元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2011年5月29日
 俳優の山本太郎さんのツイッター。27日付けです。
 「事務所辞めました!今日。これ以上迷惑かける訳いかないから。辞めるな、と社長、スタッフの皆さん何度も引き止めて下さった。最後には僕の我が儘を聞いて貰いました。13年もいたSISは真面目で正義感強く情に厚い事務所。もう関係ないから事務所への電話しないでね。他の役者に迷惑かかる」(原文通り)

 というものです。
 
 山本太郎さんは、福島県の福島第一原発で起こった原発事故のあと脱原発を主張。
 自身のツイッターで原発反対運動を続けてきました。
 子供が年20ミリシーベルトの放射線を浴びてもいいとする文科省の方針(もともとの基準の20倍ですから)を批判してきました。
 福島の子どもたちを疎開させるべく立ち上げられたプロジェクト「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」と行動をともにし、23日には文科省の前で、福島県の親たちとともに訴えたそうです。 

 今回、原発発言が問題となりドラマ出演がなくなったとツイッターで告白したことが波紋を呼び、事務所まで取材攻勢の電話が及んだことで、「これ以上迷惑をかけられない」と、事務所をやめたというのが事の真相です。

 私は、ワイドショーなどの芸能報道でこの問題を報道するかどうか意識的に視ていますが、私の知る限りではまったく報道されません。

 ここに、現在のマスコミの大きな問題点があります。
 チェリノブイリ事故以来、全世界では原発は廃炉の措置をとり減少にに向かっているにもかかわらず、世界の状況には触れず、安全神話をふりまき、CO2を出さないクリーンなエネルギーとしてもてはやして報道してきたのですから・・・原発問題はマスコミの責任も重大なんです。


 子どもたちへの20ミリシーベルト問題は
 27日、文科省の高木大臣は会見を開き「福島県の学校に通う子どもが受ける放射線量を年間1ミリシーベルト以下にすることを目指し、毎時1マイクロシーベルト以上の線量のある学校に対しては費用の支援もおこなう」と、発表しました。
 
「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表の中手聖一さんは、「本当に小さな小さな一歩ですが、皆さんの力が、国を動かしたと思っています」と、
「福島出身でもない山本さんが、わたしたちと一緒に声をあげてくれたことは本当に心強かった。わたしは彼に、勇気を出してくれてありがとう、と言いたいです」と語っています。


 子どもたちへの被爆の問題は、1ミリシーベルト以下にすると言ったといえども、このまま放置できない問題です。

 
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-29 12:18

乳歯を入れたペンダント

2011年5月25日
 乳歯がなかなか抜けないまま永久歯が内側に生えてきた8歳の孫。
 このまま自然に抜けるに任せておけば歯並びが悪くなります。
 歯医者さんで抜歯してもらうことになったためしぶしぶママにつれられていきましたが、上機嫌でかえってきました。
 「全然痛くなかった」そうで、おまけに抜いた歯を入れたペンダントをお医者さんからいただいたそうです。
 最近の歯医者さんではこんなサービスもするのかと驚きました。

b0049029_13522067.gif

 歯の形をしたペンダント






b0049029_13534913.gif

 カパッと開けたら中に抜いた歯が入っていました。
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-25 13:55
2011年5月21日
 今年の日本母親大会は7月30日(土)と31日(日)の両日、広島で行なわれます。
 1日目の全体会は、30日12時から広島県立総合体育館・グリーンアリーナで、記念講演があります。湯浅誠さん(反貧困ネットワーク事務局長)が「貧困なくし 人間らしく生きられる社会をつくる」と題して講演をします。
 さらに歌手クミコさんの特別参加があります。昨年の紅白で歌われた「INORI~祈り~」が歌われます。

 この企画を聞いただけでわくわくします。

 2日目は48の分科会が行なわれます。
 その内容は子ども・教育の問題、くらしの問題、権利の問題、女性の地位向上・男女平等、平和と民主主義の問題など女性に関するあらゆるテーマを網羅したものになっています。

 分科会の形式もいわゆる助言者を置いて話し合いをする形だけにとどまらず、シンポジウムや講座、原爆遺跡めぐりあり、平和遺産の見学会ありと多岐にわたっています。
 一番の目玉は吉永小百合さんの原爆詩の朗読です。

