元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 2009年8月31日
 総選挙の結果は民主党の圧勝でした。
 自民・公明政権にたいする「NO」の非常におおきな風が起こりました。
 この「自・公政権ノー」の風は、根本的には長年続いた自民党政治が崩壊する過程で起こった風です。まさに政治的大変動です。
 これによって日本の政治にとっては前向きの第一歩が始まったと思います。
 
 マスコミ挙げておこなわれた「2大政党制」キャンペーンが、「政党選択」という形で有権者に「選挙公約」への強い関心を呼びおこしました。
 駅前宣伝では「マニフェスト下さい」と積極的に言って来られる場面が何回かありました。
 お茶の間でも、井戸端会議でも(もう井戸はないが・・・)選挙や政治が語られ、各政党の選挙公約を比較検討するという今までにない現象があちこちで起こりました。有権者の変化です。
 
 日本共産党は、生活がちっともよくならないことや医療費や教育費、税や保険料の負担が重すぎること。働かせられ方が異常だ。など等、その根源に「財界中心」「軍事同盟中心」の政治があるということを語り、さらに21世紀の日本の針路と「国民が主人公」の政治の実現を国民とともに探求するという姿勢で論戦を展開してきました。その点では有権者の関心やベクトルと同じ方向でしたので、かなりかみ合うものがありました。

 新しい政治のプロセスが今、始まったといえるでしょう。
 この新しい政治情勢のもとで、日本共産党の役割は重要になってきます。
 引き続き力をあわせてがんばります。

 選挙戦を振り返って
b0049029_1373284.gif

村上ひろみつ小選挙区候補の出発式






b0049029_1405238.gif

車から乗り出して支援者に手を振る村上弘允候補。






b0049029_1095092.gif

井口堂団地で訴え。






b0049029_10111743.gif
 
 
池田駅周辺で最後の訴え 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-31 22:08
2009年8月25日
 村上弘允個人演説会で応援演説をさせていただきました。
b0049029_1043215.gif


皆さんこんばんは。日本共産党池田市会議員団の垣田千恵子です。
本日は村上弘允個人演説会にお越しいただきまして有難うございます。


 総選挙、投票日をふくめてあと5日となりました。
今回の総選挙は、「財界中心」、「日米軍事同盟中心」という自民党政治の枠組みのままではもはや21世紀の日本の活路を示しえないという自民党政治の深刻な行き詰まりのもとでたたかわれる選挙です。
そして自民党政治が行き詰まったということは、この古い政治の根本的転換をいっかんして求め続けてきた日本共産党の文字どうりの出番の情勢、出番の時代が始まったということです。
こんなにやりがいのある、たたかいがいのある選挙はありません。
大きな歴史的視野で見れば、今度の選挙は自民・公明政権を終わりにさせ「国民が主人公」の民主的な新しい時代へと連なる最初の一大政治戦です。
 国民世論の流れは、「自公政権は退場せよ!」の声が圧倒的な流れとなっています。
皆さん! 必ず、国民の力で自公政権に「ノー」の審判を下し、歴史のページをめくろうではありませんか。
 日本の歴史の促進者の党・日本共産党を伸ばしていただいて、ともに日本の未来を切り開きましょう。文字通り「国民が主人公」の社会をつくって行こうではありませんか。
 どうぞ、比例代表では日本共産党へ、小選挙区では村上弘允へのご支持をひろげてくださいますように心からお願い申し上げます。

 さて、自民党政治の二つの政治悪ともうしましたが、自民・公明政治のなにが悪いかというと「財界中心」、「日米軍事同盟中心」という点にあります。
 国民の方を向いていないんです。
 労働者派遣法の改悪で、いつでも雇い止めが出来る派遣労働者の増大、年収200万円以下のワーキングプアが1200万人以上になっています。高齢者を差別する後期高齢者医療制度、重度の障害を持つ人ほど負担が重くなる障害者自立支援法、生活保護法の改正で老齢加算、母子加算の廃止など、自立の名のもとで、福祉が切り捨てられています。一方で大企業や大金持ち優遇の税制の改正、在日米軍への思いやり予算、基地移転費用の負担、無駄な公共事業など、すべて「財界中心」、「日米軍事同盟中心」という二つの政治悪が国民を苦しめています。

