半に行なわれたオバマ大統領の就任式の模様を「NHKニュース9」のテレビで見ました。
 連邦議会議事堂西側テラスでの就任式とホワイトハウスまでのパレードを見ようと200万人の人が集まったそうです。超満員の甲子園球場40個分だそうですからものすごい人数です。

 アメリカの歴史始まって以来初の黒人の大統領が誕生したのですから、「歴史の転換点をこの目で見たい。共有したい」という衝動に駆られたのでしょうか。
 
 それにしても政治に変化を求めるアメリカ国民の行動力というか・・・ただただびっくりします。
 また、これほどまでに演説で人々をひきつける、スター性を持った政治家も稀有でしょう。
 
 ブッシュ政権によるイラク戦争の失敗、金融危機でアメリカ型の資本主義が国際的信用が失墜する中での就任です。演説は18分、厳しい現実を語り、国民の責任ということにも言及するなどこれまでの国民を鼓舞する演説とは異なったものであったと報道されています。
 就任式の熱気の中でも、そういつまでもお祭り騒ぎばかりしていられないぞというメッセージなのでしょうか。


 今日のニュースで非常に対照的な二つの絵(歩く場面)がありました。
 その一つは、オバマ夫妻が大統領就任式後、パレード途中で車から降りて歩いてホワイトハウスに向かう場面。
 もう一つは、麻生首相が首相官邸入居後初めて国会周辺を早朝ウオーキングしている図です。
 一方は200万人の祝福を受け、一方は支持率20%を割ったと報じられていました。
 何をか言わんやですね。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-21 22:14
 2009年1月21日
 地元鉢塚地域の皆さんから要望が出ておりました道路補修工事がこのほど着工の運びと成りましたのでお知らせします。

 工事場所は鉢塚2丁目の交差点付近(エスポアール池田)からアサヒ食堂を結ぶ東行き一方通行の道路です。
 途中一部整備されているところを除きますが、かなり長い距離です。

 起点は、西市場畑線(秦野小とスシローを結ぶ線)と旧能勢街道(辻が池公園から水月公園への道)の交差点で、以前鉢塚の皆さんと署名を集めて池田市と池田警察へ信号機設置の要望を提出し実現したところです。正確な起点は交差点より少し東へ入ったところとなります。

 工事期間は平成21年1月29日から2月20日までの予定。
 天候によっては少し延長するかもわかりませんが、ご協力くださいとのことです。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-21 08:21
 2009年1月20日
 かねてから鉢塚地域の皆さんからバス路線の復活要求が多数出ておりました。私は議会の一般質問でも何度かこの問題を取り上げてきました。
 また、交通対策特別委員会でも近隣市への視察や阪急バスとの交渉を重ねてきたところです。
 こうした経過から池田市と阪急バスとの協議で新たな路線について合意が得られ、昨年はバス停設置箇所を選定する作業が行なわれておりました。
 1月7日、阪急バスより池田市長に対し「計画路線のバス停(案)について」の提示があったと各議員に通知がありましたのでお知らせします。

 新設バス停予定箇所
 ① 八王寺2丁目3番地先(園芸高校実習農園東側)
 ② 鉢塚1丁目9番8号地先
 ③ 鉢塚1丁目6番地先
 ④ 緑ヶ丘1丁目5番地先(附属池田小学校東側)
 ⑤ 緑ヶ丘2丁目5番地先(緑ヶ丘小学校西南側)
 ⑥ 渋谷2丁目4番5号地先(秦野小学校西側)
 ⑦ 桃園2丁目1番1号地先(ダイハツ工業東北側)
 ⑧ 姫室町13番地先(リコー南側)

