元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

明日から市会議員選挙

2011年4月16日
 いよいよいっせい地方選挙後半戦が始まります。
大震災と津波による被害に加え、原発事故の被害が加わり、多くの方が胸を痛めておられる中での選挙です。
 復興支援と被災者救援、池田で「いのち・暮らしを守る福祉・防災のまちへ」というのが有権者の関心にこたえることになると思います。

 テレビのニュースで17歳の少女が、8人家族で1人だけ生き残ったと報道されていました。その彼女が笑顔で生きていきたいと、決意を述べていました。これを見た人がテレビの前で声を出して泣いたと語ってくれました。
 被災者の一人ひとりにこのような悲しい、辛い状況が重くのしかかっているのです。
 一刻も早くせめて人間らしい生活を取り戻せるように政治の責任で解決をしていかなければなりません。
 この大災害を乗り越える過程で誰もが安心して暮らせる新しい日本を築いていくためにはいま、何が必要で、何が無駄なのか考えていくことがこの選挙で問われているのだと強く思います。


 池田市政においては、
 1つめは、被災者支援と復興に全力を挙げるとともに、安全優先の原子力行政を国に求めることです。
 大震災の被災者救援と原発事故の危機収束は今後、長期にわたってその根本的解決が迫られる国民的な大問題となってきました。この2つの大問題を政治的立場の違いを超えて国民みんなが、総力を挙げて取り組む必要があると考えます。
 特に原発問題は日をおうごとに事態が深刻となり、12日には原子力安全保安院は「レベル7」との暫定評価をしました。
 解決に当たっては、何の根拠もない安全神話からぬけだすことが何よりも大事です。そのうえで万全の安全体制をとること。放射能汚染のデータの公表と、正確な情報を国民に公開すること。被害に対して全面的賠償をするなど課題は山積しています。
 私は、原子力行政と、エネルギー政策への抜本的転換を国にもとめます。

 2つめには、この池田における防災対策の強化と、安全・安心のまちづくりです。
 防災対策を強化するうえで特に地震対策については東南海・南海地震、東海地震の連動を想定した計画に改めることがもとめられます。
 現在の池田市では、東南海・南海地震、東海地震の連動が起こったとしても、池田市には及ばないだろうということで、それは想定されていません。
 しかし、今回の東日本大震災を見るとき、想定外をも想定しなければならないということが教訓としてあります。
 日本共産党池田市議団はもう何年も前から地震対策は東南海・南海地震、東海地震の連動を想定した計画に改めることを要望して来たところですが、東日本大震災が起こった4日後の3月15日に、市長に対して改めて要望書を提出しました。
 そのうえで、子供たちが1日の大半を過ごし、災害時の避難場所となる公立の小・中学校の校舎や体育館の耐震化は緊急に必要です。
 池田市の場合公立小・中学校の耐震化率は全体の40%と、大阪府内でも最下位に近く大変遅れた状態にあります。早急に校舎の耐震化が求められるのです。
 危険箇所の総点検を行ない、土砂崩れを防ぐ観点からも市民の宝・五月山の緑を守り墓地開発ストップさせること、市民のいのちと財産を護る防災対策を進めて行くことが大事です。

 3つめには、池田を福祉・医療・暮らし最優先へ転換することです。
 今日の日本社会の行き詰まりは小泉構造改革から始まる社会保障費、毎年2200億円の切捨てと、規制緩和でリストラと大量の非正規雇用をうみだした点にあります。
 池田市政はこれに追随し「みなおし97」に始まるさまざまな行財政改革を行い、国保料の毎年値上げ、公立幼稚園の統廃合、保育所の民営化など福祉が切り捨てられてきました。
 この流れを続けるならば地域経済の閉塞状況の下で市民生活をいっそう深刻な事態に追いやると考えます。いのち・くらしをまもり福祉・医療・暮らし最優先の街をつくることがもとめられます。
 そのためには 国保料、介護保険料の値下げ。
 子供の医療費を中学校卒業まで無料にするなど市民の生活を支援することが必要です。