 いま、麻生自民党総裁はテレビの政権公約で、小泉構造改革のもとであまりにも格差が広がったことを謝罪し、これを是正するといっています。
しかし、この二つの政治悪である財界と日米軍事同盟にしがみついたままで日本の将来像を何も示すことができないでいます。財源問題で民主党を攻撃するばかりで、みずからは消費税増税以外に何の財源論ももっていません。
また、外交を語れず軍事的対応を叫ぶばかりです。政権党の資格を喪失した姿がそこにあります。

 しかし、同時にそれに代って誕生するであろう民主党中心の政権はどうでしょうか。残念ながら「財界中心」、「日米軍事同盟中心」という今の自民党政治の二つの政治悪から抜け出す立場をもっていません。
 なぜなら、企業団体献金、政党助成金で成り立っている政党だからです。
 政治の行き詰まりは、現状の民主党のままでは、根本的には解決されないと思います。

 民主党は、「脱官僚」をいいますが、その先のビジョンが見えません。
 日本農業を破壊に導く日米FTA(日米自由貿易協定)交渉促進などをマニフェストに掲げ、財源論を語れず、外交や平和の問題では口をつぐんでいるのが特徴です。子ども手当て月2万6千円、高速道路無料化など、公約はおいしすぎる。財源は足りなさ過ぎると誰もが思っているわけですから、結局その先には消費税の増税に頼ることになる。これが民主党の政策です。

 18,19日実施の朝日の世論調査では、政権交代後の日本の政治はよい方向に向かうかという問いに「よい方向に向かう」と答えた人が24%、「変わらないとおもう」が56%を占めたと報道しています。
政権後退願望は強いが、民主党の政策や政権運営への期待の反映とはいえないと見て朝日は「総選挙、関心高いが期待薄か」と書いています。


 昨日、公職についておられる方とお話しをする機会がありました。
「日本共産党はマニフェストで、働くルールをただし、正社員があたりまえの社会を作りますと書いてあるが、ぜひともこれを実行して欲しい」といわれました。
そして、かばんの中から日本共産党のマニフェストを出して来られたのですが、そこの「正社員があたりまえの社会を」のところにボールペンでアンダーラインを引いておられるのです。続いてだしてこられたのが選挙公報です。共産党の政策の部分を切り抜いてやはりボールペンで印をつけてある。聞きますと子供さんが非正規労働でずっと働いている。「年収200万円以下で、まさにワーキングプアです。このままではいつまでたっても自立できないし将来の生活設計も立てられない。親として心配」と言っておられました。

 また、朝駅頭で宣伝をしていましたら、女性の方が寄ってこられまして「公明党の大田代表の演説をテレビで見て腹が立った。『元祖子育て支援』『生活を守り抜く』といっていたが、よくもあんなことがいえるなあと思います。公明党が自民党政権に入って以来この10年間で福祉をズタズタにした」と、怒りをあらわにしておられました。
 池田市議会でも日本共産党議員団の提案する子どもの医療費助成制度に毎回反対するのは公明党です。
 私達はこのような声に応えていかなくてはならないと考えています。
 この点でみれば、日本共産党前進の国民的意義はいよいよ明瞭です。
 ルールある経済社会の実現に全力を尽くします。
 多くの有権者の皆さんの関心は、自公政権を退場させたあとに、どういう新しい政治をつくるかというところに移ってきました。
 自公政治に代わる新しい政治をどうするか。
 この課題に正面から答えているのが日本共産党であることは、政治論戦のなかから浮き彫りになっています。とくに2つの値打ちが鮮明です。

