元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2009年6月26日
 25日の本会議で、20数人の傍聴者が見守るなか「学校警備員の継続を求める陳情」について採決が行われ、賛成少数でで不採択となりました。
 藤原みち子議員が提案した「池田市商業振興基本条例」も賛成少数すなはち日本共産党議員5人以外は反対で否決されました。
 22日に提出している5本の意見書案のうち「保険でよい歯科医療の実現を求める意見書」のみが他会派の賛成を得て池田市議会の総意として採択されました。
 以下は「学校警備員の継続を求める陳情」について日本共産党議員団を代表して難波議員がおこなった賛成討論の全文です。


 私は、日本共産党議員団を代表して、受付番号2「学校警備員の継続を求める陳情」について、ただいまの委員長報告に反対し、本陳情を採択するに賛成の立場で討論を行います。
 今回、学校警備員の継続を求めて市議会へ陳情されたのは、新日本婦人の会池田支部からの1件のみですが、「今の学校警備員配置を継続して、子どもの安全・安心を確保してほしい」という保護者・市民の願いは大変強いものがあります。

 委員会審議の中でも、秦野小学校PTAをはじめ3校のPTAが、警備員存続を求める多くの保護者の署名を集めて、市長に要望されていることが明らかになりました。

 学校警備員の配置は、大阪教育大付属池田小児童殺傷事件・寝屋川市の教員刺殺事件など悲惨な事件の続発を契機に、学校や子どもの安全を守るために大阪府が警備員を配置する費用を補助する制度を創設し、2005年度から実施されてきたものであります。

 ところが池田市は、大阪府が補助を2010年度末で打ち切ることを見越して、早々と2学期から学校警備員を廃止する方針を打ち出しました。陳情書にもあるように、「近隣の豊中市・箕面市が今年度も継続しているにもかかわらず、事件の起きた地元の池田市が、近隣に先駆けて学校警備員を廃止することは許されない。継続すべきだ」との思いは、多くの保護者・市民の共通するところではないでしょうか。

 陳情者は、警備員の役割として「校門に制服姿の警備員が立って、声をかけ、見守ることが、犯罪の抑止力になっている」とし、「この警備員の役割は、通学路などを巡回するスクールガードリーダーでは、十分に果たすことは出来ない」と指摘しています。

 池田市議会においては、昨年の6月議会で「学校警備員への補助金を廃止しないよう求める意見書」を全会一致で採択しています。その中で「子どもや教職員が安心して学校生活を送るためには学校警備員配置の継続は不可欠である」と警備員の役割を高く評価し、池田市議会の総意として継続を求めています。したがって、本陳情は、全会一致で採択するのが当然であります。

 いま、どの校区でも地域ぐるみで安全パトロールや通学路の見回りが行われており、ある小学校のPTAは、自分たちでできることをやろうと、輪番で学校の玄関付近に立って子どもの見守り活動を行うなど、保護者も警備員さんと協力して安全を守るために努力をしておられます。

 学校警備員の配置を2学期以降も継続することを求める本陳情は、学校や子ども達の安全を守りたいという切実な願いの発露であり、ぜひとも採択すべきであります。
以上、受付番号2「学校警備員の継続を求める陳情」採択に賛成の討論とします。

[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-26 21:23
2009年6月25日
 6月議会に池田民主商工会女性部から「所得税法56条の廃止を求める意見書」を採択するよう要望がでています。
 中小商工業者の妻や子どもなど家族従業者の働き分を必要経費として認めない所得税法56条は、個人の尊厳や平等をうたっている憲法に違反するものです。
 所得税法は戦前(1887年)に導入されました。戦後、新憲法のもとで課税が世帯単位から個人単位に替えられたものの56条はそのまま残ってきました。いわば、戦前の古い家制度の名残りともいうべきものです。
 男女共同参画を推進する立場からも整合性がないもので、いまだに法改正が手付かずというのは問題です。また、家族従業者の賃金を認める世界の流れからも遅れています。
 
 働き分が認められないが故にどんな問題がおきるかというと
 「住宅や車のローンが組めない」、「老後はわずかな年金しか受け取れない」、「交通事故などで入院した場合、休業補償が非常に低額(働いていないサラリーマンの妻より低い)」「商売を継いだ息子が自立できず、仕事への熱意を失ってしまう」など等。

 お父ちゃんを支え、事実上仕事の切り盛りをしているお母ちゃん(あるいは息子さん)が所得税法では、半ば扶養されているかのような扱いを受けているのです。

 いま、全国の地方議会で意見書を採択する動きがでています。
 池田市議会でも一刻も早く採択したいものです。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-25 07:35
2009年6月23日
 6月議会もあと残すところ2日となりました。25日と26日です。
 日本共産党議員団から22日、意見書案を5件提出しました。