 20日午後2時倉田市長に2009年度予算要望を提出しました。
b0049029_7494593.jpg







 同時に「経済危機から市民のくらしと雇用、中小零細企業の経営を守るために」緊急要望書を提出しました。以下は緊急要望の全文です。

 経済危機から市民のくらしと雇用、中小零細企業の経営を守るための緊急要望

 大企業による派遣社員や期間社員などの非正規雇用の労働者を大量に解雇する「派遣切り」「雇い止め」が横行し、企業を支えてきた労働者に深刻な打撃を与えています。さらに新規学卒者の採用内定取り消しや正社員の解雇も大きな問題になっています。
 池田市内に本社を置くダイハツ工業が500~600人の派遣・期間社員の雇い止めを発表しました。また、下請け中小企業への発注の打ち切りや貸し渋り・貸しはがしも深刻な事態をまねき市民生活に多大な影響が懸念されています。
 解雇に伴い住居を失った人達がネットカフェや路上生活を余儀なくされています。
年末年始に「年越し派遣村」の活動が大きな注目を集めましたが、池田市においても今こ
そ大量リストラなどによる離職者への緊急生活支援を行い、「つなぎ就労」の場を提供する、
市独自の臨時就労事業を創設するなどの取り組みが必要ではないかと考えます。
「住民の福祉の増進をはかる」という地方自治体の使命からも以下の点をつよく要望いたし
ます。

1)事態の重大性を踏まえて全庁的な取り組みを進める
①ハローワーク、福祉事務所、民生委員協議会など関係機関と連携して実態掌握と対応を進めること。
②失業・所得激減など生活難に対応する総合的な「相談窓口」を設置し、広く市民に知らせること。

2)雇用を守り、市民生活への影響を軽減する緊急対策を進める
①市内大企業に雇用を守る社会的責任を果たすよう要請し、厚生労働省通達を守ることを求める。
②「雇い止め」の労働者については社員寮を次の住居が見つかるまで滞在猶予を申し入れ
る。住居を失った人について公営住宅や民間住宅など入居の斡旋・援助を行う。
③ハローワークなど関係機関にも臨時の相談窓口を開設、時間の延長など相談体制の強
化を申し入れる。
④ 市として独自に臨時雇用の創出をはかる。

3)中小零細企業の経営をまもる施策を求める
①市独自の無担保・無保証人・無利息の緊急融資制度を創設する。
②預託金融機関には貸し渋りや貸しはがしをしないよう要請する。
③小規模修繕工事の拡大

4)制度の活用や柔軟な運用で市民生活への影響を軽減する対策を求める
①市民税の減免・分納制度、介護保険料・国保料・後期高齢者医療保険料などの減免制度
を広く知らせるとともに柔軟な運用をはかる。 
②児童扶養手当、高校入学準備金、奨学金制度などを広く市民に知らせる。

[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-20 15:31
 2009年1月19日
 ガソリンスタンドでガソリン補給の区的のタンクローリー車が、間違って灯油の地下専用タンクにに1000リットルのガソリンを混入したが、2日間気づかずに、ガソリン混入の灯油を121人(3026リットル)に販売した事件の回収状況について消防本部から報告がありましたのでお知らせします。

 現在の回収状況は、118人から回収あるいは安全の確認済みとのことです。残る3名の購入者については引き続きHPによる広報を続けるとのことです。
 
 灯油に1割のガソリンが混入したわけですから、ストーブの異常燃焼から火災の危険があるのではないかと一時は緊張しました。また、ガソリンスタンドで販売していますので、おそらく購入した人は広範囲に及んでいるのではないかと考え、このブログでも10日に報告しました。
 
 山元たけし議員はいち早く「山元たけしだより」号外で事件が発覚した10日の午前中に近隣住民に注意を呼びかけました。約1200枚配布したそうです。

行政や給油所の広報活動については以下のとおりです。
 行政の広報活動は、各新聞社に知らせるとともに池田・豊中・伊丹・川西・宝塚市の消防広報車による広報、大阪消防ヘリコプターによる広報、池田市HPと池田・豊中消防本部のHPに掲載。
 給油所の広報活動は、給油所のメール会員に連絡、近隣住民にポスティング告知、伊丹・川西・猪名川地域に新聞チラシ折込。

 今のところ大事に到らず良かったとおもいます。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-01-19 15:31