 一つは、日本の将来像を、国民の暮らしと権利を守る「ルールある経済社会」、憲法9条を生かした「自主・自立の平和外交」という2つの旗印と、それを具体化した政策によって、国民の前にはっきり提起していることです。
 もう一つは、総選挙後に、民主党中心の政権が生まれたもとでは「建設的野党」として行動するという立場です。
 日本共産党は新しい政権の元で、国民の要求にもとづき共同できるものは積極的に推進し、消費税の増税や憲法9条の改悪には体を張って反対します。責任ある「確かな野党」として全力で働いてまいります。国民主権の政治プロセスをさらに前にすすめるうえで、日本共産党の躍進こそが決定的であることが、いよいよ浮き彫りになっています。

 そこでみなさん。「確かな野党」が少数では仕事が出来ません。どうか皆さんのあと5日間、一人でも多くの方に、お知り合いに声をかけていただきますよう、同時に党員、後援会の皆さんのご奮闘を心からお願い申し上げます。
 選挙戦の様相は、激しく、厳しい、つばぜり合いですが、わが党の値打ちを広い有権者に浸透させきるならば、党が前進・躍進することは明らかです。
 全国どこでも比例代表は日本共産党と広げに広げていただきますようにお願いいたします。小選挙区では村上弘允へのご支持を重ねてお願い申し上げまして私の訴えといたします。
 どうぞ最後までよろしくお願いいたします
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-25 22:36
 2009年8月15日
 社会人落語初代日本一決定戦が行なわれました。
 北海道から九州沖縄まで362人が応募、そのなかから選ばれた150人が本日池田市内メインの5施設での予選会に臨まれました。
 一つの会場で30人の予選が行なわれ、選考により最終的に8人の方がアゼリアホールでの決勝戦に進出するということで、まさに池田市内は朝から落語、昼からも落語、夕方も落語の贅沢な一日となりました。
 

 各施設で行なわれた予選会にはいくことが出来なかったんですが、夕方、「初代日本一決定戦」が行なわれる市民文化会館アゼリアホールへいきました。
 
 ここで最終選考にあたるのは審査委員長の桂三枝師匠はじめ、作家の藤本義一さん、難波利三さん、桂春之輔師匠、倉田薫池田市長など豪華な顔ぶれの審査委員です。
 
b0049029_5412748.gif
 お祭り広場からの中継
 予選会の結果、8人が選抜される様子を実況。
 選ばれた8人は車で移動してアゼリアホールへ駆けつけてこられました。




b0049029_5463816.gif
 決勝戦、講座に上がる順番です。
 女性2人、外国(スリランカ)の方、僧侶など等多種多彩な方々です。
 演技の写真、録音は禁じられていますので撮れませんでした。




b0049029_5535650.gif
 最終審査の間、特別公演として、かつて宮川左近ショーで活躍した暁照夫さんの独演。
 三味線の演奏は見事なバチさばきを披露。





b0049029_5513969.gif
 8人の見事な演技の競演の後、初代日本一に選ばれたのは池田市在住の女性。
 2位はスリランカの方でした。

 藤本義一さんが講評している場面です。



 一人13分の時間制限がありましたが、時間内にうまくまとめられなくて、肝心の「さげ」に至らない人が何人か居ました。話に入る前にまくら(ちょっとした小話)を入れるのですが、これが長すぎて本題で尻切れトンボになってしまうケースです。2位、3位の方の場合も本題で「さげ」までいけませんでした。
 しかし、選考ではプロではないということも加味されたのでしょうか、それとも時間配分のまずさを上回る演技力が評価されたのか、時間内に収められなかったことは問題にならなかったようですね。
 強いて言うと、2位、3位の方は「まくら」でオリジナリティーがありました。もしかしたらこれも評価として大きかったのではないかと思います。プロでも「まくら」部分はそのときの観客の年齢層を念頭に置いたり、誰もがわかる時事ネタを盛り込んだりと工夫が要るところですから。
 ただ、ちょっと気になったのは3位の方の「まくら」で裁判員制度に絡んで、地方(裁判所)と痴呆をかけた表現です。ヘタすると、差別的な話にもなりかねません。ここら辺、考えすぎでしょうか。高齢者を嘲笑する話題は(実際介護する身としては)笑えませんでしたね。