 また、雇用を創出し、中小業者への仕事起こしともなるリフォーム助成制度の創設も大事です。

 私はこれまでにも 辻が池公園と夫婦池を結ぶ貯留管の設置、上池田・城南地域の浸水被害対策として雨水排水対策など水害のない街づくりを進めてきました。
 鉢塚地域からの強い要望を受け、2年前には阪急バスの新路線が開設されました。
 五月丘小学校体育館の建替え、五月丘団地・緑ヶ丘団地の建替えに伴う市営住宅の建設。豊能町との合併案を廃案にしたときもいずれも市民のみなさんの運動と議会活動が実ったものです。
 園芸高校移転問題、団地の建替え、水害など重要な問題がおこったときには、いち早く情報をお知らせし、アンケートやシンポジウムなどで市民の声を聞き、知恵を集めて政策化し、市民要求実現へと働いてきました。

 市民の皆さんとの共同でいのち・くらしを守る福祉・防災のまちづくりへといっそう頑張る決意です。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-16 23:55

地震発生の予測について

2011年4月15日
 巨大地震から人命を守るための地震予知の課題、そして、我々が持つべき正しい危機感と心構え
東大地震研究所地震予知研究センター長 佐藤比呂志教授に聞くという特別レポートは必見です。

 http://diamond.jp/articles/-/11513

 これまで多くの研究者たちが発生の可能性を示唆していたのは東海・東南海、南海での巨大地震であった。しかし、今回はその想定とは異なる東北地方で、不意打ちのように世界最大級の地震が襲った。
 地震の発生の予測と現代の地震予知の課題、そして今後も発生が懸念される巨大地震への準備と心構えについて述べられています。

 
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-15 06:22
2011年4月13日
 17日から市長・市会議員選挙が始まります。したがってホームページ、ブログ、ツイッターなどNET関係での発信はしばらくお休みになります。
 そこで、最近市民の方からのご要求で実現したものの中から、まだご報告をしていないもの2件まとめて発信します。
 
 緑ヶ丘地域の歩道わきに転落防護の柵というかフェンスが新設されました。
 この歩道の約3~5メートル下に畑があります。
 これまでにもフェンスはあったのですが、かなり古いものでした。
 その上、畑へ下る道にはフェンスがなく、開放された部分の歩道からの転落事故があると高低差が大きいだけにとても危険でした。
 市の道路課では、市民の声を受けて畑の地主さんとも協議の上このたびの新設となったものです。

b0049029_9213749.jpg

 このフェンスの向こうの端が畑へ降りる開放部分。
 以前よりやや狭くなっています。




 もうひとつは上池田地域の防災倉庫
 上池田地域にも自主防災組織が出来ましたが、緊急のときに必要な道具類を保管する防災倉庫の設置場所に苦慮しておられました。
 地元からの要望は倉庫の設置場所の確保でした。
 このほど、市の協力もあり地域の中心部に建設することが出来ました。
 その後、東日本大震災がおこりました。
 これで万全とはいえませんが、今後の地域防災の発展の拠点になるとは思います。
b0049029_9352340.jpg
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-13 22:57
2011年4月12日
 垣田千恵子のホームページのプロフィール欄に池田民主新報が発行した通称「かきた千恵子の人柄パンフ」2011年版の内容を追加しました。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-12 21:07
2011年4月11日
 ロックシンガーの斉藤和義の「ずっと好きだった」と「ずっとウソだった」8日のライブ配信をYouTubeで見ました。
 途中、アクセス数が上がりすぎて、配信が出来なくなったようで、しばらく休憩してからまた、演奏が始まるという状態でした。

 これは、斉藤和義の「ずっと好きだった」という曲から始まります。
 同窓会で以前好きだった子が、今も綺麗だ。
 ずっと好きだった。という告白の歌です。
 それが終わると続いて、即興の替え歌で「ずっとウソだった」に変わります。
 
  原子力は安全だといっていたがずっとウソだったんだぜ。
 
  原発54基、教科書でもCMでも安全だといってオレたちをだまして、

  言い訳は想定外、

  ほうれん草が食いたい、

  気付いていたろう・・この事態

 など、痛烈な原発批判。

 
 鋭い福島原発への批判精神.