 自治法99条の2では当該地方自治体の公益に関する事件について、関係行政庁(国会、裁判所は含まれない)に意見書を提出出来ることになっています。
 意見書そのものは関係行政庁を拘束するものではないのですが、住民多数の要求を国政にむけて提起するという意味で重要な影響をもつものです。

1、核兵器廃絶条約の締結を求める意見書(案)
2、物価上昇に見合う年金引き上げを求める意見書(案)
3、保険でよい歯科医療の実現を求める意見書(案)
4、自主共済制度の保険業法適用除外を求める意見書(案)
5、所得税法第56条の廃止を求める意見書(案)

 これらは最終本会議に向けて各会派で調整し全会派一致を見たものだけ池田市議会の総意として関係機関に送られることになります。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-23 14:47
 2009年6月23日
 日本で46年ぶりに皆既日食が見られるということで、それを観測できる時間が最大6分間という鹿児島県トカラ列島の悪石島が一躍注目を集めています。
 皆既日食というのは一度見たら人生観が変わるほどのものであるという人もいます。 

 国立天文台のホームページでは以下のように解説しています。
 2009年7月22日には日食が起こります。日本では、全国で部分日食を観察することができます。また奄美大島北部、トカラ列島(注1)、屋久島、種子島南部など、皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた地域・海域内では、皆既日食を観察することができます。

 皆既日食になると、太陽のまわりにはコロナが広がって見られます。また太陽表面から吹き出ている赤いプロミネンスなども観察することができます。空は、程度は日食ごとに違いますが、夕方・明け方の薄明中のように暗くなり、明るい星ならば見ることができます。地平線近くは、夕焼け(朝焼け)のように空が赤く染まって見られます。

 日本の陸地に限ると、皆既日食が観察できるのは1963年7月21日の北海道東部で見られた皆既日食以来、実に46年ぶりです。次回も2035年9月2日の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで26年間起こり
ません。非常に珍しい現象と言えるでしょう。


 皆既日食といえば天文をライフワークにしている堀田文一府議会議員のことを思いだします。
 1999年8月、皆既日食を見るためにわざわざトルコのカスタモヌというところにまで出かけていったのですから。なんでも20世紀最後の皆既日食だとのことでした。そのときの写真を私も頂きました。
 今回は国内で観測できるので、トカラ列島へ行かれるのかなと思って「文ちゃんHP]をのぞいてみると、何と豊中天文協会と一緒に「中国皆既日食観測ツアー」を企画しておられました。

 下は10年前のその時の写真です。(1999年8月11日)

b0049029_9413620.jpgb0049029_9421578.jpg
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-23 09:43

一般質問の発言通告

2009年6月22日
 一般質問の発言通告をしました。
 今回は24人の議員の内15人が通告を出しました。私(垣田)は15番目です。
 わが党議員団の発言は9番目藤原議員、10番目難波議員、11番目山元議員、13番目白石議員の順です。通告の内容については以下の通りです。


 一般質問通告書
                       2009年6月22日
池田市議会議長 殿
                   日本共産党池田市議会議員 垣田千恵子
下記のとおり、通告します。


1、国民健康保険料の軽減について
①国保は無職・低所得者(年所得200万円未満)が66%を占めるにもかかわらず、保険料は所得同程度のサラリーマンに比べて3倍にもなる。国庫負担の引き上げ、一般会計からの繰り入れを増やし誰でもが払える保険料にするべき。社会保障としての国保制度の立て直しについて問う。
②国民皆保険として国が定めた制度で自治体間格差が生じる問題は、国庫負担の引き上げしかないと考えるが見解を問う。
③都道府県単位の広域化は、議会や市民のチェックが働かず、財政に対する責任があいまいになる。国保の広域化はすべきでないと考えるが。
④国保法の改正で中学生以下には保険証交付が義務付けられたが
  新型インフルエンザ問題では高校生が救済外となった。感染の第2波に備え資格証明書交付世帯についての対応を問う。