 桂三枝師匠は「社会人としての人生経験が芸に生かされているか」を基準において選考することを以前から述べておられましたが、講評でも個別に具体的にアドバイスされていました。
 そういう点では「時うどん」を演じたスリランカから来られた二シャンタさんは三枝師匠の意向をよく理解して古典の演目を現代に引き寄せておられたと思います。
 また、藤本義一さんは、話の構成と言葉の訛りについてこれも具体的にこの部分が長すぎたとか、江戸っ子にしては完全な言い回しでないとか指摘されていました。
 はなしの起承転結の時間配分や、言葉についてかなり厳格な基準を持っておられるのだなあと思いましたね。

 最終選考に残った8人はいずれも甲乙つけがたい演技で僅差で優勝者を決定したとの講評でしたが、聴いていてまさにそのとおりだと思いました。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-15 22:11
 2009年8月11日
 市民の方から住宅供給公社の賃貸住宅について問い合わせがありましたので、
 池田市内の住宅供給公社の最新情報(09年8月11日現在)をお知らせします。

団地名  住所         最寄り駅 募集戸数  間取り  家賃(月額)

石 橋  豊島北2丁目5番  阪急石橋   2     2DK    33,200

石橋西 豊島北1丁目4番  阪急石橋    6     2DK    33,200

神田町 豊島北1丁目5番  阪急石橋    1      2DK    32,000

井口堂 井口堂2丁目9番  阪急石橋   1  2K+F・2K+N   35,700

井口堂B井口堂2丁目9番  阪急石橋   4  2K+F・2K+N   35,500

五月丘 五月丘3丁目1番  阪急池田  0      2K     38,300

現在、住宅供給公社の空き家募集は「先着順」です。

 上記の情報は8月11日午後1時のものですから、その後の申し込み状況によっては変動する可能性があります。詳しい問い合わせは住宅供給公社(06-6203-5454)へお問い合わせください。
 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-11 13:24

ひまわり満開

2009年8月8日
 上池田1丁目、辻が池公園北側の向かい側の歩道と車道の間に見事な花壇が登場。
 道行く人の目を楽しませてくれています。
b0049029_21355098.gif









 何ヶ月か前、近所の方から歩道と車道の間に植えてあった低木がすっかり枯れて、小さな空き地となってしまった場所に「花を植えたい」との申し入れがありました。
 早速池田市に問い合わせたところ、公道ですから市の方で花壇として活用しますとの返事。
 しかし、水遣りなどの管理を地元でして欲しいとのことでした。

 ほとんど毎日通る道なのに気づかずにいましたが、これほどりっぱなひまわりが咲くと突然花壇が現れたような錯覚を覚えます。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-08 21:36
2009年8月8日
 夫の高相祐一が覚せい剤所持の現行犯で逮捕されたことで、悲劇の妻として描かれていた女優の酒井法子が一転、本人も覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕状が出され、容疑者として捜索されている事件。
 一方で、矢田亜希子の夫押尾学もMDMA・合成麻薬とやらでこちらは麻薬取締法違反で逮捕。女性の死と係わっていることから捜査が続いている。(その後矢田亜希子は離婚を表明した)
 どちらも芸能界で広範囲に薬物が使用されていることをうかがわせる事件です。この二つの事件だけを見ると、押尾事件の方が人の死に直面してとった行動が問われる重大な事件のように思いますが、報道時間数だけを見ますと酒井法子容疑者追跡の陰に隠れています。

 しかしもっと重大なことは目前の総選挙が国民の、特に若い人たちの関心から遠ざけられていく作用が今回のマスコミ報道にはあると感じるのです。

 今度の選挙は、自民・公明政権を退場させ新しい政権が誕生する可能性が強い選挙です。
 そして、政権が単に変わるというだけでなく政治の中身をどうするのか、ここに多くの関心が高まってきつつあります。各政党がマニュフェストを出したばかりですが、その内容に国民のチェックが始まる。

 今回ほど、政党の政権構想やその財源に至るまで国民が関心を持つ選挙はないと思うのです。

 そういう点では「国民主権」・国民が自ら新しい政権を選び、「財源論」・国民が払った税金をどのように(どのような政策に)配分するか、社会保障とは、雇用とは、一人ひとりの国民の幸せに国家はどのようにかかわり生活を守っていくのか、など等誰もが考え始めているのです。

