元日本共産党池田市会議員垣田千恵子の日記です。 垣田千恵子のホームページにもリンクしていますのでTOPからご覧下さい。


by chieko_kakita
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2011年3月25日
 地震の時、避難場所となる小中学校の耐震改修工事が急がれます。
 平成23年度は池田小学校の中・西校舎(予算909,000千円、中校舎の増改築分も含む)、呉服小学校の本館(予算200,700千円、空調設備工事と老朽改造を含む)、池田中学校1号館(予算219,200千円、空調設備工事も含む)。
 3校の工事が行なわれます。これらは22年度の補正予算ですが実際には23年度に工事が行なわれます。

 池田市の平成23年度の予算規模は一般会計で352億4千600万円ですが、22年度の補正で国からの一次補正に伴う臨時交付金や補助金、市債などの許可により18億3千221万円がありました。
 これらは3月ギリギリに補正予算化されたので繰越明許の手続きをとり、実際には23年度4月以降の工事となります。
 ですからこの補正予算分も合計すると約370億円の規模になると見て良いでしょう。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-25 22:57
2011年3月25日
 済生会千里病院千里救命救急センターへの補助金の継続を求める意見書(案)が3月議会最終日に全快は一致で採択されました。全文を掲載します。

 済生会千里病院千里救命救急センターへの補助金の継続を求める意見書

 済生会千里病院に併設する千里救命救急センターは、2006年に大阪府から済生会に移管され、豊能医療圏(池田市、豊中市、箕面市、吹田市、豊能町、能勢町)の中で三次救急の医療機関として、府民の命を守る重要な役割を担っている。現に、救急搬送数やドクター・カーの搬送数も年々増加しており、各市の救急隊員が受講する救急講習は毎年1万人以上参加している。豊能医療圏のみならず、JR福知山線列車脱線事故など集団災害事故、四川省の地震を含む国際的支援にも活躍するなど、その役割はますます重要となっている。
 移管に当たり、大阪府は千里救命救急センターに対し5年間は年3億5千万円の補助金を出し、6年目(2011年度)以降の補助金については「運営状況を見ながら済生会と協議して決める」としていた。ところが、府は昨年6月に発表した「財政構造改革プラン」の中で、突如2011年度から千里救命救急センターへの補助金廃止を打ち出した。
 膨大な運営資金が必要となる三次救急医療は将来的に一医療機関だけでは維持運営できなくなることは明らかであり、これ以上機能低下すれば救急医療体制は崩壊の恐れがある。きわめて重篤な救命措置や集中治療が必要な三次救急医療は、本来府の事業であり、府の責任で運営すべきである。にもかかわらず一医療機関に押し付け、補助金まで廃止するなど、府の責任を放棄するものである。
よって本市議会は大阪府に対し、千里救命救急センターへの補助金を継続し、三次救急医療が維持運営できるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 2011年3月23日
池田市議会
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-25 16:34
2011年3月25日
 おはようございます。今日は夕方5時から6時まで、池田駅前ダイエー側で東日本大震災救援募金活動をします。是非ご協力ください。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-25 06:06
2011年3月23日
 3月議会最終日、国民健康保険特別会計についての反対討論は以下の通り。

 【2011年度国民健康保険特別会計反対討論】をおこないますが、
はじめに、未曾有の被害をもたらした東日本大震災により、お亡くなりになった方々には心から哀悼の意を表します。同時に被災者の皆様には、今尚続く余震と寒さに加え放射能汚染禍など心からお見舞い申し上げます。

それでは
日本共産党議員団を代表して平成23年度国民健康保険特別会計に対し反対の討論を行ないます。
本予算は被保険者数を27,200人、世帯数15,830世帯とし、保険給付費を76億2237万4千円と見込み、歳入歳出それぞれ107億9979万8千円とするものです。

反対の理由の第1は何よりも、保険料の値上げであります。しかも度重なる保険料の値上げであり地方行政で最大の増税・値上げとなっています。医療給付費でで所得割は、21年度6,80、22年度7,63、23年度8.27と3年連続の上昇であります。均等割は、21年31233円、22年度32702円、23年度34592円に、特定世帯以外の平等割は、21年度14120円、22年度14728円、23年度15,552円いずれも連続して引き上げられています。
これによって国と市の軽減措置を持ってしても全階層で値上げとなる予算編成であります。しかも低所得者ほど所得に占める保険料の割合が大きくなり、所得100万円の4人家族で軽減措置を適用しても17万5千円で所得の17%の保険料です。所得200万円の4人家族では38万6千円、所得の19%の保険料と、とんでもない値上げになっています。