 年に一度、あらゆる分野の活動に係わる女性たちがそれぞれの運動の現状を持ち寄り、平和と民主主義を発展させるために次の運動方向について話し合い、申し合わせ、そしてまたそれぞれ持ち帰って一年間活動を展開する。
 今年で57回目になるのですが、母親大会ならではのこういった活動は、一見するとゆるやかですが、しかし長いスタンスでみると壮大な規模で行なわれてきたのですから日本の女性運動の粘り強さを感じます。
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-21 07:40

ビラの整理をしました

2011年5月19日
 これまでに発行したビラの整理をしました。
 
 最近では発行したビラのデータをパソコンの中でファイル化していますが、以前のペーパー類は捨てるに捨てられない状態でした。
 配布したビラの残りやサンプルはダンボール箱にどんどん入れていたので、ついに2箱になっていました。もうちょっとやそっとでは動かせない重さです。

 
 私がこれまでに発行したビラは3種類です。
 ひとつは、「垣田千恵子市政レポート」です。これは、初当選以来全戸に配布してきました。内容は、議員団が毎議会後に発行する「市議会報告」とは少し違って地域の皆さんに知ってほしい情報です。もちろん全戸ですから協力者がいないと配布できないものです。ほんとにいろんな方にご協力いただいてきました。

 もうひとつは、赤旗読者向けに赤旗日曜版に折り込んで配るものです。内容は市政レポートとは少し違ってより詳しく活動をお知らせしてきました。いわば、読者へのサービスです。
 これは「こんにちは垣田千恵子です」「読者だより」「さつきの風」「垣田ちえこ日記」などと名前が次々変わっています。

 みっつめは後援会ニュースです。これは28年間「ふきのとう」という名前です。
 最近では編集委員会が開かれて毎月発行となり、私は依頼を受けた原稿を書くだけになっていますが、編集委員会が出来るまではかかわってきました。

 この3種類のビラ以外に議員団が発行する「議会報告」が混じっていたり、その他市政報告会やシンポジウムの案内ビラやらがありまして分類するだけで1日半、あとファイルするのに1日半かかりました。長年の懸案事項が解決しました。


b0049029_1764275.jpg
 美しくファイルできました。
 もうこれ以上
 家の中からビラが出てきませんように。(笑)






b0049029_1771583.jpg
 再利用できる紙ごみの山。
ダンボールの中のほとんどがこれ。
 ごみを長年保存していたことに・・・・・・。

 
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-19 16:57
2011年5月12日
 垣田千恵子のホームページのトップを変えました。
 どうしても長年連れ添ったバイクのイラストは手放しがたく今回も使うことにしました。
 それで、かなりお絵かき風になってしまいましたが、これから順次改良を加えていくことにします。
 考えてみると、ホームページのトップに自分の顔写真を出してまるでポスターのようにしているのは政治家ぐらいでしょう。わたしも長年何の疑問も持たずにそうしてきました。
 今回、顔写真なしで考えてみるとなかなか構図が難しい。
 結局、たいした改良も出来ずにとりあえずのトップページになってしまいました(笑)。
 
 
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-12 22:36

NHKの「Bizスポ」

2010年5月10日
 NHKはウィークデイの11時台に「Bizスポ」という経済&スポーツ情報番組をやっています。
 これまでは忙しいこともあって、どうしてもこの時間帯にしかテレビを見ることが出来なかったのでよく見ていました。私には、「この番組は、なんで経済とスポーツが合体して報道されるのか」という疑問がずっとありました。最近になってNHKの「Bizスポ」のサイトをみると
 「海外マーケットを現地の専門家がリアルタイムで分析。気になるスポーツの結果とともに、働き盛り世代がその日のうちに知っておきたい情報を25分でコンパクトにお伝えします」とあります。

 働き盛り世代には経済の動きとともに、スポーツ情報が不可欠なのかぁと初めて理解した次第。

 それにしてもその中での経済キャスターのコメントは絶えずTPP推進の発言でした。大震災以後は震災後の経済の動きにシフトしていますが、去年の11月ごろから今年にかけては日本が乗り遅れてはいけないと煽るような発言が相つぎました。およそ公平な発言とはかけ離れたもので、公共の電波を使っての視聴者誘導という点では不快なものでした。