 私の記憶違いかもわかりませんが、浅香光代と、野村沙知代との仲たがいミッチー・サッチー騒動をマスコミ上げて連日報道したということがありました。あの時は当時野党であった公明党が自民党政権与党に入った。三浦和義容疑者のロス疑惑のときもそうでした(何かあったが忘れた)。
 
 今回の報道の過密ぶりも「なんかあるな」と思ってしまうのです。
 何か大きな力が働いているように思います。
 激動の時代の綱引きです。国民の関心がそこにひきつけられているのは事実です。
 権力者はなにを狙っているのでしょうか。

 しかし、かつてのように、経済が右肩上がりのときとは違います。
 有権者は変化しています。というよりは、トコトン痛めつけられています。
 その根源に政治があると誰もが感じています。
 
 日本の進路が問われる選挙です。

 私達も共産党の政策をしっかり訴え、真に国民が主人公たる所以を選挙で示していただけるように情報提供し支持を訴えたいと考えます。
 

 

 

 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-08 08:36
2009年8月7日
 きのうの広島の平和式典で麻生首相は「核兵器のない世界をもとめて日本政府は非核3原則を堅持する」とあいさつしながら、夕方の福岡での演説は「アメリカの核の傘に依存することが必要」だと演説をしています。
 ところが今朝の新聞を見ると、なんと広島市での記者会見で「核の傘」論を述べているのです。

 朝の平和記念式典での挨拶はどうなったのか。

 一方で世界に「核兵器を捨てよう」といいながら、同じ日に同じ広島で「核を持って攻撃しようという国が我々の隣にある。核を持って抑止する力を持っているアメリカと日本は同盟を結んでいる。アメリカの核の傘に依存することが必要だ」といっていたそうです。
 核の傘というのはいざという時に核兵器によって相手を攻撃するということですから、核廃絶と相容れないものです。
 
 究極の「二枚舌」です。
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-07 12:17
2009年8月6日
 原子爆弾が投下されてから64年目の夏です。

 原爆ドームの上空600メートルで炸裂した原爆で、その一瞬だけで約14万人が亡くなったといわれています。この1年間で亡くなった人は5635人、平和モニュメントの中には26万3945人の名簿があるそうです。

 広島市主催の平和記念式典がテレビで映し出されていました。
 遺族や被爆者など約5万人が参加。過去最多の世界59カ国の代表が出席。しかし、アメリカ代表は今年も参加しませんでした。

 原爆投下の8時15分、1分間の黙とう。

 秋葉忠利広島市長は、平和宣言で「核廃絶は次の世代への私たちの最低限の責任」と述べました。
 また、オバマ大統領のプラハでの演説に触れ、「核兵器廃絶は世界の大多数の声である。アメリカ大統領が耳を傾けたことは廃絶することにしか意味のない核兵器の位置づけを確固たるものにした。それに応えて私たちも活動する責任がある」とオバマジョリティーをと訴えました。
 また、来年のNPT(核不拡散条約)再検討会議で、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の採択を目指すことも紹介されました。

 世界は確実に「核兵器廃絶」にむかっているし、その大きな流れの中でオバマ演説が大きな影響を及ぼしていることを感じました。
 オバマ演説は世界の運動がそうさせたものだと思うのですが、さらにその演説をうけて「オバマ大統領をヒロシマへ招き実態を知ってもらおう」とか「ナガサキへ招こう」という署名活動が始まるなど、より大きな運動に発展していることを実感しました。


 原爆認定症をめぐる集団訴訟についても、原告と政府が合意し確認書をかわした件についても、原告以外の被爆者をどうするかという問題は残しながらも集団訴訟の解決という点では大きな前進です。
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-06 10:31
 2009年8月3日
 池田市新型インフルエンザ対策本部会議が久しぶりに開催されましたので、報告いたします。
 池田市内の感染者数は7月23日までは20名であったものが、7月24・25日で5名、27日~31日で13名の感染者が出たため合計38名になったそうです。