2、新型インフルエンザによる経済損失対策、感染拡大防止について
①インフルエンザ対策の感染拡大防止について評価と問題点を問う。
②経済的損失と救済・損失補てんの対策について問う
・中小零細業者、商店街の冷え込みについての損失額は。
  無利子・無担保・無保証人の緊急融資制度の創設。
  既往融資の返済条件緩和など打撃を受けた分の救済を。
・介護施設で休業したことによって生まれた損失額は。
  損失補てんについて地域活性化・経済危機対策臨時交付金
  を充てることは出来ないか。  
・障害者施設の休業についても損失額について問う。
  介護施設と同様、損失補てんを。
③今後の医療体制を中心とした対策について問う。
④強毒性(弱毒性から強毒性への変異あるいは、行動計画で想定していた鳥インフルからの変異)など今後の新型インフルエンザについて見解を問う。

3、環境政策について
①ごみの減量について
・家庭系廃棄物の減量についての到達は
・事業系一般廃棄物の減量について取り組みと到達を問う。
②循環型社会の構築に向けた今後の取り組みについて問う。
・3R推進運動の普及。
・農業(地産地消)との連携などについて。
③温暖化防止に関する施策について
・省エネルギーの施策の推進による効果について問う。
・CO2削減目標について
・新エネルギーに関しては、太陽光発電が主になっているが、小水力エネルギー(ミニ水力、マイクロ水力、ピコ水力)の発電についての可能性を問う。
・緑化推進については後退しているが、今後の戦略について問う。

④普及啓発については、様々な努力がなされているがなお、温暖化対策推進の戦略について問う。
・3R推進センターでは基金による公共施設への太陽光発電の計画があるが、市民共同でその他自然エネルギーを導入した発電所についての見解は。
・電気、ガス、水道など光熱水費の削減の成果に対し報奨する
など、市民対象にしたメリットによって取り組みの参加を促すなどの方策についてはどう考えるか。
⑤自治体や市民レベルでの温暖化対策は注目を集め、その役割を果たすことが求められているが、国における温室効果ガス排出量は増加傾向に歯止めがかけられていない。抜本的に強化することが国に求められると考えるが見解を問う。
   
4、市立池田病院 改革プランについて問う
①市立池田病院については、急性期医療を担う中核病院としての市民の期待が高い。改革プランではまず経営効率が上げられているが、指標の達成は可能なのか。
②診療機能の専門センター化、コメディカルによるチーム医療とはどのような体制か。
③再編ネットワーク化については今後どのようなことが想定されるのか。
                                         以上



 最終本会議での一般質問は、25日と26日に行われますが、わが党議員団は26日になると思います。
傍聴にご参加下さい。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-22 13:33

池田民主商工会総会

2009年6月20日
 池田民主商工会の第49回総会に来賓として参加し、ご挨拶させていただきました。
b0049029_13561085.jpg
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-20 21:48
2009年6月19日
 新型インフルエンザ問題の3時間目(2時半~3時半)は国土交通省との交渉です。
 何で、国土交通省なのかと思っていましたら、対応者を見て初めてナットクです。
 観光庁観光産業課 観光産業高度化企画官 金信男(こん のぶお)氏。
 この人がユニークな方で、申し入れ・要望の場なのに思わず声を立てて笑ってしまいました。

 まず、宮本たけしさんだけにささやくように「私、観光産業高度化企画官をしております 金(こん)と申します。こんという字はですねカネと書きます。それで私ですね、カネをですね(はじめ持っているんですと聞こえたので、みんな耳をそばだてて集中したところ)カネはですね、あまり持っていないんです」(一同爆笑)
 「わたしは国土交通省の大臣のようにはお答えできませんのでですね・・・・・・」(アハハ)
 宮本たけしさんも呆れ顔。

b0049029_88442.gif

 大阪流のツッコミもなんにも無し






 すでに出している要望書は
 観光地や観光関連業界での新型インフルエンザ関連の経済の落ち込み、風評被害に対して早急に実態調査をして欲しいということ。
 観光関連業界に対する特別な支援措置。すなはち信用保証制度を指定業種拡大、融資条件の緩和、据え置き期間の延長、金利・保証料の減免などを求める。
 無利子、無担保、無保証人の緊急融資制度の創設。
 打撃を受けた観光地への緊急支援措置。緊急休業補償制度創設。
 旅行の中止などによるキャンセル料等についての特別措置。
 消費税や社会保険料の支払猶予措置などを求める。
 風評被害防止と被害に対する保証制度の創設。特別な集客支援を行なうようもとめる。などです。

 大体が午前中に交渉した経済産業省と要求もダブっているところもあり、国の方でも経済産業省と観光庁とが合同で施策を行なうなどもあって答弁も重なる部分が多々ありました。

