元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2011年4月1日
 衆議院本会議で現行の子ども手当法を9月まで延長するつなぎ法案が可決されました。
 つなぎ法案は月1万3千円支給の現行法を6ヶ月延長します。
 3歳未満の子どもへの月7千円増額はありません。

 賛成したのは日本共産党、民主、社民、国民新党。
 反対したのは自民、公明、みんなの党。

 日本共産党が賛成した理由は、
 つなぎ法案が成立しないと、子育て世代に大きな打撃を与えます。それを避けるためです。
 
 現行の子ども手当て法は3月末で期限が切れます。これに変わる法律が出来ないと4月から子ども手当てはなくなり、児童手当に戻ります。もとの児童手当に戻れば、中学生以上の子どもに対して支給されず、支給額も3歳以上~小学生は月5千円(第1子、第2子)と子ども手当てより少額です。

 さらに問題なのが、民主党が年少扶養控除(16歳未満)を廃止したため、今年の1月から所得税が増税されています。そして来年の6月からは住民税も増税となります。
 そうなると東日本大震災で被災した多くの子育て世帯にも大きな打撃となります。
 

 既に支給されている額で暮らしを補い子育てを考えている国民に混乱をもたらすことになり、つなぎ法案という今回の措置はやむを得ないと考えます。



 もともと、子ども手当は昨年も今年も1年限りの法案です。ここに問題があります。
 日本の子育てに関する予算は、諸外国に比べて極端に低く、子どもの貧困が深刻です。
 しかし、現金給付だけが突出するのではなく、保育や子どもの医療費無料化などの総合的な子育てサービスと車の両輪ですすめるべきです。
 こういう立場から修正案を準備していましたが、2月24日以来全く議論がなかったのです。
 修正案の内容は、金額の上乗せ分は、保育所などの基盤整備にまわすこと、当面1万3000円の手当で恒久的な制度にすること、保育料や給食費などの天引きはしないことなどです。

 以上の経過から、子ども手当つなぎ法案には賛成をしました。
         
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-04-01 12:38

明日、府会議員選挙告示

2011年3月31日
 明日から府会議員選挙が始まります。
 8時ごろ、「鉢塚に住むKと言うものです。私、体の調子が悪いもので期日前投票をしたいと思っています。いつも共産党を支持していますが、共産党の候補者の名前はなんと言う方ですか?」との電話をいただきました。
 
 本当に申し訳ありません。今回池田では日本共産党は候補者を立てることが出来なかったんです。
 
 大震災という国難のもとで、いまほど政党の真価が試される時はありません。
 しかも政治に大きな変化を起こしうる客観的条件が生まれている中、候補者を出せなかったことは痛恨の極みです。

 つらい、悔しい思いでいっぱいです。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-31 23:16
2011年3月31日
 東日本大震災で被災した千葉県浦安市が「災害復旧の最中で適正な選挙ができない」と主張して、千葉県と統一選挙をめぐって対立している事態が起きているそうですね。
 昨夜は、やや疲れ気味で早い目に就寝。ツイッターの大半が浦安市の選挙のつぶやきだったのを朝になって知りました。

 浦安市では市の4分の3を占める埋め立て地域で液状化が起き、約4千世帯で水道が断水し、約9千世帯で下水道が使えない。地盤が沈下して多くの家屋が傾き、市外に避難した住民もいる。
 松崎秀樹市長は「安全な投・開票所が確保できず、有権者も冷静な投票行動を取れる状態にない」と主張。統一地方選を延期する臨時特例法の対象とし、最低2カ月は延期するよう総務省や県選管に求めたけれど、総務省と千葉県は、浦安市を延期の対象としなかったと言うのです。


 浦安市では「市内31カ所の投票所のうち19カ所が使用困難。職員の配置も十分できない」と4月1日から始まる県議選、県議選や市議選のポスター掲示場の設置はできず野積み状態。有権者約12万7600人分の投票所入場整理券の発送もされていないそうです。