 NHKが働き盛り世代に向けて力を入れている番組となれば、さらに問題ですよね。
 一部で政府の広報機関といわれる所以ですね。

 「Bizスポ」に関連してもうひとつ
 最近、私のツイッターホームにnhk_HORIJUN堀潤なる人の熱いつぶやきがしばしば登場します。(わたしがいつのまにかフォローしていたんですね)
 どこかで見たことあるような・・・と、思いつつさらにリツィートまでしていましたが、このかたはなんと「Bizスポ」のアナウンサーです。毎日の報道で伝えきれない部分をツイッターで表現しているのでしょう。大震災に関するものが多いのですが、共感できます。

 というわけで、今後は番組全体の方向性をチエックすると同時に、個人の思いはどういったところにあるのかを同時に見ていくという、私流「Bizスポ」視聴をしていきたいと思います。
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-10 08:24
2011年5月5日
 ユッケの生肉にO-111、死者は4人になったと、さきほど報道がありました。
 
 実は先日この事件の最初のニュースが出る少し前、家族全員で焼肉店にいました。
 一番下の孫も焼肉を食べられるようになったので、「全員でお店へ来ることができるようになったねェ」などといいながら皆すごい食べっぷりでした。
 事件のことなどつゆ知らずです。
 〆にユッケという声もあったのですが、各々冷麺やビビンバなどで終了し帰宅したのです。
 ・・・…あぶないあぶない!

 もっとも例のお店ではなかったけれど。
 
 焼肉は火を通すからといえども、生肉を網に載せるためにつかんだ箸で、焼けた肉を子どものとり皿にとってやるなどということも避けたいものです。
 それと、しっかりと下処理をするお店、信頼できるお店を選びたいものです。
 
 お肉に限らず生ものは小さい子どもには食べさせられません。


 
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-05 10:50
2011年5月3日
 市議会改選後の会派届けで、自民同友会から2人離脱。民主市民連合からも2人離脱。この4人が新たに「市民クラブ」という会派を結成したとのこと。
 自民と民主の間には垣根がないようで、離合集散ぶりにはあきれるばかりです。

 また、孤軍奮闘を売り物にしているN議員は新人の2人をふくめ新会派を結成。
 
 これで、池田市議会は6会派となるもよう。
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-03 05:55
2011年5月3日
 池田市財政、基金合計は約50億円。2010年度の決算は約10億円の黒字見込み。経常収支比率は95%程度になるというなら、もう財政難とはいえないです。

 早急に小中学校や公共施設の耐震化をやるべきです。

 また、市長が「五月山景観保全条例の強化」を表明したとか・・・?
 環境対策からも防災対策の面からもこれ以上の墓地開発はストップさせねばなりません。
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-03 05:41
2011年5月3日
 石田徹・前資源エネルギー庁長官。今年1月に東電の顧問に就任したばかりでしたが、福島第1原発の事故がキッカケとなり、経産省から電力会社への天下りについて国民の厳しい批判にさらされ4月に退任した人物です。

 電力会社と監督官庁である経済産業省との緊密な関係は原子力発電所の安全基準のチェックを甘くさせるなど、原子力行政の弊害となっていることは誰の目にも明らかです。

 昨日、経済産業省は電力会社への経産省からの天下りが過去50年間で68人あったことを発表。 内訳は、北海道電力5人、東北電力7人、東京電力5人、北陸電力6人、中部電力5人、関西電力8人、中国電力3人、四国電力4人、九州電力7人、沖縄電力4人、日本原子力発電8人、電源開発6人。このうち中国電力をのぞく11社で各1~2人の経産省OB合計13人が現在も顧問や役員などの肩書で勤務しているそうです。

 電力会社が政界対策に熱心な姿がここに現れています。

 あわせてもうひとつ、異常なほど熱心なのがマスコミ対策です。

 「記者仲間の内輪の飲み会でもなぜか電力の広報担当がよく参加している」とか。東京電力の年間広告宣伝費は業界トップ。大震災発生時に東電の社長はマスコミ関係者らを引き連れて中国旅行中だったなど、究極のマスコミ対策です。
 東日本大震災発生直後からテレビなどの企業広告自粛の穴埋めとしてACジャパン(旧公共広告機構)の広告が流されたのは記憶に新しいところです。
「いいこと言っているけれど、何度も繰り返し放送されるとうんざり」といわれたあの会社です。
 この会社の役員74人中、電力会社幹部が8人いるそうです。
 福島第1原発事故にたいする大手メディアの追及の生ぬるさを感じるのは私だけではないでしょう。
 こういうときにマスコミ対策費が効いてきているのでしょうか。
[PR]
by chieko_kakita | 2011-05-03 03:56