住民の立場で国保料の値下げ・抑制の努力をすることが今ほど求められているときはないのに保険料が生活を圧迫するものとなっています。

第2の理由は、賦課限度額は国の言うとおり最高額に引き上げたことで所得500万円~600万円の中間所得階層にまで最高額の負担が及んでいることであります。
医療給付費分1万円引き上げて51万円に、後期高齢者支援金分は1万円引き上げて14万円にすることで2万円の引き上げを行い、これに介護納付金分2万円の引き上げで、合計4万円の引き上げであります。
本来、賦課限度額の引き上げは中間所得層の保険料引き下げに理論的には役立っていると云いたいところですが、今回は総ての所得階層での値上げでありますから効果は見えません。
しかも、4人家族では昨年度は所得600万円で最高の63万円であったものが、今年度は所得500万円の世帯で最高の65万円を負担することになることを考えると、最高限度額を支払う世帯が決して高額所得階層ではないということです。賦課限度額はあくまで最高限度額の提示であり、必ずしもその額にしなければならないと言うものではありません。
これまでも池田市では市の裁量で決めていました。
ましてや賦課限度額を規定する国保法施行令が発令されないまま、条例改正をせずに会計の中で引き上げていることは問題であります。
また、40歳から64歳までの第2号被保険者が負担する介護納付金の引き上げは、介護保険会計が黒字を続けている中で引き上げる理由はないと考えます。

第3は市民に対するペナルティーの強化で医療を受ける権利を脅かしているという点です。
22年度7月時点での滞納世帯は3,375世帯、滞納率は21.2%、短期保険証発行は830世帯、滞納世帯に占める割合は24.6%、資格証明書の発行は42件、1.2%であります。滞納者に対する制裁率は25.8%、4分の1であります。高すぎる国保料が市民生活を困難に陥れ、ペナルティーの強化が市民の医療を受ける権利を奪い、「債権回収機構」による、徴税強化が住民を更なる貧困にたたき落とすことになっています。
収納対策の強化に乗り出すのではなく、住民の生活実態をよく聞き、親身に対応する相談・収納活動に転換すべきです。生活困窮者に対する機械的な保険証とりあげをやめ市民の医療を保証するよう転換が必要であります。。

最後に大阪府の橋本知事は市町村長の協議会で民主党政権の「国保広域化」に飛びつき、「保険料をバシッと決めて赤字繰り入れは止めるべき」と国保料の値上げ押しつけを国と一体になって進めようとしています。
府民、市民にどんな深刻な実態があり、住民の願いが切実であっても「国の制度」以上のことはやらない、国が制度改悪の方針を出せば、いち早く取り入れ一緒になって痛みを押しつけるのでは地方自治とはほど遠いものであります。「福祉とくらしを守る」という地方自治体の原点に立つべきです。
さらに、今後、協会健保並みを目指して限度額を際限なく引き上げる方針が出されていますが、協会健保の最高額は昨年は82万円、今年は90万円を越えています。このことも問題です。
国保の財政悪化と国保料高騰を招いている元凶は国の予算削減にあります。低所得者が多く加入し、保険料に事業者負担がない国保は、適切な国庫負担なしには成り立ちません。
国庫負担を計画的に1984年改悪前の水準に戻すよう市長会あげて運動を進め、所得に応じた保険料に改めることで滞納をなくし持続可能な国保財政への道を切り開くことを申し述べ討論を終わります。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-23 21:29
2011年3月23日
 3月議会が終わりました。
 最後に22年度の補正予算が出されました。
 内容は、東北関東大震災の被災者救援の見舞金500万円と池田市防災対策費として600万円を予備費の減額で充当すると言う内容。
 3月15日にわが党議員団が申し入れた備蓄品の要求哺乳瓶や携帯の充電器(auとドコモ対応)が購入されます。避難地への案内板の費用も予算化されました。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-23 21:24
2011年3月22日
 【池田市災害支援本部情報】被災者の受け入れについては、国→関西広域連合→大阪府→市町村のルートで行い、受け入れ決定については大阪府と調整する。

 放射線測定器について大阪府へ問い合わせたところ、「被爆などの健康相談は府の医療対策課が対応する。大阪国際空港での検査は、現在のところ考えていない」とのことでした
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-22 22:16
2011年3月22日
 今日の赤旗ではこんな記事が