 新たな情報としては
 18日には近畿知事会、広域振興機構、国内観光振興に関する連絡会議などの大キャラバン隊が上京してこられるので、観光地の冷え込みについてはそこで論議される。こともわかりましたが結局、経済産業省とあまり変わらない交渉結果になったように思います。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-19 02:02
2009年6月18日
 17日の新型インフルエンザ問題政府交渉、午後からは厚労省と国土交通省です。
 厚生労働省では介護、障害、保育等の社会福祉施設での損失等の被害救済についてが緊急申し入れの主なものでした。
 関西で集中的に起こった新型インフルエンザ感染ですが、そのことによって施設や市民に生じた損失の実態を地方自治体と協力して調査することが、秋には感染が拡大するかもわからない中で「今後に備える」ために必要ではないか。
 特に介護施設では施設によって対応がバラバラであったこと。通所がストップしたので訪問サービスなどの代替サービスも緊急対策として行なわれたが、まったくサービスの時間が少ないと利用者からの声がでている。
 障害者施設では報酬が障害者支援法により日割り計算となったため厳しい状況に追い込まれている。
 これこそ、減収分の補てんが必要ではないか。
 保育所休園による補てんと、仕事を休まざるを得なかった保護者が不利益を受けないように企業への指導を求める。という内容でした。

 厚労省
 雇用均等・児童家庭局 保育課の川岸係長からは、
 保育所運営費を休業中も補てんすることを決定した。保護者の保育料については、7日間閉所したとすると保育所開所日数が仮に25日とすれば、。(保育料は個々に違うので計算方法は異なってくるが)25分の7の保育料を免除する。また、企業に対しては、育児、介護等で休まざるを得なかった場合、休暇取得をするように「事業所団体」に申し入れた。

 老健局 老人保健課川瀬係員及び増田係員
 傷害保険福祉部 障害福祉課松永係長からは
 介護保険の場合、緊急時訪問介護加算がある。とか、障害者自立支援法の報酬計算について述べるなど、法の範囲を超えない答弁に終わりました。

 宮本たけし元参議院議員からは再度、
 障害者施設では本来休業を想定しない予算を立てているはず。予算に比して支出が減るはずだから、利用者負担分を除いた9割分は保証してほしいというのが申し入れの主旨だ。再度検討して欲しい。
 と要望しました。

 私のほうからは、新型インフルエンザの医療体制等について要望しました。
 池田市は地方自治体として先進的に「行動計画」策定や「実働訓練」も行なってきた。医師会や保健所、医療機関、行政の連携がしっかりしている。茨木の私立高校には56人が通学しているが、そこの生徒も含めて8人の感染者で抑えることができた。市民への周知徹底がすすんでいるからだと思うが、今後の感染状況を考えると問題点もでてきた。5点について要望する。
1、情報の収集と分析を速やかに行ない発信すること。自治体や企業、他の組織など国民全体の共有が必要。
2、発熱相談センターや発熱外来の数と質の確保。医療体制の強化をはかる必要がある。
  糖尿病患者や妊婦の発熱患者の専門の発熱外来が必要。
3、装備や手順などのウイルスの毒性に応じた指針の作成で医療機関が協力できる体制が必要。
4、パンデミック時の医療体制と財政支援。今回は医者や保健師、看護師の使命感に支えられた部分が大であった。国、府、市の役割分担の明確化と財政的支援を求める。
5、ワクチン接種に関して。秋以降の流行に備え優先順位と接種の方法、場所、期間、など計画の策定を早急に行なわれたい。マンパワーの不足は容易に予測できる。スタッフの体制整備を求める。
 などです。

b0049029_2010781.gif
 写真は要望する私(垣田)左から3人目です。






 今回は社会、経済における損失補てんを緊急に求める交渉でしたが、終了後わざわざ私のところまでお越しいただいて「医療関係の部局に必ず伝えます」と言っていただきました。

 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-18 10:58
2009年6月17日
 国会議員団近畿ブロック事務所による「新型インフルエンザ問題政府交渉」は、17日午前10時半に衆議院第2議員会館前に集合し、経済産業省(11時~12時)、厚生労働省(1時15分~2時15分)、国土交通省(2時30分~3時30分)という日程で行ないました。参加者は18名でした。交渉の概略経過を報告します。
 
 そのまえに
 私にとって「政府交渉よりも高いハードル」→→→【現地集合】

 私は、過去にくつぬぎタケ子さん、村上弘さん、菅野悦子さん(いずれも当時の国会議員)とその時々の課題で政府交渉に参加したことが何回かありますが、だいたいが新大阪駅集合でした。
 今回は現地(衆議院第2議員会館前)に集合ということですので、指定された場所へ時間通りに到着するかどうか、特に東京駅での乗換えがうまくいくか・・・かなり緊張しました。
 前日から娘も心配して東京で新幹線をでてから丸の内線への乗換えをことこまかく説明し、しかも東京駅の地図まで私の携帯に入れてくれるなど念入りな指導(?)。
 お蔭で迷わず到着することが出来ました。やれやれ