 ロックミュージック&素晴らしい演奏テクニックです。

 
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-12 00:17

統一地方選挙前半戦

2011年4月11日
 統一地方選挙の前半戦が終わりましたが日本共産党にとってはかなり厳しい結果でした。
 そんな中で、お隣豊中市の府会で堀田文一さんが当選を果たされたことは嬉しい限りです。
 また、大阪府後期高齢者医療保険広域連合議会でご一緒させていただいた大阪市会の北山良三さんも当選されました。
 良かったです。
 お疲れ様でした。

 全体としては自民党が巻き返しというか復調傾向です。しかし、多くの支持なし層が既成政党へ矛先を向けていることが地域政党の得票増につながったのではないかと思います。

 池田市では定数1のところ、民主党の現職が維新の会の新人に僅差で敗れるという思いもかけない結果になりました。
 維新の会は府議会と大阪市議会で多数となりましたが、今後の地方政治がどのように変遷していくのか冷静に見ていく必要があると思います。
 実際維新の会・橋下知事のこれまでの言動を見る限り、関西財界の意向に沿ったものであると思いますし大阪都構想が一体市民生活にとってどんな良いことがあるのか分かりません。
 池田でも選挙中、具体性のない言葉ばかりが並べられてどうしたいかが語られなかった。

 こういう勢いって恐いですよね。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-11 05:09
2011年4月9日
 子どもたちが1日の大半を過ごし、緊急災害時の避難場所となる公立小・中学校の校舎や体育館の耐震化は緊急の課題です。災害から住民の命と健康、財産を守ることは国や自治体の責任です。
 
 文部科学省のまとめによると、2010年4月1日時点で全国の公立小・中学校の耐震化率は73・3%。一方で大阪府内公立小・中学校施設の耐震化率は67%にとどまっており、対策の遅れが浮き彫りになっています。
その遅れた大阪の中でも池田市の公立小・中学校の耐震化率はさらに低いのです。
池田市内の学校施設の棟数は64棟ありますが、耐震化工事が行なわれていない棟数は47あります。耐震化済みの棟数は17で26・6%、(2010年4月現在)これは、大阪府下43市町村のうち40番目に低い率です


市内小・中学校の耐震化の現状は、

すでに耐震化工事が済んでいる学校で校舎部分だけを見ますと
  五月丘小、伏尾台小、渋谷中、細河中の4校です。

学校校舎で耐震化工事が出来ていないところは、
  細河小、秦野小、北豊島小、石橋小、石橋南小、緑ヶ丘小、神田小、北豊島中、石橋中です。

  池田小、呉服小、池田中の3校も耐震化は未実施ですが今年度に工事が行なわれます。

学校の体育館で耐震化工事が済みは、
  池田小、細河小、秦野小、北豊島小、呉服小、五月丘小、石橋南小、緑ヶ丘小、神田小、伏尾台小、渋谷中、細河中です。

学校の体育館で耐震化未実施は、
  石橋小、池田中、北豊島中、石橋中ですが池田中学校は今年予算がつき平成24年度には完成予定です。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-09 17:49
2011年4月8日
 東日本大震災と大津波からもうすぐ1ヶ月という4月7日、震度6強の余震がおこり被災地に追い討ちをかけるようなことになりました。 
 震度6という強い揺れは、もう余震などというものではないでしょう。
 こんな地震が1回あっただけでも、すごい恐怖です。
 ところが、3月11日以来余震はもう700回以上起こっているというのですから、生活再建の心配も含めてすごいストレスだと思います。

 いまは、何をおいても大震災の救援・復興に全てを傾注すべき時ですが、改めて池田市における地震対策についてみるとき、想定外の事態にも対応できる防災計画が必要と考えます。

 池田市では「池田市地域防画」が必要に応じて改定・強化され、「地震防災緊急事業5カ年計画」により耐震施設の計画やインフラ整備についても推進がはかられています。また自主防災組織は全小学校区に組織され、定期的に訓練がおこなわれています。
 このように一定の防災対策が講じられていますが、東日本大震災は「想定を超える事態」であったといわれています。
 市民のいのちと財産を守るのは自治体の仕事です。想定外をも想定した防災計画の見直しが必要ではないでしょうか


 以前のブログにも掲載しましたが、日本共産党池田市会議員団は3月15日、市長に対し「池田市における東南海・南海地震、東海地震の連動を想定した地震対策の強化と備蓄に関する要望書」を提出しました。その主旨は

◎地震防災計画は、東南海・南海地震、東海地震などの連動を想定した計画に見直しを図る。

◎学校や公共施設の耐震診断を早急に行い、耐震化工事を行う。安全な避難場所の確保、避難路の整備をはかる。

◎耐震性地下貯水槽の増設すること。
 
◎備蓄品の補充強化をもとめる。 

◎災害対策を無視した開発行為の規制。などです。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-08 05:33
2011年4月6日
 大震災と大津波によって大量の放射能が漏れ出す重大事故を引き起こした福島第1原子力発電所。原発問題は「このままでいいのか」という不安が国民の中に広がっています。