 ニュースサイト「Ceron](セロン)が、2006年3月の衆議院予算委員会で日本共産党の吉井英勝衆議院議員が原発の危険性と対策を迫った国会質問を紹介しています。

 吉井質問は、地震による原発のバックアップ電源破壊や津波による危機冷却系喪失により、最悪の場合には炉心溶融、水蒸気爆発、水素爆発が起こりうることを具体的に追求していました。

 ネットでは「事態を完璧に予言」と反響があったそうです。

 さらに、津波のよる5メートルの引き波が発生した場合、日本の原発の約8割に当たる43其が、冷却水が一時的に海から取水できなくなることも明らかになったと紹介しているそうです。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-22 07:10
2011年3月22日
 東日本大震災により世界でも最悪の原子力災害に発展している今回の原発事故について、日本経団連の米倉会長が「千年に一度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」と発言。「事故は徐々に収束に向かっている。原子力行政は曲がり角に来ているとは思わない」と発言したらしい。

 原発の放射能漏れで、水道水や原乳にまで基準値を超える汚染が広がっているときに、なんちゅうことを言うのか。ちょっと変じゃあない?
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-22 02:02
2011年3月21日
 日本共産党が4月の「いっせい地方選挙の全国的延期」を提起したことが、いま改めて正当な主張であり、多くの国民感情から言っても誰もが共感する常識的な主張であったと思います。いうまでもなく「東日本大震災の被害が未曾有の規模で広範囲に及んでおり救援と復興にすべてを傾注すべき」です。
 しかし政府は「被災地のみの地方選延期する政府の特例法案」を提出。
 日本共産党はそれ自体は当然の措置ですから賛成しました。
 ところが、みんなの党はどうも反対したらしい。あんなに壊滅的な被災状態で選挙の延期は当然だと思うのですが、なぜ反対したのでしょう。ところがみんなの党は日本共産党が政府案に賛成したことを批判しています。
そこで、我が党の見解と一連の事態についてドキュメントタッチで報告しておきます。

3月14日 
 国会内の与野党の書記局長・幹事長会談で市田書記局長が「24日の知事選告示から始まるいっせい地方選挙の全国的延期」を提起。
 みんなの党は「延期は当然だ。政府は検討せよ」、国民新党からは「選挙などやっている場合ではない」、たちあがれ日本は「提案は検討に値する」と、その場で賛成との声があったが、公明、自民などは「持ち帰って検討する」民主・岡田幹事長は「ひとつの見識だ」との認識を示したと伝えられています。

 同日、日本共産党の志位和夫委員長が国会内でこの内容について記者会見

3月15日
 与野党の書記局長・幹事長・国対委員長会談が開かれいっせい地方選の全国的延期については一致しませんでした。
 会談で日本共産党の市田書記局長は、今はあげて救済・復興に傾注すべきと全国的規模での延期を改めて求めました。
 自民党は「被災地に限定すべきだ」、公明党は「全国一律はいかがか」などと表明。
 みんなの党は「正常な状態でなければ選挙権を行使できない」、国民新党は「全国で選挙が出来る状況にない」と、全国的延期を主張しました。

3月16日
 政府が持ち回り閣議で東日本大震災の被災地だけに限っていっせい地方選挙を延期する特例法案を決定。

3月17日
 被災地のみ4月に実施予定のいっせい地方選挙を2~6ヶ月延期する政府提案の特例法案が衆議院で賛成多数で可決。日本共産党は賛成しました。
 本会議に先立つ衆院政治倫理確立・公選法改正特別委員会で質疑にたった日本共産党の佐々木憲昭議員は「法案は被災地の選挙を延期するものであり、それ自体は当然の措置である。しかし、今回の大地震の被害は未曾有の規模で広範囲に及んでいる。救済と復興に全力を注ぐ立場で、いっせい地方選挙の全国的な延期が必要だと言うのが我が党の立場だ」と強調しました。
午後
 参院の政治倫理確立・選挙制度特別委員会でも日本共産党の井上哲士議員が全国的延期すべきと述べました。

3月18日
 被災地で実施される地方選を2~6ヶ月延期する特例法案が成立。
 延期期間は後日政令で定めます。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-21 21:42
2011年3月20日
 ガソリン不足。ようするに小泉構造改革で、「石油業法」が廃止されガソリンの安定供給に政府が責任を持たなくなったと言うわけ。大震災のこの事態になっても資源エネルギー庁は「民間同士の取引に介入できない」といっている。ガソリンスタンドに長蛇の列もここに問題点があるんですね。
 マイ ツイッターより。
[PR]
# by chieko_kakita | 2011-03-20 08:35