 経済産業省では
 新型インフルエンザの感染拡大に伴い経済活動を停止せざるを得なくなった中小業者、商店、商店街、介護施設などの損失補償、特別な支援措置などの要求とともに信用保証制度の拡充や無利子、無担保無保証人の緊急融資制度の創設を求めました。

b0049029_848546.gif








 申し入れ書はすでに提出済みでしたのでまず、
 経産省中小企業庁・餅田企画課長から回答がありました。
 経済産業省では中小企業3団体へ調査を行なった結果、新型インフルエンザ発生以降、修学旅行をはじめとした旅行のキャンセルが数多く発生し、関西における観光・集客サービス関連産業や地域商店街に大きな影響が出ていることを踏まえ、昨日新たな支援策を取りまとめ、「関西観光・集客サービス活性化支援パッケージ」について記者発表した。
 「地域経済を活性化するため、商店街が消費を刺激する取り組み支援」として商店街振興組合、商工会議所、商工会、事業協同組合、NPO法人、社会福祉法人等が行なう事業計画に3分の2の補助をする」内容。
 
 新型インフルで関西が特に打撃を受けていることは承知してもらえたようですが、参加者からは「冷え込んでいる商店街に3分の1の負担を求めるのはムリ」「むしろ損失補てんで救済を」というのが強い声でした。

 そして神戸、奈良、京都の観光地の更に詳しい実態と要望が述べられました。

 神戸の南京街、
 神戸牛のステーキ店では「安心宣言」をした後、6月に入っても発生前の3~4割しかひと(客)が戻ってこない。みやげ物店では食べ物店より更に悪い状況。緊急融資だけでは間に合わない。損失補償をしてもらいたい。
 奈良からは
 昨日、初感染者が確認された。(これまで感染者は出ていなかった)
 にもかかわらず、修学旅行の予約のキャンセルが相次いだ。ある旅館では10日間閉めた。修学旅行はキャンセルしてもまた時期をかえて来られるかもしれないが旅館の方では次の予約の関係でうまく受けられない。また、観光の裾野とも言うべき食材を扱う業者やみやげ物店でも売り上げが極端に減少している。
 法隆寺近くのアイセンターでは例年1400台のバスが駐車するが、700台にまで減っている。
 信貴山の旅館では2800人のキャンセル。約3000万円の損失が出ている。

 京都
 修学旅行のキャンセルで16億円の損害が出た(5月25日)
 錦市場では旅館への納入がパッタリなくなった。新京極でも半減。旅館、タクシー業界も深刻。
 保津川くだりでは5922人のキャンセルで歩合制の船頭さんの収入が激減。湯の花温泉では12000人のキャンセル。清水寺界隈は普段は渋滞する地域だが、全く人出がなかった。

 など等大阪、滋賀などからも実態が出され融資よりも損失補てんを求めました。
 数年前、京都で起こった鳥インフルエンザの時には損失補てんが行なわれたのですから、ましてや今回の事態は全国規模でおこっていることではなく関西という限定された地域で起こっているのですから実行すべきです。

b0049029_850459.gif

緊急対策の不充分な点を指摘する宮本たけし前参議院議員。





 厚生労働省交渉は次回に。
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-17 21:42
2009年6月17日
 新型インフルエンザ問題でこくた恵二衆議院議員とりつけによる政府交渉に参加することになりまして、本日日帰りで東京へ行ってきます。
 行く先は、経済産業省、厚生労働省、国土交通省です。
 
 新型インフルエンザ問題というと、まず感染防止対策ですが、今回の交渉の重点は社会・経済面での損失に対する対策についてです。
 政府もこの点では一定の対策を打っているようですが、なにせ近畿に集中的に被害がでているため、実態や要求にふさわしいものになるような経済対策が望まれます。
 第1波のごく限定された地域と弱毒性で感染者も少ない状態であっても様々な被害が出ているのですから、 この事態を今後の教訓にしなければなりません。

 テレビ等では専門家がでてきて「秋から冬にかけて第2波が来るだろう」、「ヒトーヒト感染を繰り返すうち強いウィルスに変化する可能性もある」とか、「さらに広範囲に感染拡大する可能性も」などと言われています。
 いずれにしても警戒を促すコメントばかりです。
 今の時期、しっかりと次の対策を立てることが大事だと思いますね。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-06-17 01:06