 このまま告示した場合、立候補の届け出を県選管が受け付け、候補者が選挙運動をすることは可能だけれど、市選管が公職選挙法上の受託事務である投票や開票事務をしないと、当選者が決められない。産経新聞などは「立候補は出来るが投票はない」と報道しています。



 
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-31 06:12
2011年3月31日
 おはようございます。明日から府会議員選挙です。

 私の今日の日程は、またしても小さな集まりにお招きいただいています。
 「モーニングを食べながら池田市政を語ろう!」です。楽しみです。

 いくつか資料を用意しましたが、私のレジメをそっちのけにして盛り上がることになるかも分かりません。
 日本共産党への辛口意見も出るでしょう。
 
 でもそれがいいんです。
 
 市民の皆さんの関心がどこにあるのか知りたいですし多分一致点もあるでしょう。

 いろんな意見をお聞きして、私たちの政策や活動に活かしていきたいですね。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-31 05:30
2011年3月29日
 おはようございます。今朝7時から8時まで池田駅前(Nビルからの通路)で救援募金と市政・府政をチェンジするためには何が必要かを訴えました。
 これから午前中会議、午後は相談2件あります。

 今日の赤旗13面には、28日に「みんなのための新しい池田市政をつくる会」の事務局長の柴田としあき氏が、市長選への出馬表明で記者会見したと報道しています。
 「東日本大震災の救援と復興、池田市民の命と暮らしを守るために総力を挙げて取り組む市政へと転換させたい」とし、政策を公表しています。b0049029_13311335.jpg
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-29 08:51
2011年3月28日
 民主党の岡田克也幹事長は、農産物の出荷停止や摂取制限の目安となる放射性物質の基準値について、「少し厳格さを求めすぎている。風評被害を招かないためにも見直しが必要だ」と言ったそうです。
 放射性物質基準値まで規制緩和するつもりなんでしょうか?
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-28 03:05
2011年3月27日
  事務所は城南1丁目の地に、ご厚意によりガレージをお借りし、「かきた千恵子事務所開き」をおこないました。以下はあいさつと決意表明です。

 いよいよ決戦のときが間近に迫ってきました。ここを拠点に有権者の皆さんに政策を訴え続けていく決意です。
 どうか皆様のよりいっそうのお力添えを心からお願い申し上げます。
 先程からお話がありました東北関東巨大地震でお亡くなりになった方は1万人を超え被災し避難している人が20万人、今尚、行方不明の方が1万7千人。さらに福島原発の事故は見えない放射能の不安を広域に各分野に広げています。
 犠牲になられた方々はどんなに恐かっただろう、悔しかっただろうと思います。お亡くなりになった方々に心から哀悼の意を表すとともにいま、なすべきことは全国民が一致して被災者の救援にあたることです。

 このような国難ともいうべきときに選挙どころではないというのは誰もが思うことです。全国規模で延期をという日本共産党の提起に対して自民党も公明党も民主党も賛成しなかったことは本当に残念です。
 今回の地震、津波、原発事故などの被災の惨状を見るとき政治のあり方を変えないとダメだと誰もが思い始めているのではないかと思うのです。
想定外の地震であったとか、原発事故についても政府と東京電力は想定外を繰り返しています。ところが、日本共産党の吉井英勝衆院議員がすでに5年前、衆議院予算委員会でチリ地震級の津波があったときに事故が起きる可能性があることを指摘、政府や東電に警告していたのに、安全神話に
 こだわり耳を貸さなかったのです。地震も大雨もなくせないが、被害は人間の英知で最小限に抑えることができるはずです。
 私はこの小さなまち池田市で、何よりもいのちを大切にくらしを守り安全安心のまちづくりを追及していく決意です。
 その第1は、
 池田市防災計画のみなおしと、避難場所となる学校や公共施設の耐震化です。いつ起こるかわからない東南海・南海地震の連動や有馬高槻構造線の活断層地震に備えることはずっと言い続けてきたことです。
 第2は、
 福祉の充実。とくに国民健康保険料の値上げと医療を受ける権利を奪う事態から誰もが安心して医療を受けることが出来ル制度へ戻すことを求めます。
 第3は、
 子どもの医療費の拡充、クーラーの設置など学校施設の改善、どの子にもゆきとどいた教育を進めます。
 第4は、行政としても仕事起こしや商店の活性化、市役所自ら雇用を広げるなど市政の転換を進めます。