 同時にこの問題で、日本共産党が35年も前から国会や当該の県議会等で「原発の危険」を提起し続けてきたことは、いまや多くの方々に知られるところとなっています。

 日本共産党の志位委員長が、3月31日菅首相と会談し「被災者支援・復興と原発事故問題について要請」しましたが、そのなかで「原子力行政を安全優先に切り替えることや福島原発事故の危機をどう打開するか」という点にも言及しています。
 これが赤旗4月号外になっています。
 大変分かりやすく、ストンと胸に落ちる提言となっていますので、是非お読みいただきたいと思います。いまなら、赤旗日刊紙4月5日付の16面を見ていただくか、日本共産党のHPでご覧いただくことが出来ます。
 要約しますと

福島原発事故の危機を打開するためには

なによりも情報を全面的に開示すべき。
 正確な情報によってこそ、内外の専門家、技術者の知恵と力の総結集をはかることが出来る。
 速やかに分かりやすく知らされてこそ、国民も冷静な判断が出来る。

原子力行政・エネルギー政策の転換については
「安全神話」からきっぱり抜け出すこと。
 原子力の危険性を国民に率直に語り、万全の安全体制をとる科学的な原子力行政に転換する。

14基もの新増設計画は中止すべき。
 東海地震の想定域に作られた浜岡原発は即時停止に。
 全国に54基ある原発の総点検と新たな安全基準を作ること。

原発安全のための独立した規制機関をつくる。
 原子力安全・保安院は原発推進の経済産業省の1部門にすぎない。独立した強力な権限と体制を持つ規制機関をつくる必要がある。

自然エネルギーへの計画的転換を。
 長期的視野で原発頼みから抜け出すことを決断すべき。


国民みんなが「大量生産・大量消費・大量廃棄」の浪費社会の在り方を見直すときではないでしょうか。
 
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-06 07:25
2011年4月5日
東日本大震災の4日後の3月15日、日本共産党池田市会議員団は市長に対して市の震災対策の強化を申し入れたましたが、防災対策のひとつ水害対策については、過去の集中豪雨被害を教訓に市民の運動もあって、雨水整備対策が順次進められているところです。

 平成6年9月6日、池田市を襲った集中豪雨は、時間最大雨量130ミリ、総降雨量は21時から深夜2時までの5時間で293ミリを記録し、市域全体で床上浸水624戸、床下浸水1850戸という被害をもたらし、特に城南、神田、天神、北豊島地区では、多くの被害が出ました。
 上池田、城南地域の一般家屋の被害状況は特にひどく、市役所や郵便局なども大きな被害がありました。

 池田市は9・6集中豪雨を「四百年に一度の大雨だった」と発表しました。
 ところがその3年後、平成9年7月には時間降雨72ミリの大雨により床上浸水5戸、床下浸水40戸の被害が発生、同年8月には時間降雨84ミリの大雨がまたしても池田市街を襲い床上浸水54戸、床下浸水172戸という被害をもたらしました。このとき池田市は「二百年に一度の大雨」「二百五十年に一度の大雨」と発表したのです。

 市民からは「なぜ三年間に四百年、二百年、二百五十年に一度という大雨が降るのか」という疑問の声が出ました。

このとき日本共産党と私(垣田)は「大雨はなくせないが災害は無くせるはずと、専門家や池田市下水道部長、被災地域の町会長をはじめ市民みんなに呼びかけて「水害のないまちづくりを考えるシンポジウム」を開いたのです。

 こうした市民運動から池田市では 総額170億円の雨水整備基本計画を発表。現在まで順次雨水整備が計られているところです。

 これまでの雨水整備の主なものは、江原川の河川改修工事、池田小学校・池田中学校の校庭雨水貯留、八王子川雨水増補幹線(辻が池公園から夫婦池までの貯留菅埋設)、石橋第1増補幹線など(総額約81億円)が実施されてきました。

 城南地域では八王子川雨水増補幹線に枝菅を接続埋設する工事も終了しました。
 この地域では時間降雨50ミリに対応する雨水整備は一応出来たわけです。
 今後はさらに池田中学校区で同様の面整備が行なわれます。 
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-05 07:54