 7月14日以降は池田保健所における発熱相談センターは休止しています。発熱者については市内各医療機関で行うことになります。(感染の疑いがある場合は、いきなり医院に入らないでまず、電話で相談してください)
 7月24日以降は国の方針により患者数の全数把握は行いません。(府内、市内の感染者数についても発表しない)

 現在までの関連予算執行額は1052万3千円を予備費より支出。

 秋以降に想定される新・新型インフルエンザに対する対応はよく検証して第2波に備える。

という内容でした。

 こんなに暑さが続くのに、感染者があるとは予想外のことです。また、秋以降には第2波が予想されますが、それを「新・新型インフルエンザ」と呼ぶこともはじめて知りました。

 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-03 18:10

認知症予防学習会

 2009年8月2日
 医療生協池田支部の主催による「認知症学習会」に参加しました。

b0049029_0181017.gif

 講師は看護師でケアマネージャーの資格を持つ若松先生。





 認知症は大人になってから起こる認知障害のことです。1980年代までは主に精神科の領域とされて精神病棟に入院、1990年代は特別養護老人ホームで対応してきました。2000年ごろから認知症の研究がすすみました。直近の記憶(短期記憶)は弱いが、小さいときから経験してきた過去の記憶はしっかりある。要するに「昔取ったきねづか」は忘れていない。
 かつては認知症になると「本人は何もわからないから楽だ」といわれてきました。ところがそうではなく、本人は暮らしの中の不安やストレスと常に闘いながら、とても苦しんでいることが解ってきました。本人の混乱を防ぎ、認知症の進行を遅らせるためにも治療と、適切な介護が必要です。


 認知障害には言葉のやり取りがうまくいかない「失語」、見ているものがどういう意味を持つかわからない「失認」、時間や場所の見当がつかない「見当識障害」、ある一つの動作(道具を使うこと)が出来なくなる「失行」、手順を踏む作業が出来なくなる「実行機能障害」などがあり、高齢者の場合は記憶障害とともにいくつかの重複障害が起こります。

 多くは「病気」から起こり、「脳血管性痴呆」「アルツハイマー病」が主な原因疾患といわれています。

今は判定の方法や、くすりについても開発(進行を抑える)されてきていますから、早期受診・早期発見・治療が大事です。勇気を持ってかかりつけ医に相談して下さい。

 認知症と診断されたら、(ほかの病でもそうですが)だんだん出来なくなるので軽度のうちに自分の生き方の問題としてどのようなケアをして欲しいか整理しておくことが大事です。成年後見人制度の活用、外部サービス、介護支援センター、病院、社会福祉協議会、居宅介護支援事業所などを利用することをすすめます。

 もしも家族が認知症になったら、人間としての尊厳も人格も尊重した対応が大切です。
 (いくつかの例を引き出しながら説明) 肯定の介護といわれるが、「過去を肯定する」「現在を肯定する」ことが大事。


 とのことでした。

 とは言うものの家族を介護する側としては、しばしば落ち込むことがあるのも事実です。


 また、私自身の問題としては、介護やケア施設の助けをかりながら終末の人生をどのように生きるか、人生設計を立てることが必要だとの講義にほんとにそうだと思いましたね。
 そのためにも、どんな制度があるかを熟知し、現役の間にさらに制度を充実させることが必要です。

 そして、認知症にならない対策も必要ですね。原因がいまだ解明されていない病気だけに予防についても決定打はないようですが、頭をよく働かせて(いつまでも勉強)人とのコミュニケーションを大切に(よくしゃべる)積極的に社会とつながりを持つなどがいいのかもしれません。
 
 参加者からの質問や交流の特徴は、自らが認知症になるかもわからないという心配よりも家族や友人が認知症になった場合を想定した対処についての質問や発言がほとんどでした。

 誰も我がことと考えていない、というのはすごいことです。
 やはり、このような学習会に(どんな学習会にもですが)積極的に参加することが予防の条件を満たしている(かもしれない?)のだなあと感服しました。
 

 
[PR]
by chieko_kakita | 2009-08-02 21:00