 どうか皆様のいっそうのお力添えをこころよりお願い申し上げます。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-27 21:01
2011年3月26日
 小さな集まりがあり、お招きいただきました。
 ご主人は大手新聞の編集委員をされていたそうで今は定年後の悠々自適の生活です。ご主人の大学時代のお友達のご夫妻や奥様のご近所のお友達にも声をかけて下さっていて奥様の手料理をいただきながら大いに盛り上がりました。
 
 はじめに「大阪の橋下、名古屋の川村など、いま地方からパフォーマンスというか世間の注目を集めている。これからは地方自治体の時代になっていくのではないかと思う。これまで大企業や中央政治を見てきたけれど、地方自治体はどうなっているか知りたい」とご主人から切り出されました。

 私のほうからは3月議会の報告と、東日本大震災被災者支援の状況、池田市の現状や地方選に望む日本共産党のスタンスなどについて、一応A4一枚の市政報告レジメと若干の資料をもって話をしたのですが、途中からすっかり方向転換。
 
 地震のメカニズムから、原発、小泉構造改革以来の日本の政治論、福祉のあり方、労働組合のあり方、社交ダンスの話から果ては日本共産党に対する苦言まで多岐にわたる意見交換会のようになってしまいました。
 でも面白かったですねエ。
 
 意見の違いが少々あったとしても、今の日本の閉塞状況をどう打開するかと言うテーマでお互いに認識が一致するところがあったのは、非正規労働者をなくさなければならないと言う点です。
 もう少し踏み込んで話す必要があったのですが、今後このような機会を設けてくださると言うことでお開きになりました。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-26 22:52
2011年3月26日
 日本共産党の吉井英勝衆院議員の原発質問。
 2006年3月1日の予算委員会第7分科会で「大津波と原発事故について」指摘したことがいま、ネット上で話題になっていることが報道されています。
 これを読むと、政府や東電が「想定外」と繰り返しているいいわけは通用しません。

 また、吉井英勝議員は昨年5月にも衆議院経済産業委員会で「巨大地震で最悪の事態を想定せよ」と、くりかえし質問しています。

 これらの質問は吉井英勝議員のホームページで見ることが出来ます。
 http://www.441-h.com/message.htm1
 吉井英勝 「検索」でアクセスできるでしょう。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-26 06:52

東京電力

2011年3月26日

 東京電力福島第1原発で作業員3人が大量の放射線被爆をした問題で、作業員の身分はどうだったんだろうと思っていました。
  正確な情報かどうかは分かりませんが、本日のtwitterではこんなつぶやきがでています。

 「最悪の事態を警告福島原発事故後に被爆を恐れず作業した50人の内訳 → 東電工業20人、東電環境エンジニアリング17人、東芝7人、日立製作所6人、東京電力0人。これが本当なら、子会社や下請けにやらせて東京電力の社員はさっさと逃げ出した?」 

 「 東京電力は鎌倉や熱海など20数カ所に保養所を持っている。そこを福島県民のための避難所に提供すべき」

 「エール大助教授が東京電力の新聞TVへの広告禁止の法規制を提言。東電は300億の赤字を出した年も、競争相手のいない独占企業でありながら年に286億の広告費と240億の販売拡大費をメディアにバラ巻き続けた。これだけ不祥事連発もマスメディアから東京電力を厳しく批判する声は少ない」
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-26 06:31